02 月<< 2014年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>04 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  多少春らしくなってきましたね、端的に言えば暑くなってきたですが、暑い春がそろそろ来そうです、


  もう春が暑くても違和感を感じませんが、それはともかく何か起きているかな、ふーむ、ネタがあるようなないような感じだね、

  ひとまずは安倍関連のネタがいくつかあるようだから、それについて書いてみますか、


  安部がオランダに行って会談をするらしい、こんなのに会うとはよほど暇な人間もいるようだが、一応日本のトップなので会わないといけないのだろう、

  安部は世界の鼻つまみ者だからね、出来れば会いたくない人物としては有名だけど、そんなのとアメリカと韓国の代表が会うようだ、


  何でも核サミットがオランダで行われて、その過程で日米韓の三カ国会議が開かれるらしい、

  そこでは慰安婦問題などは話し合わないといわれていたが、安倍側近が河野談話の見直しをするといいはじめたので話がややこしくなっている


  河野談話の見直しや慰安婦問題がないと言い始めたのは安部やその周囲だが、国際的な批判が強く何よりアメリカのアジア戦略の邪魔になるので、安部は前言を撤回し慰安婦問題や河野談話を認めた、

  そして政府としてやるといっていた慰安婦問題への検証もせず、韓国様のいうことは全て正しいですと土下座外交をした、


  それに反発した勢力が慰安婦問題を再検証して、もし新事実が出てきたら河野談話に変わる新しい談話を出すといいはじめた、

  そうしたら韓国政府が反発し、中国との外交交渉で日本批判を始めてややこしい話になっている、


  安部もそうだがやつの周囲が考えていることはよく分からないな、え~っと、河野談話は継承するといっている、
  
  しかし慰安婦問題で新事実が出たら新しい談話を出すといっているが、それは河野談話を継承していないように見えるのだけど、

  継承をした上で上書きをするということかな、だから河野談話の継承をしているから問題はないと言いたいのか、小学生レベルですね、


  重要なのは河野談話の精神であり考え方なのだから、それを継承するならば考え方を統一するのが筋であろう、

  手続きを踏むけど中身は変えますというのでは詐欺と言われても仕方がない、しかもそれを日米韓の3国会議の前にやるようではアウトだ、


  このまま行くとどうなるかわからないが、その三カ国会議でも批判は発生するかもしれないし、日本の不誠実さを宣伝されれば国際的な損失にもなる、

  右翼や保守は損失でしかないということで、安部やその周囲は日本を貧しくさせる借金と考えるべきでしょう、


  次に、安倍のやつがアンネの日記の家にいったらしい、本を破りにいったのかと思ったが謝罪にいったようだ、

  少し前に図書館でアンネの日記が破られていたから、その批判があるので外国でいい面をしようとしてやったようだが、

  靖国神社に行ったやつがそんなことをしても信用はされないが、この馬鹿のやっていることには矛盾がある、

  
  歴史的にナチスと戦前の軍部どちらが悪かったかというと、見方によるけど私は戦前の軍部のほうが問題が大きいと思う、

  どうしてかといえばナチスは一次大戦の戦後賠償による反動であったから、ある意味ドイツ人自身が悪かったわけではない、

  莫大な賠償金を要求したフランスがイギリスが起こした問題だともいえ、物価が一億倍になるようなハイパーインフレが起きれば、そりゃ国がおかしくなるのは当然だ、


  もちろんやったことが正しいわけではないけど、イギリスやフランスが過大な賠償金を要求しなければ、ヒトラーもナチスも出てこなかったわけだからドイツだけが悪いとはいえない、


  それに比べると日本の場合は特に理由がないんだよね、日露戦争まではわかるけど、その後の軍国主義には正当性がない、

  当時の軍部は外国が攻めてくるといっていたけど、外国に攻めていたのは日本軍だったし、日露戦争以後外国の軍隊が日本に攻めてきたことは殆どなかったはず、

  つまり直接的な被害や脅威がないのに、その妄想を語って外国を攻めていたのだから、被害妄想で外国を攻めていただけで正当性がない、


  過去の歴史をみるとナチスの理由はわかるけど、日本人のやったことはただの我侭で私利私欲の軍事拡大をした結果起きた問題だから、それを正しいというのは無理がある、


  安部の問題も結局そこにあって、こいつはアンネの日記のところには行くけど、靖国神社や戦前の軍部によって殺された人の問題には手を出さない、

  戦前死んだら靖国でといっていたのも、悪くいえば何の大義名分もない戦争だから、靖国神社という宗教団体を使わないと戦争にならなかったわけだし、

  天皇制もそうだろう、天皇家の権威を使わないと大義名分が全くない戦争だったから利用した

  
  だからアンネの日記に対して謝罪をし、靖国神社に謝罪をしないのは奴が馬鹿なのが一番の原因だが、根本的な間違いがあるのだと思う、


  本来であれば日本の軍事行為はナチス以上の批判を浴びるべき問題であり、本質的に重大な欠落を持った日本の性質を考えるべき題材だと思う、

  ナチスよりも日本の戦前の軍部を批判すべきで、アンネの日記よりも靖国神社の方を批判することが正しい、


  それが世論だとナチスが悪くて日本の軍国主義はあまり宣伝されていないから、日本の軍国主義はそれほど間違っていなかったという考えが出ているけど、そういう考えが出ることが一番危ないと思う、

  
  上で書いたようにナチスには理由があった、直接的な脅威や危機があった、

  そして社会混乱が非常に進んでいた理由もあったけど、当時の日本には危機もなければ社会混乱もなく戦争をする理由もなかった、

  それなのに日本はナチスのような戦争をして、人体実験をして虐殺をしていたのだから、日本のやった行為のほうがナチスよりも異常だと思う、

  
  右翼だ何だという人は二次大戦は祖国防衛だといっていたが、あれはただ単に軍事予算が削減されそうになった軍部がクーデータを起こして国家を掌握し、自分の身の保身のために戦争をしていただけでそれ以外の意味は無い、


  極端な言い方をすると当時の日本の状態ならば、一切戦闘行為をせずとも状況を切り抜けることは可能で、日本の軍事化の方向を弱めればそもそも闘いになることはなかった、  


  当時の軍部の間違いは西洋の植民地時代が終わり、冷戦構造に移行しつつあった所で前時代的な植民地支配の思想に染まり、発達していた冷戦構造におもいっきり挟まれたことが原因である、

  いわば自殺に近いことをしていたわけで、当時の軍部は何かと戦っていたのではなく、身の保身のために国を殺そうしていただけである、


  安倍は馬鹿だがその分指針としては役に立つ、何も考えない人間はある種の問題をあぶり出すには使える面がある、

  今回の件で安部がアンネの日記の謝罪をしたのに、その手下が慰安婦問題や靖国神社問題を肯定したのは本質的な間違いを含んでいる、


  西洋文明の時代が続いていてユダヤ人の影響が強かったから、二次大戦の問題というとナチスに目が行きがちだけど、二次大戦における最大の問題は日本の軍国主義にある、

 
  なんといっても戦争する理由がないのに戦争していたのだから、さらに敵国が攻めてくると思っていたのも被害妄想でそんな事実はなく、一方的に日本が外国を攻めていたのだからこんな異常な話はない、


  そういう異常性は今もありますけど、ともかく、安部がアンネの日記の謝罪をし同時期に慰安婦問題を否定したのはダブルスタンダードだが、本質的な問題を含んだ話でいる、


  それはナチス>戦前の軍部という図式で、ナチスが悪く日本の戦前の軍部はそれほど悪くはないという根本的な問題である、

  それは事実ではなくただ単に欧米の影響力と、ユダヤの影響力が強かったのでナチスの問題が強くいわれていただけであり、実際の問題を考えてみると戦前の軍部のほうがナチスよりも深い問題を持っている、

  戦前の軍部は戦争をする必要がないのに戦争をしていて、日本の軍事行動で死んだ人は無駄に死んだだけですから大義も正義も存在しない、


  日本に攻めてきた国はなく、日本が外国を攻めたことは日本のメリットにはならなかった、

  単純に軍事独裁体制が日露戦争という外国からの防衛によって生まれたから、それを繰り返すしかなかったのでそういう話を作っていただけで、外国の脅威などなかった、


  日本の周囲で起きてきたのは植民地支配の時代が終わりつつあったことと、日本のような小国の軍事力は大して役に立たない時代に入ってきていたこと、

  それれを客観的に考えれば軍事的方向性をやめて、大国同士の闘いを傍観するスタンスにたてばよく、あえてそれに手を突っ込む必要性がなかったことがわかる、


  ナチスには理由があった、しかも外国からの影響だったから本人にはどうにもならない理由があった、

  しかし日本は理由はなく、自国の権力が暴走しただけだから日本人の力で変えることは可能だったはず、

  そうすれば何百万という人は死なずに死んだ、日本人にはその罪がある、


  人間的な罪というよりは判断の罪といっていいものだけど、当時の日本人がまともな判断をすればアジアにおける死傷者は何百分の一ですんでいただろう、

  そしてその罪はナチスよりも重い、もちろんナチスの行為にも罪はあるけど、それよりも当時の日本がした判断ミスの罪は重いと思う、


  当時のアジアは放っておけば中国とロシアが争っていただろうし、いずれアメリカが介入すればヨーロッパ勢力は追い出されて冷戦構造のように変わっただろう、

  その流れに日本が手を出せる余地はなく、日本のできる事は最初からなかったわけで、謙虚に情勢を見て手を引けばすむ問題だった、

  その判断ミスで多くの人が死ななくてもいいのに死んだ、それはアジアにおける損失といわれても仕方があるまい、


  そういう前提の判断があってこそこの国の問題は見えてくる、ナチスはユダヤが盛ん批判しているから悪だと認識できているけど、

  戦前の軍部のやった判断に対する問題の指摘は、それに比べると小さい扱いになっている、


  安部は役立たずの馬鹿だが、そういう人間だからこそ問題を適切に表すことがある、

  数字でいえば無価値のゼロだからね、こいつのやったアンネの日記への謝罪と慰安婦問題の肯定騒動は日本の根本的問題を指摘している、


  戦前の軍部はナチスと同じかそれ以上の問題を起こしている、戦争する必要がないのに戦争していたのだから、こんなクレイジーな話はない、

  そういうことを日本人が自覚できるかどうかですかね、日本人の判断は異常になりやすいこと、そしてその異常な判断が多くのアジア人を殺したのだということ、

  それがわかるかどうかが日本の分岐点なのですけど、今のまま進めばもう一回同じ事をしそうです、


日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR