05 月<< 2018年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治のネタはあるのだけど、書きづらいものが増えている気がします、アベが間抜けなのでまともな答弁ができず、支離滅裂なのでよくわからないのが大きいですが、

  こんなのを支持しているのだから、日本の明日はなさそうですけど、


  話題としてはIR法案があるか、これはギャンブルを合法化するものだが、正直殆ど意味がない法案だ、

  まず日本ではパチンコなどのギャンブルが行われていて、需要は飽和していてメリットがない、下手に参入をすれば他の産業が潰れるだけだ、


  以前も書いたがパチンコだけではなく、競馬や競輪場も影響を受けるため、公的なギャンブルもダメになる可能性がある、

  もしそうなれば地方自治体の収入が減るなどの、問題になるためリスクが高い、


  外国から来る人のためのカジノ法案だという意見もあるが、海外から来る人はカジノ目的では来ていない、

  観光目的で来ているわけで、それほどカジノは魅力的なものではなく、ギャンブル目的で日本に来る人は少数だろう、


  大体からして、カジノだったらアジアには良い所が多いし、わざわざ日本まで行くメリットはない、

  本場のカジノに簡単に行けるのに、物価が高い日本まで行く意味は低い、観光スポットとしても問題があるため、良い方法とはいえない、


  また、このカジノ法案は海外資本を認めていて、金貸しをするのもセットで可能になっている、

  いわゆるギャンブルと借金のセット販売をしていて、破滅へのジェットコースターを提供しているのが実情だ、


  日本の制度ではギャンブル目的の、お金を貸す方法は制限が強いが、それを無制限にできる法案なので問題が多い、

  ギャンブルには借金ができて、それによって人生がおかしくなる欠点があるが、意図的に破滅に向かわせている点が悪質だ、


  しかも外資が参入できる方法なので、当然中心になるのは海外資本だろう、日本国内にはノウハウがなく、カジノは全て海外勢力が運営をする、

  そうなれば売上は外国に逃げてしまうし、公的ギャンブルとしての位置づけが弱ければ、国内の資金が外国に流出する、


  いわば、キャンブル法案は売国制度を作るためのもので、アベがアメリカに媚を売って、キックバックを受け取るための制度と見ていい、

  詐欺師の小泉の頃から、連中は国内利権よりも、海外利権を重視する傾向があった、


  アベのクズが軍事を重視するのも、海外の商品を買ったキックバックを得るのが、目的だと見て良い、

  同じようにギャンブルも海外資本を中心にして、その利益を海外に逃して方、キックバックを外部的にもらう予定だろう、


  現状そういう意味しか、法案がなっていないのだから、疑われて当然だろうし、実際にそうなる可能性が高い、


  日本は飽和した環境にあるため、何らかの利益はそれと同じ程度の、損失を発生させやすい、

  国内ギャンブル市場を海外に売るアベのやり口は、大きな損失を日本にもたらすだろう、


  大体からして、ギャンブルならば海外の方が魅力的だし、外国人がそれを目的にする可能性はない、

  外国の例を見ても、賭博場を作ると現地の人が通うようになって、破滅に向かう人が増えるのが普通だ、


  つまり、アベのクズがやっているのは、日本人の生活を破滅に追い込んで、それを外資に資金提供として渡し、キックバックを得る腐った方法なわけだ、

  社会のゴミのアベが人の役に立つはずがないが、程度が低いのが自民党クオリティーといったところか、


  アベのやるギャンブル法案は、依存症対策をほとんどしておらず、多くの社会問題を引き起こすだろう、

  このクズはキックバック目的で行っているが、搾取されてもマンセーという日本人がいる以上、最悪の結果しか生まれないでしょう、


  次に、野党の問題もあるようだ、ネット論者は左翼的な考えを持つ人が多く、55年体制の発想に立つ人が少なくない、

  現実的にいえば、右翼や左翼は時代錯誤との古い考え方で、現実的な意味は持っていない、


  しかし狂信的に信じている人も多く、今でも左翼的な対立が正しいという、人は少なくない、


  今のネット政治論者の問題としては、どういう野党が良いかという話がある、

  ネット政治論者は左翼が多いため、左翼的傾向がない野党を批判し、最近だと国民民主党が標的になっていた、


  本来であれば、国民民主党は敵にはならないはずだが、ネット政治論は左翼が多いため、過去の思い出から判断をして、現実を見ない人が多いので、左翼ではないというだけで批判していた、


  ではその結果どうなったかといえば、実をいうと左翼勢力にとって困った形になっている、

  何故かといえば共産党が弱体化して、日本の左翼の中心勢力が弱っているからだ、


  共産党は左翼のシンボル的な存在て、ネット政治論者が支持する傾向がある、

  しかし支持からいうと、左翼の立憲民主党の方が影響力が高く、方向性が似ている共産党は影が薄くなっている、


  その結果、立憲民主党が影響力を持つほど、共産党が弱くなってきて、ネット政治論は立憲民主党批判し始めた、

  何故かといえば、共産党にとって不利な組織だからで、結局連中は自分が気に入るかどうかだけで、何が正しいのか判断する能力がないのだ、


  では本来ならばどうすればよいのかというと、左翼勢力は国民民主党を支持する、もしくは支援するのが正しかったといえる、

  何故かといえば、共産党とは方向性が違うので、左翼勢力を削る可能性が低く、協力関係を築きやすかったからだ、


  ネット政治論者は55年体制を、政治の基礎だと考えそれ以外を認めない人が多い、

  そのため社会党のような組織が、立憲民主党となって政治が変わると期待し、それに反する国民民主党を攻撃したが、判断が間違っていた、


  実際は方向性の違う、国民民主党を大きくした方が、左翼勢力の安定した立場を得られたわけで、立憲民主党を社会党に見立てた判断は、間違いだったと考えて良い、

  
  今まで共産党などの左翼勢力が、ある程度生き残れたのは民主党の影響が強い、民主党は中道路線だから、左翼勢力の票を奪わなかったので、共産党に左翼表が集中していたから、彼らは選挙に勝てていたのだ、


  それなのに、現実を見ない野党支持者の人は、立憲民主党が社会党みたいになって、55年体制が再現できると判断した、

  しかし今の日本では左翼勢力は小さく、国民の中の2~3割程度しか影響力がない、その小さなパイを立憲民主党と共産党が奪い合えば、共倒れになる可能性が高い、


  現実を見る能力が低い日本人は、今の世の中がどうなっているのか判断できない、

  過去にあった行為が繰り返されると考えるが、必ずしもそうではなく全く関係のない、社会変化が起こる可能性もある、


  今の世の中では左翼勢力の影響は弱く、左翼的な傾向を重視した野党連合を作ると、共倒れになる可能性が高い、

  そういうい味でいえば、民主党は左翼勢力によって価値があり、良いパートナーだったのだが、短絡的な彼らは評価すべき味方を誤った、

  
  野党政治論者は、左翼的な傾向が野党だというが、それは現実的ではない、

  理想的にいえば中道路線と、左翼的な路線をミックスするのが、バランスの良い野党のあり方だといえる、


  それがベターだったのに、左翼はアタマが悪いので現実を理解せず、意味のない批判を繰り返していた、

  繰り返していて国民民主党を潰せればと考えていたが、実際は共産党の最大の敵が、立憲民主党だと気づかなかったわけだ、判断力が悪いというしかない、


  今の政治は複雑で、戦後の頃とは大きく変わっている、右翼左翼で単純に分けられるものではなく、そういう発想に立つと現実的な対応はできなくなる、

  その辺りを考えるのが本来の政治論なのだが、ネットの論者は現実を見る能力がなく、明後日の方向に考えを広げていって、破滅に向かっている感じがします、


  後は、地方選挙を見てみると、野党側はだいたい勝てるようになっていて、状況そのものは悪くない、

  心配された国民民主党も今のところ、ほぼ負け無しですんでいるため、傾向としては悪くないだろう、


  共産党も大きく勝てている所があるが、全体的に小さめの所は全勝で、大きな所はうまく行っていないケースが多い、

  以前の政権交代でもそういう形はあったから、悪くはないのだがある程度は大きな所で勝てるように、工夫しなければならないだろう、


  選挙を見ていて思うのは、候補者の統一こそ野党では重要だという点だ、

  以前の新潟知事選挙でも自民党以外の候補者は、二人いて多少だが票が分かれてしまっていた、もし統一てきていれば勝てていた可能性が高く、失敗だった点もある、


  選挙だから誰が出てもいい、それは理想としては確かにそうなのだが、勝つためには理想よりも現実を見なければいけない、


  野党が勝てる現実とは、難しい話ではなく候補者を統一するだけでいい、色々な大きめの選挙を見ていても感じるが、基本的に投票になると野党のほうが、得票が多いのが普通だ、


  その点を考えれば、多少無理をしても候補者の統一をする、そういう形を野党はするべきだろう、
  
  例えば新潟知事選挙では、他の立候補していた相手と交渉して、当選した後のポジションの約束をするとか、そういう寝技的な手を使う方法もあった、


  候補者の統一こそが、野党にとっては重要になるので、統一しなくても勝てる小規模のものならばよいが、そうでない中規模以上の選挙に対しては、どんな手を使ってでも候補者を統一する、それが一番重要になるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR