06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は時々急に暑くなりますね、夏本番もそろそろなのだろうけど、今年も暑くなりそうです、


  それはともかく書いてみると、今の話題は都議会選挙があるか、レイシストファーストとかいう、差別主義者が勝ったようだけど、このあたりは想定通りか、

  今回の選挙は自民党の弱さが出ていて、自民党の一人負けに近いところはあった、


  レイシスト小池の政党は、それほど勢いがあったわけではなく、自民党がだめになったから伸びたところがある、

  以前も書いたけど、この党は自民党の別働隊であり、自民党が分裂して作った政党である、


  維新の党の場合は、コスプレ市長が自分の影響力を使って、自力で政党を作った実績がある、

  その影響で、維新の党は自民党とはあまり関係がなく、直接的につながりがあるわけではない、


  それに対して、レイシスト小池の政党はこの人物自体が、自民党のイメージを利用して、選挙で勝ってきた経緯があるため、自民党との関係が非常に深い、

  今回の選挙はこの自民党と、レイシスト小池の政党のつながりが出ていて、それが自民党が大敗した原因になった、と私は考えています、


  マスコミの予想では、自民党は30~40議席当選するといっていたが、実際は23議席でかなり少なかった、

  共産党と民進党も厳しいといっていたが、共産党は増やして民進党は多少減ったくらいだった、


  今回の選挙では、マスコミの予想が外れていた面も強く、確かにレイシスト小池の党は勝ったが、それ以外の予測に関してはマスコミの予想は、当たっていたとはいい難い、


  マスコミの選挙予想というのは、国民にどこに投票しなさいと、指示する意味もある調査だから、そうなってほしいという連中の願望もあったのだろう、

  特に自民党の議席減については、どこも予想できていなかったため、マスコミの都合通りにはならなかったといえる、


  今回の選挙では公明党と共産党が安定していて、民進党は壊滅するといわれていたが、現有議席に近いところはとっていた、

  事前のマスコミの予想だと、民進党はゼロ議席で全て失うと出ていたが、結果から見るとそこそこは残っていた、


  ただ昔は民進党というと、都議会でかなり強い勢力を持っていたから、その頃に比べると非常に弱いといえる、

  弱くなった原因は、党内の人間がレイシスト小池の党に移ったからで、その影響で数が減ってしまった、


  民進党から出ていった人は、自分の支持者も引き連れて出ていったわけで、それをやられたら勝てるものではない、

  この分裂の問題は民進党の課題だけど、それ以外は本来全滅だったものを、多少マシにできたのだから、最悪ではなかったといえる、

  
  都議会選では自民党の問題もあるが、私は民進党の問題に 根の深いものを感じた、

  今回の選挙はぶっちゃけると、民進党は簡単に勝てた選挙だったといえる、


  なぜかといえば、自民党がだめになって反動で勝てる状態だったからで、全員落選の状態が、自民党批判のおかげで5人当選、

  もっと調子が良ければ7人当選をして、現有議席の保持すらできそうだったわけで、それを考えれば簡単に勝てる選挙だったといえる、
  

  多分だけど、民進党の都議会議員が離党をせずに、全員が残って選挙活動をしていれば、大半が当選をして議席も伸ばせていただろう、

  民進党が票を得られなかったのは、党が分裂して崩壊しそうだったからで、そういう点で評価が下がった、


  つまりその最大の問題が起きていなければ、民進党もそれなりに当選をしていて、20議席くらい取れていたのではないか、そんな気がする、


  今回の選挙では共産党公明党が安定していて、効果的に勝つことができた、

  共産党は議席も増やせたくらいで、非常に良い状態で勝てた選挙だったが、その最大の要素は自民党だった、


  一部の論調だと、レイシスト小池の党が有利になったから、今回の選挙が決まったという意見がある、

  しかし、もしレイシスト小池が有利ならば、共産党が伸びた理由もわかりづらく、それだけではない理由もあるはずだ、


  その理由になるのが自民党の弱体化で、この自民党の弱体化はレイシスト小池も影響を与えている、


  以前も書いたけど、レイシスト小池と維新の党の違いは、維新の党が自民党とは別組織として作られたのに、レイシスト小池の党は自民党の一部として作られたことだ、

  その影響で、レイシスト小池の党は自民党の票を食いやすく、自民党の議席を大幅に減らす効果を持っている、


  自民党は今更ながら、レイシスト小池を自民党から離党させているが、それはレイシスト小池の党が、自民党の得票を奪う性質が強く、その傾向が続くと困ると判断したからだろう、


  維新の党の場合は、自民党の支持基盤ではなく、野党の支持基盤を破壊することができていた、

  しかしレイシスト小池の党は、自民党と直接的な関係があるため、自民党の得票をそのまま食う性質がある、


  今回の選挙で自民党が負けたのは、自民党の得票をレイシスト小池が喰ったからで、その影響で急激な弱体化が起きた、

  
  都議会選挙に関しては、自民党が負けたのは公明党と協力をせず、その影響で負けたのだという、マスコミの意見がある、

  しかし国政を見る限り、自民党は公明党の都議会選挙に支援をしていて、共謀罪の強行採決に対して、最大限の配慮をしている、


  そう考えると、都議会選挙でも自民党と公明党は、ある程度協力をしてた可能性はあるわけで、自民党が大きく負けたのは公明党ではなく、レイシスト小池の党が原因である可能性がある、


  維新の党はいくら勝っても、野党の得票を奪うだけで、自民党に悪影響を与えるものではない、

  なぜなら、投票を得る基盤が違うからで、自民党の得票を直接奪う性質を、維新の党は持っていない、


  それに対して、レイシスト小池の党は直接自民党の票を奪うため、今回のような自民党が壊滅、野党が生き残る形になりやすい、

  これが維新だったら、民進党は全滅して共産も減って、公明党はそれなりという感じだったはず、


  しかし実際は、民進党が回復をして、共産党が伸びて、公明党も安定していた、それは自民党が弱体化して、このあたりの政党で安定して勝てる、環境があったからだろう、


  民主主義は国民の意志といわれやすく、政治家や政党に対する評価であると、いう人はいるけれど、

  実際は、特定の組織票の傾向がものを決めやすく、そういう動きしか起こらないのが普通だ、

 
  つまり勝つべくして勝ち、負けるべくして負ける、それを決めるのは国民の意志ではなく、組織票の傾向が決めることになる、

  
  今回の件では、珍しく自民党の別働隊の、レイシスト小池の党が自民党の票を喰って、野党をアシストする意味を持っていた、

  自民党の地盤沈下は、レイシスト小池の党が自民党の票を直接食ったことが大きく、多分この点を自民党は今気づいているだろう、


  それで、急にレイシスト小池を離党させたりしているが、これは自民党の補完政党ではなく、自民党を食う性質がレイシスト小池の党にあるので、自民党とは違うよというアピールが目的だろう、


  あれ、色々書いていたら後が少なくなったが、民進党の話は次回になりそうだけど、

  勘違されているのは、今回の選挙は簡単に勝てる選挙であって、維新の党の大阪とは性質が違うということ、


  一番違うのが野党が勝てたことで、共産党は議席を伸ばしているし、民進党も壊滅状態のはずが、5議席とって現有に近い議席を得ている、

  本来、維新の党のような形を、レイシスト小池がやった場合は、野党の票が極端に減るため、野党が勝てる可能性はない、


  それなのに今回は野党が勝つ選挙だったわけで、維新の党とは逆の意味を持っている、

  レイシスト小池の党は、自民党が分裂した組織であって、自民党の支持基盤を食う性質が強い、


  その影響で自民党の急激な地盤沈下が起こり、それによって自民党以外の政党が全部勝つという、不思議な現象が起こっていた、

  それは自民党に対する批判が強かったのもあるが、その批判によって自民党の支持者が、レイシスト小池に移ったこともある、


  レイシスト小池の政党に自民党支持者が投票して、それによって野党の立場が安定して、簡単に勝てる環境が生まれたといえる、

  今回の選挙を見る限りは、自民党の一人負けであって、事前の予測より負けたのは自民党だけだった、


  この部分が重要なポイントで、レイシスト小池の政党は維新の党にはならず、自民党の分裂政党としての働きをする、
  
  そして分裂政党として働くので、自民党にとっては損失になりやすく、自民党の選挙活動を悪化させる、


  レイシスト小池は自民党の、勢力を盗むことによって拡大する政治的な方向性が強い、

  その影響で自民党が弱体化したため、今回の選挙は野党が簡単に勝てた、


  公明党が勝てたのも、公明党の強さというよりは、自民党が弱体化して勝ちやすい状況があったかで、

  公明党も共産党も勝てるというのは、自民党がだめになったからだろう、


  マスコミは、公明党や共産党が勝ったことを、国民の意志があって起こったという、

  しかし、実際は自民党が一人負けをして他が勝っただけで、それをしたのはレイシスト小池の党である、


  レイシスト小池の党を作った時は、自民党の別働隊にする予定だったのだろうけど、現状それが不完全な形になっている、

  詐欺師のコイズミの頃に比べると、自民党も権謀術数の技術が落ちているようだが、今回のレイシスト小池政党は失敗で、自民党の敗着といえるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR