02 月<< 2019年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>04 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみたいのですが、相変わらずネタがないですね、

  マスコミは社会のゴミでアベマンセーとしかいわないし、このクズ会社共さっさと潰さないと日本は滅ぶだろうね、


  ジャーナリズムとか報道は大切だけど、日本のメディアはそういう要素がないから、存在意義がコイツラにはない、

  戦後の頃は色々なものが大目に見られていたが、そういう時代が終わったときに価値のないマスコミが、役に立たなくなったというのはある、


  日本企業もそうだし自民党もそうだが、結局戦後の頃は無能でも役立たずでも、状況が良かったからなんとかなっていた、

  それが状況が悪くなって実力が問われ、具体的な対応をしなければいけなくなった時に、全く役に立たなくなった、


  今の日本は要求される水準が高く、ただ平凡に行為をするだけでは人の役にたたない、


  何らかの特殊性が求められているのに、無能でも良かった戦後時代の仕組みが、現在でも影響を持ち続けてしまい、難しい状況で馬鹿な人間や勢力が影響力を持つ、戦前のような状況にあるわけです、


  あれ、なんでこんな文章書いたのかよく分からないけど、今日は何を書きますかね、

  では貧困による人口の減少問題を書きますか、この話は非常に重要だけど、日本では全く議論になっていない、


  現在起きているのは貧困による衰退で、それを分からないと社会の意味を把握できない、

  これも結局戦後の行動経済成長で起きている問題だが、良い時代の後で悪い時代が来た時に、変化を理解できず対応をしていない、


  本来ならば貧困が日本の問題なのだけど、好景気な時代があったから日本のアキレス腱が貧困だと気づかない、


  物事の概念は知らないと理解できない、例えば生まれつき目が見えない方は、その後見えるようになったとしても、物体を正確に把握できないといわれる、

  それは頭の中に知識がないからで、急に見えるようになったとしても、どういうものか分からなかったりするらしい、


  日本人が理解できないのは、好景気のあとに貧困問題が起こるという点だ、

  特に戦後世代は貧困の問題など知らないから、貧困が世の中に起こる感覚がない、


  多分戦時中に暮らしていた人だと、貧困について体感して分かっているが、団塊の世代あたりだと、貧困が社会にあるイメージができない、

  戦後の頃は経済が伸びていたため、貧困は例外的な要素が強かったので、本人の自己責任という感覚がある、


  私も多少そういうのは分かるのだけど、多分戦後世代だと貧困問題について全く考えられないだろう、


  今の時代は戦後世界観を利用した、プロパガンダ政治が中心になっている、

  プロパガンダはステレオタイプと呼ばれる、人間の基本的な認識を調べ、それに対するアプローチをして人を騙す手法論だ、


  戦後世界観を利用したプロパガンダでは、貧困がない時代がテーマになっている、

  貧困を理解できない戦後世代の層をどう騙すか、それが日本の政治家や財界の一番狙っているポイントである、


  例えば生活保護の問題を批判するのは、戦後世界観にすべての問題がある、

  高度経済成長の時期は貧困は自己責任に近く、本人の何らかの問題だという所はあった、


  もちろん全てその人が悪いわけではないけど、好景気だったわけだから努力をすれば、成功するのはそれほど難しくなかった、

  実際戦後の頃は大した実力がなくても、会社に就職すれば一生給料がもらえたし、実績を残さなくても給料はずっと上昇していた、


  誰でもそういう事ができたので、となれば生活保護を受けるのは本人の責任だと、考えるのもそれなりに成立していた、


  非正規雇用もそうだが、非正規雇用というのは結局貧困層を生み出すための道具であって、企業が利益を得るために労働者の立場を弱めるために作られた、

  この労働のやり方は貧困の助長をするためのもので、実はそれ以外の意味は殆どないが、キーワードの「貧困」という所があるので、不正をしても基本的にはばれない、


  戦後世代は貧困を理解できないので、インチキをする時に貧困の意味を混ぜると、その意味を把握する能力を失ってしまう、

  だから自分の子や孫が非正規雇用で困っていても、それが貧困問題だと理解できない、貧困などないと考えてしまう、


  このような形で貧困が少なかった戦後を生きた人は、貧困が普通にある時代について理解できない、

  その点をついて権力者は国民を貧困化させて、貧困問題を理解できない点を悪用して、大きな問題を起こしている、


  ただ長年貧困ビジネスをしてきたので、それによる衰退が顕著化してきてしまった、

  今の若い人は戦後世代の三分の一しかおらず、その最大の原因は貧困化である、


  人口の減少は全て自民党の貧民政策が原因で、国民を貧しくさせる政策をしたのが、貧困化を生んで人口の急激な減少を発生させた、

  人口の減少はすべての悪循環を発生させているが、多分戦後世代はこの問題を理解できないと思う、


  ネットで見た情報でも、人口の減少は素晴らしいことだと戦後世代はいうらしい、

  自民党がそういっているからなのだろうけど、人口の減少が政府による貧困化政策だと理解できないから、良く分からない考え方をしている、


  若い人が戦後世代の三分の一になったのに、それを素晴らしいとしか理解できないのが、戦後世代の判断力の限界である、


  長所は短所になるみたいなもので、経済成長をしていた戦後の考え方は、物事がうまくいくとしか想像できない、

  だから経済成長の逆になる貧困について、全く理解できないからそれが社会に拡大してしまった、


  日本を蝕んでいるのは貧困問題で、貧困問題が人口の減少を発生させていて、全ての社会問題の原因になっている、

  しかし、戦後世代は貧困問題を一切理解できない、だから状況が悪化しても何が原因か分からない、


  それでアベマンセーというカルト宗教信者みたいになって、どんどん現実を見なくなってしまう、


  日本の最大の問題は貧困であると考えて、その部分の修正をしなければ、人々の生活の改善は、今の状態だと絶対にできない、

  戦後が経済成長がテーマならば、現在は貧困問題がテーマになっている、


  成功も失敗も目的として認識し、対処すれば良い結果を得るのは難しくない、

  しかし日本人のように現状を理解できなければ、悪循環は永遠に続くでしょう、


  次に、抽象的ですが、嘘つきは亡国の始まり、という話を書いてみると、

  日本を見ていて思うのは、とにかく日本人は嘘しかつかなくなりましたよね、事実に基づいて考える人なんて見たことがない、


  メディアは政府の犬だから嘘をつくけど、それを分かっていて同調するのが日本人だ、

  テレビがアベマンセーというから、自分も政府の不正はアベマンセーと、良く分からない理由で賛同してしまう、


  アベの基地外は頭がオカシイのだけど、こいつが嘘を付くのは狂っているからで、生まれつきの虚言癖なのだろう、

  一種の異常者であるから、アベのアホが嘘を付くのは病気であって、体質的な問題だといえる、


  しかし日本全体が嘘を容認してしまい、体制のゆらぎが起きているのは大きな問題だ、

  国会を見ていても役人は平気で嘘をつくし、提出される書類も捏造が当たり前で、マスコミもそれを批判することはない、


  一貫して全てウソだらけになっていて、金太郎飴のようにどこを切っても嘘しかない、日本はそういう国になってしまった、


  なぜ嘘が蔓延するのかというと、それは抑制をする考えが日本にはないからだ、

  いわば理性といっても良いものだが、日本人には理性が存在していない、


  日本人はよくいわれるけど、倫理という考えが全く存在せず、あるのは村社会のルールのみである、

  周りに合わせれば何でも正しく、周りに合わせなければ何でも間違いだと、そういう形で社会が動いているので、理性的な判断がどこにもない、


  日本が嘘だらけになったのは、周りが全員嘘をついているからで、そうなると文化的に嘘が正しくなってしまう、

  この国が簡単にカルト宗教国家になるのは、民族としての未熟さが現れていて、理性のない国民性が悪化した状況に対応できないからだ、


  大阪の維新の党に対しては、良くいわれる話が存在していて、それは嘘をつくよりもそれを正すほうが負担が大きいというものだ、
  
  つまり適当な嘘をついたとしても、それを訂正するのは嘘をつくよりもコストがかかる、


  その結果大量に嘘捏造を維新の党はいっていて、コイツラのいっている話は全部でたらめなのだが、訂正をするのが間に合わず強い影響力を持ってしまっている、

  
  嘘の是正をするためには、大きなコストを払わなければいけない、理性的であるのは利益としては問題がある、

  しかし状況の悪化を防ぐためには理性的でなければならず、嘘の是正をしなければ社会は永遠に悪化してしまう、


  人間を中心にした中世の時代が終わり、物理現象や科学を中心にした現代に変わると、社会変化が激しくなるので思考の変換を定期的に行わなければいけなくなる、

  思考の変化とは理性的なものであって、冷静な判断をしなければ状況を読めず、問題にも対応できなくなる、


  嘘が蔓延する日本は国家として劣化しており、この悪循環は最悪の状態まで進むだろう、

  周りに合わせればよいという間違った判断が、嘘を認める社会を作っていて、この問題は多分日本人には、理解できず対応も無理だと思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR