01 月<< 2019年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  少し前にゲームセンターにいったのですが、そこで気づいたのが古いゲームに人気があることでした、

  昔はスト2というゲームが人気があって、もう二十年くらい前の作品なのですが、現在も沢山やっている人がいて、何で?と思いました、


  まあ名作なのは事実だけど、スト2コーナーみたいのがあって、ひっきりなしに対戦をしていたから、不思議でした、


  それはともかく書いてみると、最近の話題としては豚コレラの話があるか、多くの地域に拡大しているといわれるが、その感染源として疑われているのがイノシシだ、

  イノシシで感染が広がったとはよくいわれていて、現状だとそれが原因になっている可能性が高い、


  豚とイノシシは基本的には同じ動物で、海外の干支ではイノシシの代わりに豚が使われるほどだ、

  それだけ近い種類の動物だけど、良く似ているため豚用のワクチンでも、イノシシの病気を防げるようになっている、


  実際海外ではイノシシにワクチンを与えて、感染を防ぐ行為をしているが、日本では今までしていなかった、

  ワクチン自体も用意していなかったらしく、対応が後手後手だったわけだ、


  私はイノシシのためにワクチンを使わないのは、海外に売る時に問題になるからそうしているのかと考えていた、

  ワクチンを使うと汚染された国だと思われてしまい、輸出が難しくなるという話を聞いていた、


  しかしイノシシに対するワクチンは関係がないらしく、そうなら早めにやっておけばよかったのに、自民党の無能さが問題を拡大したといえる、


  昔の民主党の時も似たような病気が広がったが、すぐに対策をしていて収まるのも早かった、

  それに比べると自民党の役に立たなさは異常で、全てを地方自治体のせいにしてしまって、全く対策をしていない、


  イノシシ用のワクチンに対しても、地方に丸投げしている状態らしくて、これで本当に上手く行くのか怪しいところだ、


  ネットの意見だとイノシシを皆殺しにすればよい、そういう意見も存在しているが、それはそれで残酷な考えだろう、

  そもそも生態系の問題もあるのだから、特定の種を大きく減らすと自然環境が大きく変化してしまう、


  日頃動物愛護などといっているのだから、野生生物に対する不要な殺害も避けるべきで、

  ワクチンをばら撒いたほうが手軽なのだから、そういう形で対応をするのが効果的だ、


  ただ政府はどのようにするか決めておらず、具体的なプラン全く存在しない、

  予算もほぼない状態なので、ワクチンをやりますよといっているが、実際にどうするかは何も分からない、


  結局自民党は無能な役立たずなので、こんな問題に対しても対策が一切存在しない、

  これだけ広範囲にウイルスが広がっても、するのはワクチンをやりましょうという、イメージ戦略だけだ、


  戦後世代は何も考えず自民党バンザイという人が多いが、何も考えずに評価されている連中だから中身がなく、具体的な政策が一切存在していない、これが自民党という無能な組織なのである、


  次に、ネット鳩山氏の意見に批判があったようだ、少し前に起きた騒動なのだが、なんでも北海道で起きた地震が、地下に溜め込んだ二酸化炭素が原因ではといっていた、


  政府は地球温暖化対策として、二酸化炭素の削減を行っているが、問題になるの排出量なので、大気中に放出しなければ削減ができる、

  そのためには二酸化炭素を出さない方法もあるが、地下深く埋めてしまって外に出さない方法もある、


  現状そのような対策を行っていて、その点に関して鳩山氏が意見をいったわけだが、何故か北海道の警察が批判をした、

  なぜ警察が批判をするのかよく分からないが、鳩山氏の意見をデマだと決めつけたのだが、連中は地質学者かなにかなのかね、


  地下に水を入れて地震が起きた話は聞くので、ガスを入れて同じ問題が起こる可能性はある、

  地表と違って地下は調べるのが難しいから、ガズを入れた時にどのようになるかは分からない、


  実際学問でも地下にガスを入れると、地震の原因になるのではという説があって、鳩山氏のいっている話も別に間違いではない、


  この件で不自然だったのは北海道の警察で、なぜ一個人でしかない鳩山氏を批判したのか、

  現職の大臣や政治家ならば分かるが、引退している一個人の鳩山氏の影響力はそれほどない、


  またいっている話も別に間違いではなく、批判しているのも政府の事業に対してであって、地震そのものを批判していたわけではない、

  つまり二酸化炭素を地下に埋める方法は、地震を発生させるリスクがあるからやめるべきだといっただけで、政治的な意見を否定した警察は法に反している、


  たしかにいわゆる人工地震の話に似ているが、人工地震は戦略兵器として開発されているもので、意図的に地震を発生させるためのものだ、

  実際に使われているかは分からないが、自然現象を利用した兵器開発は行われていて、それなりに効果のあるものも存在するのだろう、


  私はあまり詳しくはないのだが、冷戦時などは自然現象を利用した兵器開発も行われていて、そういうものがないというわけではない、

  ただ鳩山氏がいったのは人工地震ではあるが、あくまで政府の政策で起きた人為的な地震の問題であって、よくある兵器開発によるものとは性質が違う、


  騒動になったのは兵器として開発された、自然現象を利用した兵器の話と、政府の二酸化炭素削減で行われた、人為的な問題を混同したからだ、

  とかく人間は判断力がないから、人為的に起こりうる地震の問題と、自然現象を利用した兵器による地震の問題を、同じ話だと考えたのだろう、


  しかし、地下にガスを入れて地震が起こる可能性はあるわけで、それを人工地震の陰謀論と一緒にするのは、根本的な間違いがある、

  そういう間違いを北海道の警察がしたわけで、反省すべきは警察の側だといえる、


  大体からして地質学に詳しいわけでもない、警察がデマというのは不自然だろう、

  いわゆる人工地震の陰謀論は、兵器開発されたものによるものであって、人為的な行為によって起こった問題ではない、


  警察はその違いをチェックせずに批判してしまい、間違った判断をしたといえる、

  もちろん地質学者が批判するなら、それは一つの意見だといえる、


  鳩山氏がいっているのも人工地震ではなく、地質学的なリスクとして指摘しているだけで、本質的には学術的な意見でしかない、

  だとするならばそれに対しても、学術的な意見でなければいけないわけで、専門知識のない警察が反論する資格はない、


  政治の世界は陰謀論があるし、私はそれほど否定していないが、陰謀論が悪いと決めつけてしまうと、それに近い意見をすべて潰す形になってしまう、

  今回の件も陰謀論に近い話ではあるが、本質的には地質学的な視点からの意見であって、それが正しいかは学問で証明するしかない話だ、


  日本人は単純だから感情的に騒いで、何も考えずに生きるのが普通なのだろう、

  今回の件も鳩山氏を悪くいう人はいたが、どういう問題があるか考えている人は全くいなかった、


  陰謀論に近い考えをいっただけで、陰謀論だと決めつけて騒ぐのが日本人の頭の悪い所である、

  警察もそれに合わせて騒動を起こすわけで、一億総低能時代に入ったのだろう、


  ただ地下にガスを入れて行う方法は、たしかに危ない所はあると思う、

  火山が起きた時も地下にガスが溜まってしまって、それによって地震が起こる時はある、


  まあ火山のガスとは違いがあるかもしれないが、地下はどうなっているかはっきりしていないわけで、そこに二酸化炭素を大量に入れたらどうなるか、結論は専門家でもわからないだろう、


  そういう意見があっても日本人は理解できない、なぜ日本がダメになたのかというと、こういう感情的に騒ぎ立てるだけで、冷静な判断ができない民族性が、日本の衰退という状況の悪化に、拍車をかけているのでしょう、


  あとは、あまり余裕がないが、経済の話を書いてみると、日本経済は成長が止まってしまい飽和している、

  高度経済成長は1980年台には終わり、90年台のバブル崩壊によって完全に終了した、


  それ以降は低い成長は起こっているが、成長率は低くまともだったのは民主党のときくらいである、

  実は詐欺師の小泉の頃は民主党政権よりも、経済状況が悪く低成長だったと聞く、


  あれだけ好景気とマスコミが騒いでいたのに、中身が無いとは連中は詐欺師というしかないが、ここ数十年で見ると民主党政権の時だけがよくて、それ以外は全て経済状況は悪いらしい、


  ただ民主党政権も経済状況が悪い時もあって、それは中国との対立が発生したことだった、

  尖閣諸島問題が発生してしまい、中国との公益が難しくなってから、経済が悪化した時期があった、

  それ以外も宮城県沖地震が起きた時も、経済状況はある程度悪化していた、

  
  日本経済は飽和して低成長だが、そこに影響を与える要素も存在している、

  それは日本人の努力とか、企業の新しい技術開発ではなく、全体的な傾向が影響を与える時が多い、


  例えばアベ政権が好景気と、マスコミはよく報道しているが、実はそのような意味は存在しない、

  好景気の原因は世界経済の流れに乗っているだけで、日本政府の政策による好景気は殆どない、


  どちらかというとアベのやったのは、本来ならばもっと好景気になれたはずが、余計な行為をしてブレーキをかけている、

  例えば個人消費が停滞する政策をするなどして、本来あるべき経済成長よりも低くなっている、


  つまり今の日本は自主的に経済成長できる状態ではなく、周囲の環境や大きな経済や社会の影響によって、変化する経済状況になっている、

  例えば中国と対立すると不景気になるとか、そういう外部の影響で変動する形が強い、


  それは外部の変動に対して柔軟に対応すれば、外部からの変化の影響で好条件にもなれるが、日本人の努力によって何かが変わる環境がないともいえる、

  以前から書いているけど、日本は成長の時代から調整の時代に入っていて、自主的な成功を目的にするには向いてないところにある、


  日本人が頑張って成功するのではなく、国際的な変化などを利用して、それが自分に有利になるように調整をする、そこに大きな意味を持つように変わった、

  このあたりの国の性質の変化を理解できればよいのだが、残念ながら日本は高度経済成長バンザイの民族なので、時代の変化など理解するのは不可能でしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR