07 月<< 2016年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近週に一回くらい文章を書くようになって気づいたのは、そんなに政治の情報は集めなくてもいいんだなということです、

  この頃はツイッターなどで多くの情報が集められますが、そういうものを毎日見ても、週一回見てもあまり変わりませんでした、


  そんなものなんだなと思いましたが、それはともかく書いてみると、最近の話題としては蓮舫の発言があるね、

  蓮舫は民進党の代表戦に出ているが、とある発言で批判を浴びることがある、


  それは蓮舫が岡田をつまらない男と呼んだことだが、これは冗談でいっただけであり、別にそんな意図で発言をしたわけではない、

  それなのになぜかマスコミが騒いでおり、またプロパガンダかと思ったのだけど、


  現状蓮舫が民進党の党首になった場合は、民進党が選挙で勝てる可能性は高くなる、

  なぜかといえば初の女性首相という、面白い話題を作ることが可能になるからで、そういう意味で興味を持つ可能性が高い、


  残念ながら東京でレイシスト小池が当選するように、日本人は政治に興味が無いので、こういうわかりやすい話題のほうが評価される傾向がある、

  それを考えると蓮舫を民進党のトップにするのは効果があり、その結果政治変化が起こるかもしれない、


  となれば同時にそれを既得権のマスコミが叩くわけですが、そういうことが起きているのが今回の話でしょう、


  ただこの蓮舫の話で、岡田がつまらないと言ったのは全体の一部で、大半はアベ批判の話が中心だった、

  蓮舫がいっていたのはアベの経済政策は、戦後的な方法論を徹底的にやり、それが失敗したというもので、


  そういう戦後的な経済政策の限界を指摘しており、それに変わる新しい政治をやりたいといっていた、


  もし日本のマスコミがまともならば、この戦後的な経済政策で失敗したアベと、それを変えたい蓮舫の発言として報道をするだろう、

  しかしそのような報道をしたメディアはひとつもなく、連中が事実を伝えないプロパガンダ機関であることが、またわかることになった、


  個人的に蓮舫の指摘は正しいといえ、自民党は戦後の高度成長期の政党だから、その成長期の政策しか基本的は知らない、

  そのため今の時代にあった政策を作ることができず、まともな経済政策をしたことは一度もない、


  実際データを見れみればわかるのだが、詐欺師のコイズミの頃から日本の経済が、自民党の頃に良くなったことはなく、

  悪化したのが改善した程度で、成長と呼べるような動きは全くしていない、

  それは自民党の経済政策が完全に破綻をしているからで、何の役にも立たない経済政策を、何十年もやってきたら日本が没落をしたことを表している、


  そのような所があるので、個人的に蓮舫の意見は正しいと思うし、この人物ならば日本の未来を変えられるかもしれない、

  とはいえ日本のメディアは性根の腐ったクズの集まりなので、このような本質を伝えることはなく、誹謗中傷しかしないだろう、


  それをどうするかなのだけど、結局のところ日本の政治とは、政治を歪ませるメディアとの戦いであり、メディアこそ日本の政治の問題点なのだ、ということは戦前から変わらないようです、
 

  次に、同じ代表戦に前原も出るといっていたが、マスコミに買収でもされたのだろうか、

  前原は以前は出るような雰囲気はなかったが、ここに来て急に出るような考えを持つようになった、

 
  その理由になったのがマスコミの世論調査の可能性が高く、マスコミの調査では蓮舫の次に前原の支持があった、


  もっともマスコミの世論調査は政治的な意図が強いため、基本的にはプロパガンダとしてみるのが妥当である、

  そう考えると、こういう餌で前原を釣って民進党を混乱させるのが、狙いかもしれない、


  前原は以前は共産アレルギーが強く、共産党との協力はよくないといっていたが、

  最近はそういう考えを持たず、野党の共闘もするべきだと発言をしていた、


  それなのにマスコミは前原が出ることに対して、野党共闘の見直しをするために出馬をしたと報道しており、そういうズレがマスコミの狙いである可能性がある、


  つまりマスコミとしては野党共闘をされると困るので、インチキ世論調査で前原の支持を高く出し、それによって釣られた前原に野党共闘の批判をさせて、分裂工作をしようというのが、メディアの狙いかもしれない、


  そうでないというのならば、昔前原が野党共闘は重要だと発言していたのに、

  前原が出馬をした途端、前原が野党共闘を反対していると報道したのは、明らかに不自然だというしかない、


  以前もマスコミは野党共闘へのプロパガンダをしており、蓮舫が野党共闘の見直しをすると、発言したと報道していた、


  実際は参議院と衆議院では選挙の性質が違うので、参議院とは野党共闘について見直しが必要だ、といっただけなのだが、

  マスコミはそれに対して、野党共闘をやめるという意味で報道しており、非常に政治色の強い広報をしていた、


  こうみればわかるように、マスコミというのは完全に政治勢力であって、中立的な組織でもなければ、団体でもない、

  こんな胡散臭い連中を信じているから、日本人はダメなのだけど、


  ともかく、民進党の代表戦では前原が釣り上げられ、野党共闘の反対しているくさびとして、マスコミは利用をすることを考えているようだ、
  
  そういう形で前原を利用する代わりに、テレビなどの出演を増やすアプローチをして、前原の買収をするのがこいつらの狙いだろう、


  政治家にとってテレビに出るのは、簡単に得票を得られる餌なので、こういう餌をぶら下げて政治家を買収するのが、テレビや新聞のいつもやっている汚い工作であるが、


  そのようなことをマスコミは考えているようだけど、正直代表戦はマイナーな戦いになるので、メディアのプロパガンダが効くかどうかは、怪しい気がします、


  後は、そういえば病院の食事代が値上がりするようで、結構な負担増加が発生するらしい、

  病院というとたまに行くところというのが普通だが、長期入院をしている人も実は多い、


  病気というのはかならず治るわけではないので、何ヶ月も入院をしている人はいるが、

  そういう人の場合食事は病院で出してもらうので、それが値上がりすると負担が大きくなる、


  一食あたり数百円の値上げでも、月でみれば30*3で90倍になるから、数百円の値上げでも、月で数万円の負担増加になる、

  そうなれば生活ができない人が増加するが、アベはそういう予算の削減をする、


  もちろんマスコミはこの事実を伝えることはないだろうし、伝えるとしても隅っこの方に、小さく書くだけであろうが、

  それによって被害を受ける人は死活問題に近い、ダメージを受けることになる、


  こうやって日本という国はだんだん壊死をしていくのだけど、社会的に弱く数が少ないから叩いてもいい、

  そういう文化の強い日本と日本民族は、このまま行けば絶滅して消えるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR