09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


     どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、政治の話としてこれからあるのは、野党がどう統一していくかです、

  今回の選挙で一番勝ったのは、立憲民主党で野党第一党になっている、


  野党第一党は与党と交渉する権限があるので、与野党の交渉は立憲民主党ベースになるだろう、

  これからの野党再編も、選挙で勝ったのだから立憲民主党が軸になるが、どうなるかはよく分からない、


  野党が統一政党になるのは悪くないが、多種多様な意見を発せない問題点もある、

  前原がいっていた共産党への批判は、ある程度は正しい所がある、


  例えば共産党が全国に候補者を立てるので、野党の保守政党が作れないというのは、確かにある問題点だ、

  今回の選挙でも共産党が立候補しなければ、希望の党は伸びていて自民党の三分の二は防げていただろう、


  このような行為は政治的なデメリットであって、国民の中に多くある保守票を、与党に集中させてしまって、選挙を不利にする原因になっている、


  今の時代リベラルの影響力は低く、リベラル勢力を集めても選挙には勝てない、

  たしかにある程度は有利になれるが、自民党に勝つためにはリベラルでは不可能である、


  そう考えると、保守的な政党が野党にいたほうが、政治的なバランスも得られるし、

  国民の投票先を増やせる良さもあるので、希望の党を残す手もないではない、


  もちろん希望の党には害もあるが、当選したのは殆元民進党なのだから、それほどおかしなことはしないかもしれない、


  野党は得票を増やさなければならないので、立憲民主党で勝負をするだけだと、保守票を集めるのに苦労する、

  そう考えると複数政党が、選挙協力をする形がよく、必要最低限のルールを作って、協力をするのも手だろう、


  もう一つの形は、単純に立憲民主党を中心にして、色々な政党が集まっていくことだ、

  選挙で重要なのは勝つことだから、現状勝ちやすくなっている立憲民主党に、力を集めれば政治的有利は作れる、


  立憲民主党もずっと価値があるわけではなく、いずれは影響力が下がるかもしれない、

  それまでは数年程度はかかるので、その間にヘマをしなければ立憲民主党は強い状態を維持できる、


  そこに野党の色々な勢力を吸収させて、大きな勝負に出るのも一つの方法だ、

  
  今のところ野党の戦略は、いわゆる鶴翼の陣をとるか、鋒矢の陣をとるかの2つになる、

  鶴翼の陣とは兵力を広げて相手を包囲するもので、じっくり戦う時に使われる、

  鋒矢の陣は槍の先のように集中して、一点突破で敵を叩いていく戦法だ、


  今回の選挙で得られたのは、立憲民主党という中心軸だが、この軸も永遠にうまくいく保証はない、

  なので、他の政党と協力をしていくことになるが、全体の陣形はよく考えるべきだろう、


  他党とゆるい協力をしつつ最低限のルールにして、希望の党も含めた大きな形にするか、

  もしくは、立憲民主党にすべての力を集中させえて、勢いて一気に潰していくのも一つの方法だ、


  どちらも効果的なやり方ではあるが、一方をやるともう一方は難しくなる、

  今の野党の戦略は集中をしていくか、広く協力をして包囲を目指すか、という二択になっている、

 
  とはいえ、戦国時代でもあるまいし、こんな戦略論がそのまま通ることはなく、もうちょっとグチャグチャした形になるだろう、

  理想は、野党がゆるい統一で与党を押すか、勢力を集中して一点突破をするか、この2つが大きな戦略になる、


  ただどうなるかを私が決めるわけではないため、これからの交渉次第になりそうです、


  次に、これからの政治の傾向を書いてみると、アベは憲法改正をしたいといっているが、現状公明党が拒否をすればできない、

  希望の党が協力する可能性はあるが、その場合は内部の民進党議員の大半がいなくなって、議席が足りないだろう、


  立憲民主党や昔の民進党が残っているので、希望の党の人も別の党に移動できる、

  正直、希望の党に残るメリットは全く無いので、出ていく理由ができれば大半は出ていく、


  本来の既得権の戦略では、自民党が中心になって公明党に協力を頼み、

  公明党が嫌がるなら維新の党、維新の党で足りないなら希望の党だったのだろう、


  それが維新の党が壊滅したので、公明党が嫌がった時の対策がない、


  希望の党は自民党との協力は不可能で、レイシスト小池が何をいっても無理である、

  今となっては、レイシスト小池は疫病神でしかなく、関われば選挙に負ける呪われた存在だ、


  そんな人を評価する議員はいないので、レイシスト小池が無理をいえば、そのまま希望の党は崩壊する、


  憲法改正はアベがやりたいらしいが、今回の選挙でもアベに対する評価は改善していない、

  アベが辞めるべきだという意見は強く、森友や加計問題はこれからも批判されていく、


  となると、何らかのはずみで憲法改正の話が出ても、不人気のアベにとっては行動ができない、

  国民は憲法改正に批判的で、特にアベのやる改正は認めていない、


  そういうところで、支持率の低くなった安倍が何をいっても、それを評価する声は出てこないだろう、


  現状憲法改正については、2つのポイントが出ている、

  一つは憲法改正をするだけの、議員が自民党だけでは用意できないこと、

  公明党は嫌がる可能性が高く、維新や希望の党も成功しづらい、

  無理に挑発をすれば、希望の党の議員は大半が立憲民主党に行くため、結局不可能になる、
  

  また、何らかのはずみで、憲法改正の手続きができたとしても、アベの不人気さと憲法改正への批判があるので、そう簡単ではないだろう、


  アベは今回の選挙で信任を得たというが、国民からするとどうでもいい選挙だったというのが本音だ、

  大体からしてアベの不正を隠蔽するための選挙が、国民に価値があるわけがないのだから、信任とかは関係ない無価値選挙だっただけだ、
  

  そういう傾向があるとして、憲法改正がどうなるかだが、正直良くわからない所はある、

  憲法改正をする時は、無制限に税金を使って、特定の考えを国民に宣伝することが可能だ、


  そういうシステムをアベは以前作ったので、そのシステムを使ってマスコミを買収して、無理やり憲法改正に持っていく予定だろうが、

  現状憲法改正をするのには不安定な所があるため、それほど単純な状況ではない、


  そこで既得権の連中がどう行動をするか、その点が重要になりそうです、


  後は、今回の衆議院選挙を見ていて感じたのは、希望の党や共産党の選挙区での問題だった、

  希望の党と共産党は、殆どの選挙区で候補者を立てていて、ひどいところだと立憲民主党のところに、二つの党の候補者が出ていた、


  希望の党と共産党はやっていることは似ていて、どちらも自分に近い人しか認めない所がある、

  希望の党は本来穏健保守政党として、政治的な影響力を持つ予定だった、

  しかし実際は、レイシスト小池やそれに類する、アホな連中のせいで、極右政党に変わってしまった、


  この党のスタンスは方向性は違うが、基本的には共産党と同じで、野党は保守でなければいけない、そういう考えを持っている、

  多分だが、希望の党が全国で候補者を立てたのは、共産党が全国で候補者を立てたのと、まったく同じ意味だろう、


  つまり、今回の選挙は保守の共産党と、左翼の共産党が全国で候補者を立てて、全ての野党を潰していたのが、敗因になっていた、


  この問題をどうするかなのだが、候補者の一本化までは行かなくても、不必要な候補者を出さないことは重要だろう、

  つまりいわゆる刺客候補を出さず、必要でない選挙区では候補者を出さないで、最低限の協力をする、


  共産党も最初から立候補する候補者を減らし、現状の半分以下程度から始めた方がいい、

  それくらいの大きさから初めて、選挙区や政党ごとにやめれば問題は起こらない、


  今回の選挙では希望の党が、共産党と同じく全国で候補者を立てて、リベラル勢力を潰そうとしていた、

  共産党も同じく、選挙区で候補者を立てているが、やっていることは希望の党と全く同じである、


  こういう弊害を両党からやめさせないと、リベラルも保守も全ての野党勢力が潰れます、


  今回の選挙後最低限守るべきは、刺客候補者をできるだけ出さないようにする、

  選挙区で勝てない候補者を、大量に立候補させない、このあたりができないとまずいでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR