01 月<< 2016年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)




    どうもこんにちは、


  最近は金融相場を見ることが多いです、円高の傾向が強くありますし、変化が起こっているなという気がします、

  いま起きている変化は、素人の排除という感じがしています、


  金融というと、一見平等でだれにでも開かれているようにみえますが、実はあの世界はカースト制というわけではないのですが、上下関係みたいな所が強くあります、

  
  例えば株式投資をする時は、どうすれば一番儲かると思いますか?、

  実は一番簡単に儲かるのが、素人を騙すことなんですよ、


  証券会社がよく株が儲かります、FX凄いでしょ?、みたいな煽り文句をいうけど、ああいうのは素人を引き込むことが狙いだからです、

  金融市場というのは、プロが素人を食い物にして出来上がっているものであり、実はそういう意味しかありません、


  ぶっちゃけていうとそうなんだけど、相場というのはかなり複雑なもので、簡単には儲からないようになっている、

  それはプロであっても同じで、専門家であっても相場は難しいと考えるようです、


  じゃあ簡単に儲かる方法がないのか、というとそれはあって、それがよく分かっていない人を騙すこと、もしくは利用することです、

    
  今の相場の流れは、日本の政策を悪用している所がある、

  例えば年金の資金を株式に投入する、そんなことをするのは私的ファンドくらいで、国家レベルでこんな事をするのはまずない、


  それはそれだけ問題が大きいからで、逆にいえば、このような動きはプロにとっては、いいカモが来たということになる、

  今相場は結構荒れていますよね、株価も暴落を繰り返すことが多い、

  なぜそうなるのか?、鴨が葱を背負って歩いていて、そこに沢山ハンターが来ているからです、


  だってアベみたいな馬鹿が、年金の資金をまるごと放り込んでくれるんだから、それを食わないことはないでしょう、おいしく頂くのがプロの仕事である、

  そしてそのおいしく頂くことが、過剰化しているのがたぶん今の市場の、混乱なんだと思う、


  つまり、アベのやつが金融市場に大量の餌をまいたから、それに食いつく猟犬みたいのがたくさん来て、それが原因で荒れているんじゃないか、どうも相場を見ているとそんな感じがします、


  上でも書きましたが、プロであっても相場で儲けるのは非常に難しい

  唯一簡単なのは、素人を食いものにすることなのだけど、それを今やっているのが日本政府なわけで、どうもその食いつきが過剰化しているのではと見えます、


  アマゾンの方にはピラニアという魚がいますが、ああいうのが住んでいる川に、肉の塊を放り込むようなもので、それが過剰化している雰囲気はあります、


  このような問題の解決に重要なのは、過剰な餌をやらないようにして、政府が金融に大きく関与をしないようにし、

  政府の金を喰おうとする、投資家を遠ざけることでしょう、


  アベのやつは年金の50兆以上の金を放り込んでいる、

  それはピラニアのいる川に肉を放り込むようなものだから、そうなれば過剰に食い散らかされる事になる、


  そういう問題を避けて、安定化させることをしておかないと、いずれ日本の金融システムはコントロール不可能になり、破綻していくのではないかという気がします、


  後は、これから相場がどうなっていくか書いてみると、今のところで踏みとどまれないと、一ドル100円前後まで行くでしょう、

  正直なところ、いまの勢いだと数日で100円割りそうなんだけど、相場が恐慌状態なので、何でもありの形になっています、


  円高になれば国民の生活は良くなるのだが、少なくともアベが株式に放り込んだ、数十兆の金は消滅をします、

  また、黒田バズーカはマイナス金利を目指していますが、実はマイナス金利にはデフレ効果があります、


  マイナス金利というのは、政府の負担を金融機関に変えるものですから、そういう金利を設定すれば、金融機関の貸出はかなり渋くなります、

  条件が厳しくなるということは、金利が事実上上がることに等しいので、金融引き締め効果が出てくる、


  そうなればデフレ的な役割になるので、円高による物価の下落と、金融引き締めによるデフレが合わされば、かなり強いデフレ効果になるでしょう、


  そうなった場合は、以前よりも強いデフレに変わってくるので、その分金融機関の負担は増大します、

  デフレ自体がマイナスの金利に近い効果を、金融資産に対して行うので、(通貨の価値が上がり、金融資産の価値が下がるのがデフレなので)

  日銀としては、金融経済の活発化のためにさらなる、マイナス金利を行うしかなくなるでしょう、

  
  そもそも日銀のインフレターゲット論は、事実上のマイナス金利を目指していたものであり、

  インフレ状態にした上で、金利ゼロを維持するといっていましたから、実際にはインフレの分だけ通貨価値を減らすことを目的にしていた、


  それができなかったので直接のマイナス金利にしたのだが、直接のマイナス金利はデフレ効果があり、更に通貨の高騰によるデフレが合わされば、日銀(財務省)のプランは頓挫することになる、


  そうなればなりふり構わず、更なるマイナス金利をしてくる可能性があり、マイナス金利によるデフレ効果を、マイナス金利で打ち消そうとする、なんだかよく分からない話になってくる、


  平たくいえば、日本の金融はこれから狂ってくる、ということなのだけど、


  まあそんな所があるので、金融に依存をしたアベノミクスという妄想は、いずれ残酷な現実を生んで、社会崩壊を招き、多くの人を不幸にした犯罪行為をして、歴史に名を残すことになるでしょう、


  それ以外だと、そういえば甘利の件は結局情報が出てこなかったね、

  甘利は10日には国会で説明をするといっていたのに、結局現れることはなかったな、


  雲隠れをすればどうにでもなるということか、たしかに今の金融問題が起きている間ならば、うまく隠れることはできるが、

  さすがに、相手の業者から直接金の請求をして、それを大臣室でもらった責任は消えないだろう、


  またこの件についてはいろいろな問題があり、賄賂を渡した人はこのようなことを証言している、

  その人は外国人を雇う予定だったのだが、その審査がうまく通らないといっていた、

  しかしそれを甘利に相談すると簡単に通ってしまい、なんだこれはと思ったらしい、

  
  自民党の政治は前時代的な陳情政治であり、国家を私物化する王政時代の考えを持っている、

  アベのバカも、日本は自分の国だと公言しているが、こんな低能なアホ連中が大きな顔をしている限りは、日本の未来はあるまい、


  近代化とは制度の機械的な意味を問うものであり、中立合理的な社会制度を作ることを目的にする、

  つまり国家制度に人間が介在しないことによって、誰でも納得ができ機動性を持った、国家制度を作るのが近代化社会では必要なのだ、


  それなのに賄賂をもらって平然としていたり、情報の隠蔽するためにドリルを使ったり、

  そんなことばっかりする人を日本人は熱心に応援する、

  まあ気持ちはわからないでもないけど、そんなことを繰り返していれば、苦しむ人が社会にあふれるだけだ、

 
  今の時代を救うのは合理性だけであり、正義や倫理、情念などでは人を救うことはできない、

  甘利のやったことは正しくないから悪いのではなく、国家制度を私物化したことに大きな罪があり、


  それを容認する体制を認めたことによって、日本が衰退していることを認められない、日本人の限界も別の意味で表している、

  そんな所が垣間見えたようだけど、甘利の件を容認するならば、日本はこれまでで、明るい未来は二度と来ないくらいに、思ったほうがいいでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR