09 月<< 2016年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日は書く予定ではなかったのだけど、「夏の参議院選挙での野党の選挙戦略」と「蓮舫がなぜリベラルから保守に鞍替えをしたのか」ということを書いてなかったので、そういうことについて書いてみると、


  「夏の参議院選挙での野党の選挙戦略」というのは、以前の参議院選挙のことで、この選挙では勘違いをしている人が多いが、残念ながら市民の運動はあまり影響を与えていない、


  シールズなどの活動は盛んに行われていたが、その影響は限定的で大きな意味はあったが、大きな影響を与えるほどのものにはなっていない、


  では今年の夏の参議院選挙はどういう戦略で、野党が戦っていたのかというと、その話は今年の最初の頃に戻る、

  
  2016年の最初の頃は維新の党のコスプレ市長などが辞めて、この組織が空洞化して非常に不安定になっていた、

  そのため当時の民主党が党の合併を考えており、そのためにどうするかということで動いていた、


  結果として民主党は維新の党の半分を吸収することになり、この吸収をしたことが選挙結果では、一番の影響を与えていた、


  夏の参議院選挙では民進党は数百万の得票を増やしていたが、この殆どは維新の党を吸収した結果である、

  この点を市民活動家は間違えているのだが、この数百万の増加は市民活動の結果ではなく、維新の党を吸収した結果である、


  それによって基礎的な票を増やして、選挙に臨んだのが今年の参議院選挙だった、

  実際の選挙に入ってからは、シールズなどの活動が効果的に働き、それによって細かく得票を増やしていた、


  市民活動による得票の増加はだいたい、民進党の得票の5~10%程度だったと見ているが、その小さな増加によって接戦を制することができ、それなりに選挙に勝つことができた、


  また東北では農協が野党支援に回ってくれたため、この影響で大幅に得票が増えることになり、そういう影響でも選挙を有利にすることができた、


  夏の参議院選挙を考える時に重要なのは、市民活動による得票はそれほど大きくはなかったが、接戦を制するときには非常に効果が高かったということ、

  戦いは始まる前にすでに結果が決まっている、といわれることがあるが、今回の選挙ではそれが維新の党の吸収だった、


  それによって基礎票を増やして、後は市民活動の影響で有利にするというのが、多分だが岡田の考えていたことだろう、

  この方法論には小沢氏も支援をしていた可能性が高く、東北の農協を説得したのは小沢氏かもしれない、


  そういう形で戦ったのだが、それに対して市民活動家は、参議院選挙は全部自分たちで選挙に勝ち、自分たちが主役だと考えているが、実際はそうではない、

  この部分を理解しておかないと問題が起こりやすく、シールズの周囲の人が狂気に陥ったのは、多分ここを正確に見ていなかったことが原因だといえる、


  次に、「蓮舫がなぜリベラルから保守に鞍替えをしたのか」について書いてみると、蓮舫や民進党はロジカルに考える所があり、非常に合理的に物事を判断することが多い、


  そのため蓮舫が保守的になったのは、そういう思想に合わせて対応をしたのではなく、そのほうがメリットがあるからと判断したからだと思う、


  岡田の体制ではリベラル色が強くあったが、それは他の共産党などとの協力が必要だったことと、

  当時は安保法案の問題が大きくあったので、それに合わせてリベラル的な行動をしていた面がある、


  しかしリベラル的な方向性は、党内の亀裂を生むことになって、細野あたりの保守的な人間の分離をうみ、党内を上手くまとめることができない、デメリットを発生させていた、
   

  それに対して蓮舫は、党内の引き締めや分裂を避けるためだろうが、リベラル的な方向性から、保守的な方向性にかじを切った、

  それは連合などのことも関係しているだろうが、大きいのが岡田体制における、リベラル的な方向性のデメリットだったといえる、


  選挙においてもリベラルはあまり有利になれないので、そういうところを考えて別の方向性を目指し、

  ノダなども無理やり詰め込むことによって、挙党態勢を作ることを考えていたように思う、


  この方法が成り立ったのは、岡田の頃に野党共闘のシステムが作られていて、リベラル的な方向性を持たないでよかったことが大きく、

  そういうシステムが有ることを前提に、蓮舫は保守的な方向性に進んだ可能性がある、


  民進党は信仰のように政治を考えないので、ロジックで判断をしていた可能性があり、蓮舫も何らかの考えを持ってリベラルから、保守へと政党を変えたのだろう、

  それは岡田が党の基礎を作った面もあり、その上ならば保守的な方向性のほうが、メリットが大きいと判断をしたからかもしれないです、


  後は、ついでに連合のことを書いてみると、最近は連合に対する批判が強くあるが、個人的には連合のいっていることは、立場としては妥当なことを言っていると思う、


  連合の内部で大きな影響力を持っている、電力会社の労働組合は脱原発に批判的で、そのような活動が起こることを極度に恐れている、

  なぜそうなるのかというと、脱原発運動が電力会社の倒産につながるおそれがあるからだ、


  今の脱原発論は以前の歴史的な意味とは違っていて、電力会社を倒産させるかどうかという意味を持っている、

  電力会社は原発をやめると簡単に潰れる状態にあり、更に311の事故以降そのような活動が活発するおそれが出ている、


  そうなれば電力会社は簡単に壊滅状態になるので、そこで働いている人にとって脱原発運動は、かなり脅威に映っていると考えていい、  


  そして連合は労働者の権利を守るのだから、そういう形で電力会社をあっさり潰しかねない、脱原発運動に当然のように反対をする、

  なぜなら労働者の生活を破壊する意味があるからで、このあたりがややこしい話になっている、


  本来労働組合は左翼的なところだから、それに合わせて連合も左翼的な方向を取るのが妥当だ、

  しかし連合は電力会社と関係の深い労働組合も含まれているので、脱原発で電力会社が潰れると困る立場にある、


  そのために脱原発に反対する、不思議な左翼の労働組合という意味を持っている、


  ここでポイントになるのは、脱原発をすると一気に電力会社が潰れて、大量の労働者が失業をする可能性があることだ、

  その問題をカバーしない限りは、脱原発論は非人道的な意味を持ってしまう、その問題への対応が必要だ、


  以前の脱原発論は批判のためにおこなわれていたが、今の脱原発論は直接電力会社を潰す効果を持っている、

  そうなればその会社の労働組合は賛成ができず、反対をするようになる、


  連合が脱原発を非常に恐れていたり、その影響で自民党に擦り寄っているのは、脱原発で電力会社が潰れることを心配しているからである、

  つまり電力会社を潰さない脱原発ならば、彼らも同意をする可能性があるわけだが、そういう形になっていない、


  日本の脱原発論者は以前からある歴史をもとに、原発を批判しているけど、そのロジックは311以降の変化を含めておらず、かなり特殊な意味を持つものになっている、

  そのため脱原発論を言った時の結果が変わりやすく、そのような変化を理解しながら論を考えている、人がまったくいない、


  今の時代の脱原発論は、連合を潰す暴力行為でもあるため、単純に行えば当然連合は支援をしない、

  対立もしてくるし反撃もあるだろう、それは悪ではなく自分の会社が潰れるかもしれないという、恐怖から来ているので基本的に変えることはできない、


  このようなポイントから脱原発論を考えるべきで、なぜ新潟の知事選挙以降連合が変な動きをしているのか、その点についても広く見るべきだろう、


  私の見立てでは、連合は安保法制反対の機運が弱くなった、夏の参議院選挙以降は脱原発論が出るのではと、警戒をしていたように見える、

  その結果が蓮舫と野田の体制だといえ、このような連合の影響を受けやすい人物を、民進党の中心において操作をしやすくし、


  そこから脱原発論に野党共闘路線が動いた時に、どうそれを潰すかということを考えていたように思う、


  参議院選挙前は連合は野党共闘や、市民との政治的な協力を容認しており、それを批判することは殆どなかった、

  それが強くなったのは、安保法制に対する反対が弱くなってからで、それが脱原発論にすり替わるのを警戒していたように見える、


  そして新潟の知事選では野党共闘が、完全に脱原発論にすり替わってしまい、連合が一番恐れていたことが起こったわけだ、

  その結果、その後の補選でも強い圧力を加えるようになり、ノダに連合に忠誠を誓うようなことを言わせていた、


  この判断が正しいとすると、野党共闘をするためには脱原発をやめるか、そういう考えを弱めていくしかないだろう、

  連合の支援がなければ選挙に勝てる可能性はないのだから、脱原発をやめ安保法正反対のスタンスに戻り、組み直しをすることが大事だ、


  それができれば野党共闘はまたすることができる、平たくいえば野党共闘の邪魔になっているのは脱原発論であり、それを何らかの形で弱めることが重要になる、

  それは別に脱原発が悪いわけではなく、連合の脱原発への恐怖を緩和するプランを出し、現実的な対応をするべきだということなのだが、


  このような事をリベラルや左翼のような、イノシシ政治論者が理解できるかどうか、それが最大の難点になるでしょう、


  (ついでにいえば、この脱原発論が野党共闘のくさびになるという点は、詐欺師のコイズミは気づいていたようで、やつは今盛んに脱原発といっているけど、その目的は野党共闘を防ぐためだと見ていい、

   ほんとまあ天性の詐欺師なのだろうが、こういう嗅覚は人並み外れているけど、それがまったく人の役に立たないのが、こいつの犯罪者としての素質なのでしょうね)


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR