04 月<< 2018年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、話題としてあるのは森加計問題があるか、ずいぶん長い話になっているね、最初は小さな疑問から始まって、加計問題なんてなさそうな話だったのだけど、調べてみたら酷かったな、


  まずは、森友問題から見てみると、この問題の当事者である学校の理事長が、一年ぶりに釈放をされた、

  日本の司法は狂っているといわれ、全時代的な拷問を前提にした仕組みになっている、


  江戸時代の司法制度は、証拠を調べる能力がなかったため、自白と拷問によって犯人を決めていた、

  その文化を引き付いた日本の司法では、未だに証拠を集める努力をせず、拷問と自白による対応をしている、


  今回の件もそれだったのだろうが、相手がしぶとかったので話が変わらなかった、

  大体において長期勾留をするのは、政治的な意図がある場合だけなので、そういう時は検察が不正をしていると見て良い、


  もちろん重犯罪者の場合は別だが、そうでなければアベに金をもらったとか、その程度の理由で連中は、平気で人権侵害を行う、

  人権を日本で一番守っていないのが、日本の司法制度なのだから、腐った国というしかないだが、


  この理事長が助かったのは、大阪の検察がアベに反感を持っていたからだ、どうも大阪の検察の関係者は、アベの嫌がらせによって左遷されて、恨みに感じていたらしい、

  
  また、理事長自体がマスコミ受けがよく、メディアで露出していた点も、今回の形につながった可能性がある、

  今までは全くしてこなかったのだが、今回はマスコミは理事長の長期勾留に対して、批判的な意見をいっていた、


  ほんと自分の都合しか考えない奴らだが、メディアに出ていて影響力があったので、そういう人間だったから多少は支援した、

  この辺りが合わさって出られたのだろうが、普通だったら数年は出られなかったかもしれない、もしくは獄中死もあっただろうな、


  日本の司法は腐ったゴミなので、社会の役に立つようなものではないが、今回は色々な利害が重なったので、渋々出したといえる、


  そして他の話題としては、森友問題に関係する資料が出て、多くの情報が分かった、

  今まで行っていた政府の意見が、すべて嘘だったことが分かってしまい、アベが犯人なのがはっきりした、


  その件に対しては、アベは森友問題に関わっていたけど、贈収賄ではないので違法ではないといっている、

  いつから贈収賄の話になったのか、よく分からないことになっているが、アベのバカは低能なので、意味不明である、


  森友問題は大量の資料が出てきて、それに対する責任が問われている、今まで行っていたアベの意見は全部ウソで、関係者も全員デタラメをいっていた、

  証人喚問を受けた佐川の、発言も大半が嘘だったのがバレている、ここまで嘘だらけだと、全部インチキというしかないだろう、


  加計問題も進展していて、愛媛県がアベと加計問題が会っていて、学園の構想をいいねといった、資料を提出している、

  アベは今まで学園の構想を知っておらず、最近知ったといっていたのだが、初期の段階から関わっていたのがバレた、


  すべてアベが原因で始まった話であって、このクズが諸悪の根源なのが分かっている、

  愛媛県が出したのは公文書であるため、その情報の正確さは認められているが、アベ側は書類を破棄したため、反論するための資料がない、


  本来であれば、このような情報が出るとアウトだが、アベの基地外はまた下らないことをした、

  コイツがやったのは、愛媛県が出した公文書に書かれているのは、加計学園の担当者が、その場で嘘をついたからという話だ、

  
  担当者が嘘をついたので、公文書の内容は事実だけど、実際にはそうでないといっている、

  アベらしい間抜けでアホな言い訳だが、そんな話は成立しないだろう、


  そもそも、公式の場の話し合いで加計学園側が、嘘をついたのならば詐欺になるし、その時点で犯罪行為が確定する、

  嘘をついたのならば、加計学園の認可は認められなくなるので、学校はやめなければいけない、


  常識的に考えれば、加計学園側がそんな対応をするはずがなく、公文書が事実だったと見るのが妥当だろう、

  どうやら、今の愛媛県知事は加計学園の建設を好んでおらず、否定的な考えを持っているようだ、


  その影響で情報が出ているのかもしれないが、いずれにしろアベの言い訳は見苦しい、

  公的な場の交渉で嘘をついていたとか、どういう話なのかよくわからないな、それが信頼問題に関わると理解できないのか、


  どうせ指示をしたのはアベだろうけどな、こんな馬鹿な話を作るのはやつくらいで、低能自民党らしい対応だといえる、


  他の点でも、加計学園との関係は問題になっていて、学園側が車を借りていた話がある、

  ちょっと曖昧だが、加計学園側か国側が車を貸していて、それを表面的に黙っていた、


  国が交渉する相手と、癒着をしていれば当然犯罪になるが、この問題は他にも何かがあるらしい、

  例えば飲食に関係する行為をしていると、高い確率で犯罪行為になってしまう、アベの立場ならば当然そうなるわけで、アベ逮捕もなくはないだろう、


  とはいえ日本の腐った司法制度では、アベを捕まえる可能性は殆どないが、加計学園とアベの関係は深く、学園を作る時にアベが深く関与していれば、それは犯罪行為になる、


  そのあたりの情報があるらしいが、今の所十分には分かっていない、

  もしかすると森友問題でも、似たような話があるのかもしれないが、


  森加計問題は火に油を注ぐ状態で、野党側が批判を続けてきた結果、大量の情報が出るようになった、

  自民党は批判されづらいものを選んでいたが、情報の出し方が大雑把で問題がある、


  本来出すべきではない情報も、混ざって公開していたトラブルもあって、管理体制が機能していない、


  多分だが、今回の大量の情報の提出は、アベと関わるのが役所の側にとって、負担になってきたのが理由かもしれない、

  それで面倒くさくなって、情報を大量に出しているフシがある、公開されているものだけではなく、裏から政治家に渡っている資料も多く、変化が起きそうだ、


  自民党は、森加計問題で情報を処分して、隠蔽する形で解決しようとしたが、愛媛県などの外部団体は、それに従わず情報の流出が続いた、

  森友問題では、理事長が大量の情報を保管していて、それをもとに話が広がっていて、関連する資料も公開しなければいけなくなっている、


  そもそも、森加計問題は社会的に必要なわけでもなく、アベの個人的な都合で行われたものだ、

  当然役所にとってもどうでもいいわけで、そういうものを最後まで守ろうという、考えは彼らにはない、


  野党が指摘しなければ、隠蔽を続けていたのだろうけど、批判が大きすぎて変わったのかもしれない、

  ここまで明確な資料が出れば、自民党が嘘をついていたのは明らかで、反論したくてもアベが証拠を破棄しているのだから、何もできない、


  口先だけでごまかせる問題と、そうてないことが世の中にはある、アベのやったのはそういう話だが、いいかげん誤魔化せなくなってきたのでしょう、


  後は、厳密には分かっていないのだが、森加計問題には官房長官も、関わっていたという話がある、

  官房長官といえば脳が死に、人間性がハエ並みに劣化した人物として有名だが、あの生きているか死んでいるか、分からない人物が関与していた話がある、


  今の段階だと情報がないのだが、官房長官が森加計問題に対して、初期の段階から指示をしていた話がある、

  共産党が持っている資料によると、そのような話が存在している、あのハエ人間のような官房長官が関与しているとなれば、それは由々しき事態だろう、

 
  森加計問題は非常に大きく、普通の方法ではできない話だった、森友問題は数億の値引きを、何度も行っていて書類の書き換えもしている、

  調査も優遇を受けていて、このような形で行われた例は、今まで一度も存在しない、


  加計問題は、本来ならば認められない獣医学部を、強引に決める異常な行動をしている、

  国の根本的な方針を変えるのだから、当然それはには国の中枢が関わっていなければいけない、


  今まではアベの側近が関与しているといわれていて、実際に関わっていた証拠が残っている、

  しかし側近だけで調整ができるとは考えづらく、他の人物が関わっている可能性があった、


  それが官房長官だったわけだ、あの人を殺してもなんとも思わない、頭のイカレタ人間が犯人とはね、

  以前コイツは、イスラム国にジャーナリストが捕まった時に、見殺しにしてなんの対応もしなかった、


  人を殺してもなんとも思わないあたりに、人間のクズっぷりを感じるが、自民党はそんなのしかいないから、連中の中では普通なのだろう、

  そういう殺人鬼官房長官が関わっているならば、内閣総辞職も当然あるだろうけど、どういうなるかという所ですかね、 
    

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR