02 月<< 2014年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>04 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


     どうもこんにちは、


  そういえば311の震災から明日で3年ですね、あの日は大変でした、

  私の視力が落ちて分厚いメガネを掛けるようになった日でもありましたが、その後あんなことが起こるとは思いませんでした、

  私のいる所は震源地よりは遠いのですけど、こりゃ死んだなと思いましたよ、

  まあ運良くいまだに生きていますが、あれがもし日本人の目覚めを期待したものだったとすると、また来るかもしれないです、


  来ないでくれると有難いですが、それはともかく何か起きているかな、ふーむ、ひとまずウクライナ問題が起きているね、クリミア半島が独立するといっているがどうなるか、

  
  ウクライナは元々はそんなに大きな国ではなかったが、ソ連邦に組み込まれる過程でロシアの領土を割譲されて大きな国になった、

  それがソ連崩壊後にロシアと袂を分かち関係がギクシャクして、ロシアによる領土の返還圧力がかかっていた、

  それほど強力にやっていたわけではないのですが、機会があれば取り返してやろうと考えていたので、今回のウクライナ危機はロシアにとって好機である、


  そういう考えがあるので、ロシアは強引にクリミア半島の支配を進めているけど、ただ最終的には地域住民の協力が必要なので、住民投票による結論を出す必要がある、

  その投票が来週にも行われるらしいが、それに対してウクライナや欧米諸国が反発している、

  ウクライナが文句をいうのは分かるが欧米諸国の反発が意味不明で、特にアメリカの住民投票はやめるべきという発言は異常である、


  民主主義の国じゃないのかと思ってしまうが、今回のウクライナ危機は根っこには欧米諸国によるロシアへの牽制があったと思う、

  シリア問題はロシアによって潰されたから、その腹いせにやっているだろうけど、ロシア側にも思惑があって話がややこしくなっている、


  欧米諸国としてはウクライナの混乱でロシアのガス輸出が低迷し、そしてロシア海軍の中心地であるクリミア半島の混乱によって、軍事的に動けなくさせようとしていたのだろう、

  中東や地中海で騒動を起こすためには、ロシア海軍が動けては困るからその足を封じようとしたのだろうが、


  ロシア側からするとウクライナの混乱は、むかしの領土を取りかえす好機なので、欧米諸国がびっくりするくらい一気にむしり取りに来た、

  欧米諸国としてもまさか数週間でクリミア半島を支配し、ロシア領に編入してくるとは思わなかったでしょうから、対応が後手後手になっている、


  この騒動の結果がどうなるかだけど、何度か書いているようにロシアとしては今回の騒動による損失をペイしたいので、ウクライナのある程度の領土を取ってくると思う、

  そうしないと利害損得の帳尻が合わないので、クリミア半島プラスαくらいは取ってくるだろう、


  そこまでやった上で交渉になると思うが、欧米諸国にとってはそれは負けに等しいので、なんとか止めたいがクリミアが取られるのは時間問題で、今の段階では欧米諸国の負けだと思う、


  ただロシアはウクライナ西部には興味が無いので全土を制圧することはなく、ウクライナの東側に対する影響力と民族的な調和や、安全性の確保を条件に交渉してくると思う、


  ロシアがほしいのは港のあるクリミア半島だから、そこまで取った上で交渉をし始めると思うので、

  一回クリミア問題が解決した後に、第二ラウンドが始まるように思います、


  次に、安倍のアホがやった経済政策でも書いてみますか、

  マスコミは絶賛しているけど、恩恵を受けた人は殆どいないという謎の経済政策ですが、北朝鮮経済のような意味しかないのでしょうな、


  安倍の奴がやった経済政策は複雑で、別に奴が複雑なことを考えたのではなく、わかりやすくいえばこれはペテンなんですね、

  どういうことかというと、安倍ノミクズとかいう経済政策をして株価が上がったといってるけど、実は安倍はなんの関係もなかったりする、


  2013年は消費税を上げれるかどうかをこの年の景気で判断すると法律上決まっていたので、財務省が消費税を上げるために景気回復を演出したのがナントカミクスというものです、


  実はやつは神輿に乗っていただけで何してなかったりするのだけど、株価の上昇も景気回復も消費税を上げるためのペテンであっって、景気を回復させる気なんて全くなかったんですね、

  
  安倍がというよりは財務省のやった経済政策は、大規模な公共事業と金融の緩和だが、

  金融の緩和の効果は大してなかったのだけど、公共事業分経済が回復して数値が向上し更に消費税前の駆け込み需要で活気が生まれ、その分も景気が良くなった、


  反面金融緩和による景気回復はなく、金融緩和をしても市場に資金が流れず、通貨安はアメリカの金融政策に左右されているので、日本の金融政策による変動は小さかったようだ、

  ただ大胆な金融緩和によって円安を容認するシグナルを送ったため、アメリカとの金利差によって急激な円安になり、その結果経済が悪化することになった、


  日本の製造業は昔とは違い資源を輸入して製品化して輸出するのではなく、資源を輸入して加工し国内で売るのが主流なので、通貨安は一部を除き製造業に大きなダメージを与えた、

  ゆっくり起これば別だったのだろうが、急激な通貨安によって国内産業は大きなダメージを受け景気が悪化した、


  正直金融の緩和は余計だったようにしか見えないのだが、何でこんなことをしたのだろうね、

  最近の経済指標を見ても公共事業分は景気が良くなったと出ているけど、潜在的な景気悪化の要素が足を引っ張っている、あれって金融緩和による通貨安が原因だろうから支離滅裂な政策だというしかない、


  多分だが安倍の経済政策が支離滅裂なのは、奴が無能であることも理由としてあるが、もう一つの理由として新自由主義と財務省の関係があるように見える、

  正直財務省にとって金融緩和は意味のあることではない、確かに日銀の人事を支配すれば財務省にとってメリットがあるが、極端な金融緩和を財務省が支持する必要性はないから、金融の緩和は別の勢力がやったのだろう、

  そう考えると竹中みたいな新自由主義者がくちばしを突っ込んで、金融緩和論を張ったのかもしれないな、


  安倍は馬鹿だから経済政策を考える知能はないけど、軽い神輿であるぶん下の部分が肥大化していたのかもしれない、

  それが財務省と新自由主義者の共闘で、その結果政策が滅茶苦茶になったのかもしれないな、


  安倍やった経済政策の奇妙な所は支離滅裂なところがあることで、単純に公共事業をして金融政策をそのままにしておけばよかったものを、

  何故か極端な金融政策をしておかしくしてしまった、

  確かにその分株価は上がったかもしれないが、株価を無理やり上げたぶん経済は悪化したわけだから、これでは意味があるまい、


  まあ安倍は戦争をして国民の命を奪って、私腹を肥やそうと考えている人間の屑だから、一年間で国民を騙して軍事独裁を考えていたのかもしれない、

  そのために株価の上昇と公共事業による景気回復がバッティングしてもいいと考えたのか、


  そう考えるとやはり馬鹿というしかないが、悪意を持って政治家をしているやつにはこの程度の意味しかないのだろう、所詮生きる価値の無い人物なのだろうな、


  ともかく、安倍やっている経済政策は燃えるマグネシウムのように蒸発するものだ、

  もともと財務省が消費税上げるためにやった公共事業の大盤振る舞いの上に、株価を上げるためにやった過剰な金融緩和を乗っけただけだから、短期的にしかうまくいかない、


  しかも金融緩和による株価の上昇は、かえって経済をダメにするので景気の足を引っ張っている、
 
  更に公共事業は4月の消費税アップ以降は逆にマイナスになる、こう考えると安倍やっている経済政策はたちの悪いペテンでしかないな、


  このまま行くと消費税アップがセットになった小泉改革が来るだろう、橋本政権後に来た不景気と詐欺師の小泉の新自由主義政策が平行して行われるのだから恐ろしいことだ、


  どう考えても日本は終了しているようにしか見えないけど、自民党という日本自爆スイッチに投票した人が多いのだから仕方がない、後は神風精神で日本が爆発四散するのを眺めるだけですかね、


日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR