04 月<< 2018年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  この頃なぜか寒いですね、暑かったり寒かったりを繰り返しつつ、灼熱地獄の夏に向かうのが、最近の傾向ですけど、


  ともかく書いてみると、ネタはあるけどどんな感じがいいのかな、ひとまずはトランプと、北朝鮮との交渉が決まった、

  どこでやるか話題になっていたが、シンガポールでする形になった、どの場所なのかは決まっていないが、候補地は二箇所ほどあると聞いている、


  シンガポールは中国とも、関係の深いところだから、北朝鮮側も乗ったのだろう、

  露骨に中国国内で行う場合は、中国の言い分を聞く風に見えて、アメリカが嫌がったのかもしれない、


  それで中国の影響はあるけど、中国ではないシンガポールだったのか、正確な所は分からないが、


  シンガポールは治安がよく、犯罪対策がしっかりしているため、アジアでは一番安心して、政治的な交渉ができる所だ、

  本来であれば日本も、候補地に入るべきなのだけど、戦争屋で嘘つきのアベがいる所には、当然来るわけがないか、


  シンガポールでの交渉の前に、北朝鮮側はアメリカにサービスをして、捉えていたアメリカ人を、開放してトランプに引き渡している、

  トランプは支持率が低くなっているから、それを上げるためのご褒美として、北朝鮮側が提供したのだろう、


  ほんと、こういう所は北朝鮮は大した国で、演出方法の工夫が優れている、捕まった人を開放して、トランプのご機嫌伺いをして、交渉を有利にする辺りは、お調子者のトランプの性格を、利用しているといえる、


  またアメリカが期待している、核開発の問題も早期に、場所の破棄をする計画を提案していて、

  ちょうどトランプと交渉する辺りで、爆破をすると北朝鮮側が提案していて、これもタイミングの読み方が上手い、


  上手く行くポイントをよく分かっていて、北朝鮮の外交上手さが目立っている、


  アメリカは最初は批判的な、意見も存在していたけど、北朝鮮側の巧みな外交によって、大幅に考えを変え始めている、

  このまま行けば、朝鮮半島問題の大幅な変更も可能で、良い形で平和が訪れるかもしれない、


  しかしこうしてみるとアレですよね、北朝鮮が平和の最大の立役者になるのは、不思議な感じがするけれど、それが今の時代に合った形なのでしょう、


  北朝鮮問題はシンガポールで、アメリカとの交渉を行い、その後韓国と米国と北朝鮮で交渉をする、

  三国交渉になった場合は、もっと北朝鮮に近い地域で、行われるのではといわれている、


  今回は初めての話し合いなので、中立に近い所で行われているが、次回はもっと北朝鮮よりの、地域で話し合いがされる可能性が高い、


  この話には別の点もあって、それは日本が全く関われいない点だ、

  日本は拉致問題があるのだから、本来であれば北朝鮮交渉の、中心にいてもおかしくないはず、


  しかしアベが馬鹿だったので、何の関わりも持つことができず、今回の件とは一切関係がない、

  北朝鮮側は拉致問題は解決済みで、日本に対しては戦争賠償の責任がある、そういう視点で話をしている、


  あまり詳しくはないのだけど、北朝鮮と日本の間には、いくつかの合意が行われていて、
 
  その合意内容を履行することによって、それ以上の話し合いが進む形になっている、


  しかし自民党はこのような、交渉の条件を拒否していたため、北朝鮮と話し合える状況ができていない、

  外交の入り口自体を自分で塞いでいる、日本が話し合いに関わるのは難しいだろう、


  国際政治というのは、非常に専門性が高い分野であって、プロでないと対応できない所がある、

  今回も、北朝鮮に対して過去の合意に合わせて、交渉を進める努力をしていれば、何らかの形になった可能性は高い、


  それが、アベとか自民党はまともな能力がないので、そのような合意を前提に議論せず、外交の手順を踏まなかった、

  外国は日本ではないのだから、互いが理解し得る所は存在しない、だから手続きによって交渉をするのだが、その点が完全に欠けていた、


  交渉をするための準備が不足していて、入り口にも立てていないため、外交的成果を得られなくなっている、


  素人が政治をしてはいけない、本来であればそういう所はある、日本人は情緒で物を考えるから、能力よりも人間味とかそういう、情念で政治家や政治を判断してしまう、


  しかし、外交のようなプロフェッショナルが、重要になる分野においては、十分な能力がなければ結果は出せない、

  今までは日本ブランドがあったから、国際的な信頼があったし、アジアでは日本以外の国は良い状態ではなかった、


  それが日本以外が発達して、国際的な信頼を失ってからは、日本の価値がなくなって、外交能力もない日本への評価は低くなっている、


  北朝鮮問題とは、日本政治の低俗化や幼稚化によって、起こっている国際社会からの蔑み、そういうものだと見ていい、

  今回の話は日本人だと、我々を嫌いだから交渉に参加できないのかと、考える人が多いと思う、


  しかし実際は、日本の外交能力が低すぎて、価値が全く無いから参加できないだけで、

  もし日本の外交力が十分にあれば、もっと違った形で交渉に、参加できていただろう、


  人間の優劣を日本人は、偏差値とかではやるけれど、本質的な意味で評価できる考えを持っていない、

  その結果、高い能力を問われる分野では、大体失敗するようになっていて、日本がだめになった原因になっている、


  技術もそうですよね、本来であれば日本が世界をリードしても、良い資質はあったのに、それを活かすだけの能力がなかった、

  情念や付き合いだけで人を評価するから、本当に優れた人間を見いだせず、まともな判断力を持てなかった、


  日本の技術的な失敗は、ある以上の人材を認めずに、新しいことをしなかったから、停滞し、形骸化して意味を失った、

  それと同じように、情念で政治を考え、何も考えずアベマンセーとか言っていれば、日本の外交能力は底に落ちてしまう、


  北朝鮮に関われなかった日本の現状は、この国の失敗の縮図といっていい、

  アベマンセーとかいう頭のおかしな、意見をいう人々から優秀な人間が出る可能性はない、


  そして優秀な人間がいないならば、能力を第一に問われる外交では、日本の立場など得られる可能性もない、


  外交は自分ではない相手と、交渉するのだから高い能力がなければ、失敗しかしない、

  その失敗が起こっているのに、日本人はアベマンセーといい続けるのだから、上手く行かなくて当然でしょう、


  ともかく、北朝鮮の話は巧みな外交によって、アメリカを籠絡し支援を得られるように、外交的な工夫をしつつ進んでいる、

  朝鮮半島の平和を、北朝鮮が行うのは不思議な感じがするが、これこそが外交手腕の違いなのでしょう、


  そして無能なアベは、なんの成果も上げられず、役に立つ可能性もまったくないため、存在意義はない、

  今回の件は日本外交の低次元化、その象徴として考えるべきだが、そう思う日本人はまずいないでしょうね、


  次に、北朝鮮の話題では、日本のマスコミが関与できない、という話が存在している、

  ふーん、まあそれは正しい判断だが、北朝鮮がそこまで分かるとは、驚きである、


  どういうことかというと、北朝鮮は朝鮮半島の和平を望んでいる、しかし戦争屋のアベは、朝鮮半島の抗争が起きて欲しいと考えている、

  そして、日本のアベ犬マスコミは、アベの犬なんだから朝鮮半島の、戦争が起こることを望んている、


  ここでポイントになるのは、マスコミは報道機関ではなく、戦争を望んでいる政治団体であって、抗争を引き起こす引き金として存在している点だ、

  つまり、北朝鮮から見るとアベと同じように、日本のマスコミも危険であって、朝鮮半島問題のじゃまになると判断されている、


  そうでないならば、アベを否定してもマスコミは認めるだろうし、マスコミ自体も否定されるのは、日本のメディアがアベと一体化している、政治組織としての意味が強いと、判断されているからだろう、


  実際、韓国と北朝鮮の交渉が起きた時に、日本のメディアは一斉に、これは不正だと言った、

  すべてのメディアが発言したわけではないが、半分くらいはそういう形で、インチキだから信じるなと放送している、


  中には朝鮮半島の人は、南北の和解を望んでいる人は、一人もいないと発言して非難された人物もいる、

  
  本来であれば、朝鮮半島の和平に対して、具体的にどのような意味があって、判断をするべきか議論するのが妥当だ、

  しかし日本のメディアは、朝鮮和平は間違ったものであって、インチキをしているか信じてはいけないと、連日放送していた、


  更にその内容が、事実に基づいたものがほとんどなく、プロパガンダ目的にマスコミが騒いでいた、


  北朝鮮は日本の政治や社会の傾向を調べていて、十分な情報を得てから行動している、

  そういう所があるので、多分だけど韓国と北朝鮮の交渉の後に、日本のメディアがどう報道したのか、細かくチェックしたのだと思う、


  調べた結果、これはだめだと判断をして、日本のマスコミは平和の敵だから、北朝鮮が排除した可能性はある、


  日本のメディアが平和の敵になるのか、世の中変わったものだけど、戦争屋のアベに付随するメディアは、戦争メディアなのだから和平交渉のじゃまになるのは当然である、


  この国のテレビや新聞のような、戦争を煽って金儲けをする、非人道的な輩は北朝鮮の行う、平和活動にとって許せる相手ではなかったのだろう、

  
  書いていておかしい気はするが、実際そうだから仕方がないのだけど、アジアの平和の敵であるアベ、日本政府、日本メディアは、北朝鮮の行う平和への道を邪魔するので、今回は参加できない、


  こうしてみると、なぜ日本が没落したのかよく分かるが、大半の日本人には平和国家を拒否する北朝鮮みたいな、アベ犬マスコミの報道が多分行われるだろうから、それを信じて現実を理解することはないのでしょう、
  
  
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR