10 月<< 2015年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日は短めに書いてみると、そういえばアベのアホが意味不明な経済政策を出している、

  こいつがやっているのは、3万円を貧困層に配るといっていたが、昔やった地域振興券をやる気なのか?、


  今の自民党はいわゆる新自由主義政党であり、極端な資本主義的な考えを持っている、

  それは思想的な意味があるように思えるが、実態はそういう形でないと税金を自由に使えず、実入りが減るので新自由主義をしているだけである、


  以前の経済は、経済成長があり拡大をする形を持っていた、

  しかし今は拡大をしない時代に入っているので、そこで自民党が権益を維持するために始めたのが、新自由主義的な政策である、


  自民党がなぜ新自由主義に走ったのかというと、それは社会保障費を払いたくなかったからだ、

  社会保障費というのは、直接国民にお金を支払うため、政治家の利権にならない欠点がある、


  そのため利権を得るためには社会保障を削る必要があり、その社会保障の削減方法として、都合が良かったので自民党は新自由主義政党になった、

  その結果日本の貧困層は大幅に拡大をすることになり、いまでは貧困層のほうが多数になり始めているが、それをやったのは自民党の利権体質が原因である、


  もし自民党が利権体質を改めて、社会保障費を国民に支払っていれば、今起きている貧困問題は起きていなかっただろう、

  今国民が貧しい状態にあるのは、すべて自民党が原因である、


  そんな所があるのですが、自民党は新自由主義政党なので、社会保障政策を考える能力がない、

  そのためこいつらは基本的に社会保障をする気はないのだが、そういうことを繰り返していると評判が悪くなる、

  その結果選挙で不利になることが多く、以前がアベが失脚したのは年金の問題であり、それに対する対応の失敗が、やつを便所に叩きこむ結果になった、


  そういう反省があるからか、今回は国民受けをする社会保障政策を出しているが、その中身というものが殆どない、

  今自民党は介護施設の職員を増やすといっているが、実際はそういうことをしていない、


  自民党は介護職員を数十万人増やすといっているけど、自民党がやったのは介護職員の、給料を大幅に下げる政策だけだ、

  そして自民党が介護職員の給料を下げたため、大量の離職者が生まれて、その影響で潰れた介護施設は多いらしい、


  また、ちょっと曖昧なところがあるのだが、自民党は介護施設に対する課税を重視しており、介護施設への金銭的な負担を高めている、

  介護施設ではある程度まとまったお金をためていることが多く、それが贅沢だとうことで、自民党はそのお金を取り上げる政策を行った、

 
  しかし、そういうお金は運転資金や、設備の維持のためのお金だったため、そうやってお金を持って行かれた、介護施設の多くが潰れることになった、

  自民党によって路頭に迷ったお年寄りも多くいたようだが、これが自民党のやっている社会保障政策である、


  しかし、それをそのまま認めると不利になるので、アベのやつは介護関係の職員を大幅に増やすといっている、
 
  どうやって増やすのかはよくわからないのだが、今までの話からすると外国人労働者を利用する可能性が高い、


  自民党では、介護や医療に外国人を入れることを緩和しており、かなり甘い条件で人が入れるように、制度を作りなおしている、

  まだ決定までいってないかもしれないけど、自民党は介護関係などの職員を、外国人に置き換えることを重視している、


  ただ自民党のやっている政策では、かなり甘い条件で外国人労働者を認めているため、日本語ができない人が大量に入ってくるおそれがある、


  介護が必要な人は色々な問題を抱えているため、細かい説明や相談ができることが重要になる、

  そういうことに対して、日本語ができない外国人労働者で穴埋めしよう措置ているだから、日本の介護制度はぐちゃぐちゃになるだろう、


  それ以外では、介護関係の人が離職できないようにする法案を考えており、強制的に仕事をやめられない、状況に追い込むことを検討している、

  介護関係者が仕事を辞めると、処罰するようなことを考えているらしいが、介護の仕事がいつから刑罰の対象になったのか、よく分からない所がある、


  このように自民党の社会保障政策はデタラメであり、介護職員を増やすとはいっているが、具体的な点では存在せず、まともな所が殆どない、


  さらに、自民党は社会保障政策として、貧困層に3万円の資金を渡すといっているが、これは一度きりであり、選挙対策に金をばらまいているだけらしい、


  そして、アベのやつは最低賃金を1000円まで上げるといっているが、そんな形になる可能性はないだろう、

  自民党は正社員の非正規化を進めており、その影響で労働環境が悪化している、


  また日本の経済は傾きつつあるので、そういう状況で給料をあげられる会社があるとは思えない、

  そう考えるとペテンで適当なことをいっているだけで、中身はないのだろう、


  このようなインチキ経済政策を、アベのアホ連中はやっているけど、まったく意味がないと考えるしかない、

  今の自民党にはまともな経済政策を考える知能はなく、連中の狂った経済政策によって、日本はだんだん暗く、未来のない社会へ変わっていくでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR