01 月<< 2016年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近はまた寒くなってきましたね、少し前はすごくが暑かったのだが、また冬に戻ったようです、


  それはいいとしてなにか書いてみると、いま見ている段階だと株が暴騰しているね、1000円以上上昇している、

  少し前に110円を割るような流れがあって、それが急な動きに見えたので、戻る動きがあると思っていたのだが、想像以上に強烈だった、


  だって、その日は日本の経済が、マイナス成長したことが発表された日なのに、株価が暴騰するのだから、株価に経済指標としての意味が無いことが、証明されたようなことが起きている、


  私が以前からいっている話で、日本の株価は金融的な価値は評価されているが、実体経済とは関係がない、

  そして株価に一番影響をあたえるのは通貨で、大体円ドルで一円相場が動くと、株価は500円程度増減する、

  この図式がそのまま当てはまっているように思う、


  正直500円程度の上昇だったら、そこまで極端な問題を感じなかったのだが、ここまで異様な上がり方をみると、市場のシステム自体が壊れてしまっている、可能性が高いと思う、


  そもそもアベのバカがやっていたのは、市場システムを破壊することによる、擬似的な演出である、

  例えば年金の資金を株に投入するとか、通貨の価値を無理やり下げることによって、株価を上昇させていた、


  このような行為は市場を悪用しているものであり、本来の自由競争を阻害する、市場破壊としての意味が強くある、

  そういう馬鹿なことを何年もやっていたため、日本の株式システムは根本的に壊れてしまっている可能性が高い、


  本来株式というのは、その国の経済情勢を反映させるものであるが、今はそういうことがほぼ起きなくなっている、

  今回はマイナス成長の発表があり、長期的な問題も指摘をされている、


  しかし株式の動きは、そのような実体経済の動きを完全に無視しており、何の関連性も見えないものになっている、

  上でも書いたのだけど、500円程度の上昇ならば、常識の範囲内で判断できるところはある、

  しかし1000円以上が、経済悪化の発表があったタイミングで上がるのは、完全に狂っているというしかない、


  アベのバカがやっているのは、計測器のメモリをいじるようなもので、1cmを2cmにするような、かなり異様な行為をしている、

  これでは株式ではなく、株式のように見える別のものでしかない、狂った金融システムになったと考えるしかないが、


  金融システムというのも万能ではなく、ある以上の負荷をかければ壊れてしまうことはある、

  以前の金融恐慌もそういう、別の意味で負荷がかかって壊れたのだけど、今回の負荷は異常なものになっている、


  まあこれからどうなるかちょっと分からないけど、日本の金融システムはアベのバカによって、根本的に壊れてしまった可能性高い、

  経済悪化の発表があったのに、株価が急上昇するというのは、さすがに狂っていると考えるのが妥当だろう、


  これが一時的な問題ならばいいのだが、本質的に狂ってしまっているならば、日本の経済システムもいずれ、ダメになってくるのではないかと思います、


  次に、アメリカの大統領選では、結構番狂わせの動きがあるようだ、

  例えばトランプが選挙で負けたり、民主党のクリントンが負けるなど、変動そのものは強くある、


  今回のことで重要になるのは、民主党と共和党のどちらが勝つかということで、戦争主義の強い共和党が勝てば、バカブッシュがやったような戦争の国に変わる、

  民主党の場合も似たような感じだが、共和党よりは戦争の機会は減るだろう、


  そしてオバマ政権の不人気が強くあるので、大統領選挙では民主党が不利だといわれている、

  反面、共和党は内部の対立が強く存在するので、候補者の一本化の過程で、票が割れる可能性はあるだろう、


  私としては民主党系が勝ったほうが、日本にとっては不利益にならないように思えるが、現状だとどういう感じなのか、


  今のところ、民主党はクリントンとサンダーズ、共和党はトランプとそれ以外の戦いになっており、

  民主党は結果がどうなっても、大統領候補者が一本化できそうだけど、

  共和党は候補者の一本化で、内部の対立が過激化する恐れはある、


  もともとトランプは共和党でもあまり評判がよくないので、共和党の支持者が民主党に投票することはあるかもしれない、


  アメリカは政治に対する不信が強く、実は大統領選でもそれほど投票率はよくなかった気がする、

  民主主義国家アメリカといわれているが、その選挙の中身は空洞化が進んでおり、アメリカ人にとっても、民主主義選挙はやりづらいものらしい、


  そういう政治不信を利用しているのがトランプであり、民主党のサンダースになるけど、

  候補者の一本化の過程が重要になりやすく、共和党内部がまとまれるか、というのがあるような気がします、


  後は、甘利の口利き問題があるようだな、この問題は非常に根が深くて、単純な構図は持っていない、

  一般的なイメージだと、公共事業の口利きのように見えているかもしれないけど、実際は産廃の撤去費用の騒動が原因になっている、


  今回のことを告発したのは、産廃のある土地で公共事業をしようとしていた業者で、

  そこで甘利に相談をしたら、金を請求されたのでそれを支払うと、公共事業の予算を国に認めてもらえるようになった、


  それから産廃の撤去に数十億必要になり、その相談をすると甘利が口利きをしてくれた、

  ただ金額が非常に大きかったので、簡単には交渉をすることができず、それがうまく行かなかったので告発をしたようだ、


  賄賂を渡していて告発をするのか、と思うかもしれないが、そもそも賄賂を要求していたのは甘利の側であり、業者が金を渡していたのではなく、甘利が要求をしていたので支払っていたのが現実である、


  業者側は金を支払わないと、工事がまったく進まない状態にあり、それで仕方なく金を払っていたわけで、

  逆らに飲み食いをする資金を数十回請求しており、それによる負担は数百万円程度はあるようだ、


  甘利のやったことの根本的な問題は、金を請求したことで、

  こいつは賄賂を受け取ったから悪いのではなく、数年にわたって何十回も賄賂を請求したから、それが罪に問われているのである、


  甘利のやつは金はもらったが、賄賂性はないものだといっているけど、賄賂として金を請求した証拠は多く残っており、

  こいつが賄賂を請求したのは明白な事実である、


  なんたって、業者の側は甘利とのやり取りをすべて記録しており、音声データ等も証拠としてとってあるからだ、

  そこまでやられたら、当然賄賂を甘利が請求していたのは、事実として認めるべきだろう、


  ただ、検察は何もすることがなく、アベから金をもらって、どこかにバカンスにでも行っているようで、この問題に対しては対処をしていない、

  軽い取り調べはしているようだけど、どうせ政府の犬だからまともなことはしないだろう、


  しかし、賄賂を数年にわたって請求しても、何の罪も問わないというのは、途上国でも普通ではないわけで、

  日本がどれだけ貧相で、下劣な国になったのか、その象徴がこの甘利の賄賂問題だといえるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR