01 月<< 2018年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そろそろ春になるはずですが、まだ寒いですねぇ、冬は寒いだけで特にいい所がないので、あまり好きではないです、


  ともかく何か書いてみると、今のタイミングだとネタがないのですが、裁量労働制の問題はあるね、

  この制度は以前から行われていたが、企画などの一部の分野に限られていた、特殊な仕事のための制度だが、問題が多く批判を受けている、


  裁量労働制の問題点は、仕事をしても給料が上がらず、残業代をもらえないことだ、

  普通に仕事をしていれば残業代はもらえるが、裁量労働制ではみなし残業以外は、お金を一切もらえなくなる、


  みなし残業とは、働いている時間の内、一定の時間を残業とみなす制度だが、正確な計算をしないので問題が多い、

  例えば午後5時まで仕事ををして、実際は9時まで残業をした場合でも、みなし残業だと、7時までしか働かなかったことにできる、


  本来この制度は、曖昧な環境で働いている人が、残業代の計算ができなくなるので、一定の基準で残業代を計算する方法だ、

  裁量労働制では、この制度が使われてしまうので、長時間労働をしても残業代はもらえなくなる、


  よくあるパターンとしては、出世をすると裁量労働制になる場合が多い、これは名前だけの管理職などと同じで、残業代を支払いたくない時によく使われる、

  管理職は一般の社員に比べて、労働をする時の規制が弱くなっている、それは立場があり給料もよいのだから、普通の労働者よりも制限がないからだ、


  しかし日本の会社は、その制度を悪用していて、給料も立場も変わっていないのに、管理職にして残業代を払わないことがある、

  本来であればこのやり方は、法的に訴えられれば負ける可能性が高い、なぜなら実態は管理職ではないのに、制度悪用をするのは犯罪だからだ、


  それが裁量労働制になると、このような行為は合法になってしまう、名前だけの管理職ならば、管理職である実績を証明しなければいけない、

  裁量労働制ではその必要がなく、誰でも対象にできるため、一般社員の残業代を減らす時に使える、


  現状この制度は、営業職を対象にしているが、基準は曖昧で拡大するのは可能だ、

  日本で働いている人の多くはサービス業だから、営業に仕事の種類が近いわけで、多くの人が対象になる可能性が高い、


  制度上この手続は、働いている人との契約になるため、本人が断れば問題がないといわれる、

  自民党もそういう説明をしているが、上司に無理やり請求される場合が多いため、断るのはかなり難しい、


  例えば給料が上がったときや、出世をした場合にこの制度を提示されて、断ったら給料が上がらない、出世ができないと脅されるが普通だ、

  今も裁量労働制は行われているが、このような脅しをする行為が多く、無理やり裁量労働制にさせられて、逆に給料が減るケースがある、


  裁量労働制は現状でも、大手企業が行っていて、有名な会社が営業に取り入れているが、そこでも問題は起こっており、給料を減らすために無理やり、強制する実態が出ている、


  今までも、裁量労働制の問題は潜在的にあって、過労死をした方も沢山いるようだ、

  まるで昔の、派遣労働と一緒であるが、潜在的にある問題のある労働システムを、拡大して利益を得るのが自民党の狙いである、


  以前から書いているが、自民党は利権政党であるから、企業からのキックバックで生活をしている、

  つまり企業業績が良くなれば、国民が死んでもいい連中なので、今の社会では国民にとって害にしかならない、


  実際ここ何十年を考えてみると、自民党が国民にとってメリットのあることをしたのは、一度としてない、

  それは戦後のような経済拡大の時代が終わり、低成長になった所で利権を得るために、国民からの搾取をするスタンスに変わったのが原因だ、


  戦後の世界観を懐かしみ、そういう自民党を評価したことも、日本の問題を拡大させた原因だといえる、


  裁量労働制の問題点は、仕事をした評価をしなくなって、無制限に働かせられる点だ、

  本来であれば労働の制限はあるのだけど、この制度になると正社員でも間接雇用になるので、全て自己責任に変わる、


  例えば大量に仕事をして、体調を壊したとしても労災は認められない、それは本人の責任にされてしまう、

  過労死をした場合も、会社には責任を問えなくなるため、過労死するほど働かせることが、合法化される問題点もある、


  労働をする時は休息時間とか、そういう雇った側の管理責任が存在するが、裁量労働制になると、管理責任が労働者側に移ってしまう、

  その結果、会社側が無理な労働をさせたとしても、引き受けた労働者側が悪いという、責任の転嫁ができる形に変わってしまう、


  裁量労働制の問題点は、労働の責任を全て働いている人に押し付けて、会社側が何の責任も取らなくなる点だ、

  正直にアルバイトの方がましになってしまい、裁量労働制の正社員よりも、非正規のほうが制度的に守られる、


  継続して働けるという点では、裁量労働制の正社員の良さもあるが、労働に関する責任が、会社から全くなくなってしまうので、極めてリスクの高い働き方に変る、


  この制度は三年前から、アベのやつが導入しようとしていたもので、その時から問題のある、対応をしていた、

  例えばアベがいっていた、裁量労働制のほうが労働時間が短いというも、三年前から資料を出していて、審議会でもその資料で判断をしていた、


  つまり最初から不正をして、無理やり法案を通そうとしていて、アベのクズは犯罪者というしかないが、

  こんなカスを評価するから、日本人は人を見る目がないのだけど、
  

  もう一つの観点としてあるのは、データが不正だったという話だ、裁量労働制の労働時間が長いのは、専門家の中ではよく知られていた、

  データでも長いという結果が出ていたので、アベのいう裁量労働制だと短くなる話は、おかしいといわれていた、


  それでデータがどうやって出来たのかは、最近になって色々分かってきている、まずアベのデータは正確な記録ではなく、時間が殆ない状態で調べられていた、

  調査をする時間が殆どなかったので、かなり曖昧な形で調べていた、


  実際データを見ると、一日に1時間しか働いていない人や、残業を23時間している人など、明らかに不自然なデータが存在している、

  そうなったのは調査を正確にできず、調べた対象の会社でもまともに対応せず、問題のある調査をしたことが原因だ、


  本来であれば、正確な機関の調査が存在しているのだから、それを元に結果を出せば問題がなかった、

  しかし正確なデータでは、裁量労働制のほうが時間が長くなると、明確に結果が出ているので、アベは使えなかった、


  それで、このアベのクズは、タイミング的にははっきりしないが、意図的にこのようなデータを作った可能性が高い、
  
  他には、裁量労働制のデータはあまりないらしく、アベが出したものと正式な機関が調査したデータ以外は、私の調べた範囲だと見たことがない、


  裁量労働制の労働者が少ないのが、原因かもしれないけれど、アベが出したデータは異常性が多いのは、わざとそういうデータになるように、調査を依頼していた可能性もある、


  もしその調査で、アベが使えないデータが出た場合は、このバカが裁量労働制を導入するのができなくなる、

  となれば当然、それに合わせた調査を行うだろうから、調査そのものが不正だった可能性もある、


  今のところは、調査は不完全であったが、それを悪用して使った政治家の問題、役所の不正だといわれている、

  しかし、調査そのものがおかしかった可能性もあるので、最初からインチキ目的だったのかもしれない、


  日本経済はもう成長はしないが、戦後世界観を信じている人を騙せば、成長詐欺のビジネスは可能だ、

  アベのクズも詐欺師のコイズミも、そのようなビジネスを元に政治活動をしていて、裁量労働制もその一種である、


  働いている人の給料を減らせば、企業業績は良くなって景気は回復する、そうすれば戦後世代は納得するので、戦後世界観の維持が可能になる、

  しかしそれは現実ではなく、戦前、戦争バンザイと言って、現実を見なかった日本人と、まったく同じ行為をしてしまう、


  裁量労働制とは平たくいえば詐欺で、国民から金を取るが財界の、唯一の金儲けの手段になっていることが、本質的な問題として存在する、

  連中は自分が助かれば、国民は死ねばいいとしか考えておらず、過労死バンザイの連中だから、企業を評価するほど国民はたくさん死ぬことになる、


  戦後世界観の真逆というのが、最近は起こりやすいが、そうなるのは戦後的なものを、詐欺の道具として使うから、支離滅裂になるのが原因だろう、

  
  裁量労働制になれば、サービス業や営業職は残業代がもらえず、大幅に給料が下がる可能性が高い、

  国民の所得を減らすのが日本企業の唯一の仕事なのに、企業バンザイという戦後世界観があるので、日本の明日は暗くしかならないのが、現状であるわけです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR