03 月<< 2016年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  九州の方の地震はある程度収まったのですかね、何故か日本中に地震が広がっていますが、九州の方は以前ほどは揺れていないようです、

  とはいえ何が起こるかわからないので、気をつけたほうがいいのですけど、


  では今日も書いてみると、九州の地震はアベのやつが災害認定をしたが、認定をするのがかなり遅くなってしまった、

  本来災害の認定は初期の段階でやって、そうすることによって地方自治体の権限を強め、効果的な対応を促すことを目的にしている、


  そのため地震が収まってから指定をしても意味はなく、アベのやったことにはほとんど価値はない、


  災害の認定をするのは難しくなく、閣議決定をすれば自動的に認定することができる、

  そしてそういう認定をすることができれば、実際に予算が地方にいっていなくても、予算がもらえることが決まっているのだから、ある程度は自由に行動ができるようになる、


  それをしなかったから災害の被害が広がっており、そのような問題についてよく考える必要がある、


  またアベのやつは現地に視察にいったらしいが、実際に視察をしたのは5分だけだった、

  自衛隊の方には時間をかけて行ったらしいが、現地の人間のことなどどうでもいいので、写真をとってアピールをしたらすぐに帰った、


  アベは人間性のない屑なんで、こういう震災に対してはまったく対応はしないだろう、

  テレビに映っていたり、選挙対策になるならばやるかもしれないが、

  そうでないならばなにもしないと考えていい、


  同じ視察といえば共産党や民進党も行っていたが、この二つの党はしっかり現地を回り、色々な情報を集めていた、

  地元の人との話し合いもしていて、どのような問題があるのが実際に話しを聞いていた、


  それに対して自民党のアベは、現地に行って写真をとったらすぐに帰っており、現地の人を思いやるようなことは、一切していなかった、


  大体からしてこの野郎は、70万食の食料が届くから安心してくださいといいながら、それが全部コンビニへの配送で、被災地に直接届けたわけではなかった、

  そんなものコンビニ会社が頑張っただけなのに、それを自分の手柄のようにいっていたが、所詮アベなんてのはそんなものだということだ、


  この九州の震災については何度も書いているが、多分だが復興は難しいと考えていい、

  なぜかというと、自民党はアベもそうだけどパフォーマンスを重視しているので、テレビに映っていないと何もしないところがある、


  例えば自民党は東北の震災への、対応をほとんどしなくなっており、多くの人が困っていることに対して、国会で議論をすることすらしない、

  なぜかといえば、そんなことをしてもテレビに映らないからで、マスコミが興味を持たない古い東北の震災の話などに、協力をする気は連中にはない、


  そして、今のタイミングだとアベは憲法改正や、外国への軍事派兵をしようとしている、

  当然そのためには大きな労力が必要になるし、国会での議論もほとんどできなくなるだろう、


  この問題に関しては与野党の対立が強く、議論をすれば間違いなく国会は動かない、

  そうなれば震災対策は行われないが、それを野党のせいにしてアベは逃げるだろう、


  そもそもこいつにとって震災は金になるかどうかだけが重要で、それ以外の意味はないので、

  そうやって人のせいにできるとわかった時点で、震災対策は大幅に削って、野党が悪いと買収したマスコミに宣伝させるだろう、


  また、震災対策は最初のうちはある程度はするかもしれない、さすがに全くしないという訳にはいかないからだ、

  しかしそれも来年になれば、震災のことを報道するテレビはなくなるから、そのタイミングで支援もやめると思う、


  九州はそれほど経済的に価値があるところではなく、部分的に発展しているところもあるが、多くは田舎である、

  そういう所に投資をするのはかなり負担が大きく、よほどしっかりした考えでやらないかぎりは、対応はできないだろう、


  そこでアベでしょ?、あいつには腰の座りなんてものはないから、軟体動物やプランクトンのように、はっきりしない人間なので、このような難しい問題への対応はしないだろう、

  なぜかといえば、ヤツにとってはどうでもいいことだからだ、


  最初の段階でも分かるように、奴は被災地の視察に5分しか使っていない、

  それに比べると自衛隊の視察は時間をかけており、今回の震災はオスプレイなどのアピールの場として使っていた、


  そういう奴なので、今回のような難しい条件の問題に対しては、まともな対応をする可能性はゼロでしょう、

  
  もちろん批判する声が上がるとか、そういうことがあれば奴もパフォーマンスしか能がないので、対応はするかもしれない、

  けれど日本のマスコミは全て買収済みなのだから、批判をする声自体が上がらない、

  となれば九州は助からない、という結論になる、


  政治的な変化が何らかの形で起こるとか、もっと大きな震災がおこって、どう考えても対応しないといけなくなれば、別の可能性もあるだろう、


  しかし政治的な変化が起こるためには、まだ長い時間が必要になるし、今以上の震災がおこって、政府が対応をしなければいけなくなるならば、それは現地の人にとっては地獄のような結果になる、


  これから九州の震災がどうなるかだけど、批判の声が上がるならば、ある程度は対応をするだろう、

  しかし九州は自民党の強いところだ、自民党を批判するのはこの地域ではタブーであり、そういう批判の声は出てこないだろう、


  もしくは出てきたとしても、マスコミが報道する可能性は低い、
 
  となると、私の読みだけど、アベの性格からすると、最初の段階から大幅に予算を減らし、制限の強い形で形式的に対応する可能性が高い、


  前にも書いたけど、アベのやつが災害を認定したのは、その行為が必要だとわかったうえでのことではなく、

  まったく理解ができていなかったが、自分の手柄としてアピールに使えそうだったから、というい意味が強くある、


  それは当然復興をする予算でも同じような動きになり、復興をするような見せかけができる形になれば、中身はないほうがいいと奴は考えるだろう、

  それに対して自民党議員が反発をすればいいが、今の自民党は北朝鮮のような統制が強いので、党内での自由な行動は基本的にはできなくなっている、


  だとするならば予算が一見多いけど、実際に地元で使われる分は非常に少なく、多分地元の自民党議員が利権になる部分だけが流れてきて、それ以外に対する支援はほとんどしない形になる、

  そして、この復興支援のための増税を行うことになるが、それが復興のために使われる可能性は低く、アベが外国に行っって金をばらまくときの財源になるだろう、


  多分この辺りでしょう、今の自民党はテレビに映っている、プロパガンダ効果が高い、という以上のことは一切しません、

  例えばアベのやつは、5分しか震災の視察をしていないが、そこでやったのは視察ではなく、視察をしていることを写真に取るだけで、視察そのものはほぼしていない、


  こういう図式で震災対策、その後の復興計画を立ててきて、

  それで自民党万歳という、何でも自民党のやることは正しく、自民党を批判するのは非九州民という、そういう文化が強いところでは、政府に対する批判も殆ど起こらないだろう、


  批判が起こらなければ、アベ自民は増長をすることになり、さらにこういう形を進めていく、


  今回の震災を見れば分かるように、アベにとって日本とか日本人とかはゴミでしかなく、ヤツとっては軍事利権とそれによる支配体制の構築だけが、唯一興味を持っていることだ、

  例えるならば、北の将軍様とまったく同じ考えしか持っていないと、考えてしまって間違いはない、


  そういう人なので、九州の復興がどうなるかというと、形式と利権の関係が成立する程度は行うが、

  それがテレビに映らなければ一切の支援をやめるだろうし、本当に困っている人たちに対しては、金にならないので自民党は助けないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR