09 月<< 2018年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そろそろ冬かと思ったのですが、まだ暑いですね近所では花が咲き始めています、今は何の季節なんでしょうか?、


  ともかく書いてみると、国会が始まって議論が行われているはずが、現状特に話題になっているものはないですね、

  アベは基地外だからいっていることに意味がないし、アホの意見を聞いても得るものはない、


  現状ネタとしてあるのは、安田というジャーナリストの話はあるか、シリアで捕まっていた人だ、

  最近お金を出す国が現れて、捕まっていたのが釈放されたと聞くが、特に日本は関係がないらしい、


  外務省にとっては寝耳に水の話だったらしく、開放されてからなぜ起こったの確認していた、

  アベのクズは開放を自分の手柄だといっていたが、もちろんこのアホは関係なく、別の理由だろうな、


  以前もアベはイスラム国に捕まった、日本人ジャーナリストを見殺しにしていて、あれはアベが原因で殺されたといわれる、

  アベのクズがイスラエルで軍事協力の演説をして、対立するイスラム国が起こってしまい、それが殺害の原因になった、


  当時イスラム国に捕まっていたのは二人で、一人は民間傭兵会社という名前で、入国していたので殺される可能性が高かった、

  実際はモデルガンの販売会社だったらしいが、見えを張ったので残念な結果になった、


  もうひとりはジャーナリストで、本来イスラム国は殺す予定はなかったらしい、交渉をして返す計画だったが、アベがイスラエルで演説をしたので殺害が決まった、

  このクソのせいで人が死んでしまったが、アベのような基地外にできることはないといえる、


  そんな話が以前あったのだけど、今回は三年ほど捕まっていて運よく開放された、

  状況から見ると日本政府は関係なく、他国の政府が外交アピールのために行ったようだが、開放されたのは良かったといえる、


  アベ犬マスコミは安田氏に対するバッシングを行い、生きて帰ってくるなみたいな脅しを繰り返していたが、人を不幸にする以外能がないアベ犬連中らしい言動である、


  しかし同業者である安田氏でも、アベの敵となると攻撃するあたり、日本のマスコミには倫理観の欠片もないが、連中はジャーナリストをよく分かっていないのだろう、


  マスコミにとって仕事は政府の太鼓持ちであって、真実を伝えるのは間違った行為だから、ジャーナリストを見ると徹底的に攻撃する、

  何のために存在するのかわからない社会のゴミだが、アベの下僕のような連中に社会的意味はないのだろう、


  そんな話があったが、今回の件は特徴的な所が多く存在する、一つはあっさり人質が開放された点だ、

  三年も勾留されたのだから、当然簡単に開放されるはずがなさそうだが、どういうわけかすぐに出られた、


  この点から考えると、日本政府がまともに交渉をしていたら、もっと早く開放されていた可能性が高い、

  つまり、日本政府は解放交渉をほとんどしておらず、何の対応もしなかったから開放されていなかったといえる、


  実際安田氏に関しては政府は対応をせず、特別な発言をした機会はなかった、

  そういう人がいるのを認識している程度で、安田氏を政府が公式に対処すると、発言したのを見たことがない、


  マスコミに関しても安田氏に関しては、報道をほとんどしていないし、長期間の勾留でありながら、それに関する情報収集も行っていない、

  海外メディアが報道した時に、それをまた聞きの形で報道する時はあったが、取材そのものは多分一度もしていない、


  そうなったのは、以前の捕まった人が首を切られたから、下手に報道すると政府に損になるので、見殺しにするのが得だと判断したのだろう、


  以前は北朝鮮の拉致問題も、自民党は何の対処もせずマスコミも報道する機会は殆どなかった、

  それが政府にとって都合が良くなると、頻繁に報道されるようになって、マスコミも毎日北朝鮮と騒いでいる、


  安田氏の件は以前の首を切られた人の問題で、自民党のイメージダウンになりそうだから、誰にとっても興味を持たれない形にしたのだろう、

  アベのクズが良くやる、時間が経てば忘れるだろう的な方法論で、安田氏の問題を風化させるのが政府と、マスコミの戦略だった可能性がある、


  だから三年間開放されなかったわけで、政府は意図的にサボタージュを行い、マスコミもそれに合わせて取材を行っていなかった、


  同業者のジャーナリストが捕まったならば、当然それに対する報道はもっと行われるはず、しかし最初の頃から報道のトーンは低く、ついてに情報を提供している感じだった、


  上でも書いたのだけど、以前イスラム国にアベのせいで殺された人は、交渉そのものは十分可能だったが、何故か日本政府が協力しなかったらしい、

  現地で調査していた人によると、交渉できる状況は整っていたのだけど、日本側が乗り気ではなく支援をしなかったので、殺害する結果になったといわれる、


  今回も多分同じで、形式的な交渉の手続きをするだけで、具体的な対処はしていなかったのだろう、

  だから書類上は交渉をしている形になっていても、実際には全く何もしていなかった可能性が高い、


  多分だが、今回の件はすぐに開放されたので、相手側も引き渡す意志は十分あって、なんで日本は来ないのか疑問に思っていたのではないか、

  結局日本政府以外の国がお金を立て替えて、代わりに交渉して開放されたわけだから、解消の条件はかなり緩かったといえる、


  当事国以外の交渉で開放されて、しかも日本政府が頼まなかったのに、代わりにしてくれたのだから、捕まえた側もそれほど興味がなく、早く開放したいと考えていた可能性が高い、


  この件の根本的な歪みとしてあるのは、日本政府が全く関与していないのに、捕まった人が開放された点だ、

  本来ならばこの所が大きな問題で、日本政府が外国で捕まった人に対して、何の対応もしていなかったのが、致命的な欠点としてある、


  あまり気づいている人がいないけど、日本側が頼んでいない外国が勝手に交渉して、簡単に開放されたのは大きな問題だ、

  当事者の日本政府だったら、もっと楽に交渉が終わっていただろうし、三年も捕まらずにすんでいた可能性が高い、


  一般的なイメージだと、日本政府が交渉をしていると考えるが、以前首を切られたジャーナリストの時の情報では、日本政府は形だけ交渉するふりをして、具体的には何の対策もしていなかった、


  その時は、書類に書ける程度に手続きをしましたといい、捕まっている人の解放は全く考えていなかった、

  交渉できる余地があったのに何もせず、アベのイスラエルの演説で殺される形になった、


  日本人は日本政府を信じ過ぎだが、安田氏の件から見えるのは日本政府の、邦人保護に対する低い姿勢だ、

  こんなに簡単に開放されるならば、三年も捕まっていたのは日本政府の落ち度であり、本来ならば責任を問われる問題だ、


  しかしそうはならず、マスコミ信者の日本人は安田氏を攻撃し、本当の問題を理解していない、

  北朝鮮の拉致問題も同じで、本当の問題は自民党が拉致問題の交渉を、実際には全くしていない点だ、


  具体的な交渉手続きを一切しておらず、実は自民党は拉致対策を全くしていない、

  テレビで映っているところだけ行動していて、具体的な対策は何もしていない、それが事実だけど殆どの人は知らない、


  安田氏が捕まったのはジャーナリストとしての、活動が原因であるのだから、それに対する対処は日本政府の責任になる、

  しかし実際は、政府にとって都合がいいかどうか程度で、本当に問題を解決しようとした、政治家も役人も一人として存在していなかった、


  死んでも構わないという感じで、日本政府が対応していたから三年も、捕まった状態が続いたわけで、

  この問題は解決しない北朝鮮の拉致問題と一緒で、表面的な演出を考えるだけで、中身のない日本政府の体質を表している、


  なぜ安田氏に対してバッシングが起こるのか、その最大の理由は開放させる予定がなかったからだろう、

  そもそも日本政府に対策は存在せず、長年放置していた問題が急に起きたので、安田氏の責任にしたかったのが大きい、


  こんなに簡単に開放されるのだから、本来ならば日本政府の怠慢を指摘ずべきだが、当然アベ犬マスコミはそんな仕事をしない、

  連中は政府の犬だから、アベや自民党にとって都合の悪い相手を攻撃する、日本のマスコミは報道機関ではない、


  安田氏の話は自己責任論などがあるが、本質的な問題があるのはなぜ三年も開放に時間がかかり、日本政府以外の国が簡単に行えたのかだ、

  今回の件は日本政府が金を払っていないらしいから、多分捕まえている側がどうしても、引き渡しをしたかったのだろう、


  三年も確保すれば大きなお金がかかるし、その辺りの負担を考えて交渉に乗ったのかもしれない、

  だとしたら、捕まえた直後に交渉すれば良く、そうすればすぐに開放されただろう、


  自己責任論とは、政府の無責任論と同じ意味で、政府が何をしても責任を追わないのを認める形になる、

  たしかにそういうい味でいえば、安田氏に対する自己責任論は意味があって、政府が何の責任も負っていなかったという話にはなる、


  こうしてみると日本の歪みは強い所があって、日本政府が捕まった人を全く助ける気がなく、政府としての責任を一切とっていなかった、という根本的な問題を考えられなくなっている、


  日本人が政府に責任を問わなかったから、安田氏は3年開放されなかった、そういう意味でいえば日本人の政治に対する考え方が、非常におかしなものになっていたのが、根本的な原因かもしれない、


  今の日本は劣化しているから価値が低く、懐疑的に見るのが正しい所がある、もし日本人が政府を懐疑的に見ていれば、政府は責任を取らなければならず、安田氏の問題にも早期に対応していただろう、


  それができなかったのは、日本人の現実を認識する能力の低さ、情報を正しく把握する力の無さ、

  分かりやすくいえば日本の劣化と同じように、日本人そのものが能力として劣化している、多くの人に自覚はないだろうけど、そんな問題が起きているのかもしれません、

  
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR