03 月<< 2011年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
地震関係のリンク、

東北震災情報、

震災被災者支援情報、

被害時の医療方法、

医療相談、

被害地での炊き出しなど、

炊き出しマップ、携帯用、

不明者の安否確認、

災害時の伝言板、

P2Pを使って携帯で音声映像の送受信ができるもののようです、

茨城県版 炊き出しまっぷ、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、



    どうもこんにちは、



  今日は書こうかどうかと思ったのですが、まあちょっと書いてみましょうか、



  それで何を書いてみましょうかね、、ではひとまずは原発の問題でも書いてみますかね、

  昨日になって急に福島原発もレベル7にレベルアップしたようで、なぜか流出していた放射性物質の量も数十倍にかさ上げされたようですが、


  やっぱ全部うそだったねぇこいつら、テレビに出て安全、安全と嘘をいっている以上その元になっているデータにも嘘があると思っていたが、どうやら今まで言っていたデータは全部嘘であったようだ、



  そして今度は、チェルノブイリよりは低いから安全だと来たね、

  多分次は宇宙空間の太陽の現象辺りを比較しないといけなくなるから、ドラゴンボールのようにスケールアップしそうですけど、



  チェルノブイリね、、う~ん、今回のことは非常に特殊な事件なんですね、今マスコミは盛んにチェルノブイリとは違う、小さいものだといっている、

  しかしそれはいわゆるスケールを変えるという手口で、錯覚を利用した手段であり実はインチキである、



  まずこういう場合はスケールがあっているか調べないといけない、基準がしっかりしているかという検証がいるがそれができていない、


  たとえばチェルノブイリはソ連であるので広大で、あの辺りはあまり人が住んでおらず、

  それに比べると日本は狭い国なので、一部がやられると致命傷になるし、人口密度は桁違いに多い、


  例えば福島がだめになれば東北もだめになる、少なくとも福島ルートは使えなくなるからダメージが大きい、

  人口密度も数十倍か数百倍はあるだろうから、被害もそれだけ跳ね上がる、



  それをマスコミはチェルノブイリより小さいから大丈夫というが、ソ連と日本が違う国であるということは考えていない、

  だから実態の被害はそういう考えでは分からない、


  福島の場合、人口密度の比較で見ればチェルノブイリの十分の一くらいの放出量だとしても、人口が十倍以上いればチェルノブイリを上回る被害が出る、


  つまり被害とは状況によるものであって、原発の問題だけを考えて被害が分かるのではなく、チェルノブイリの前例を考えれば今回の福島のことが分かるわけではない、


  福島の場合は、福島の場合だけを考えて想像しないといけない、そのスケール(定規)はいかようにも決めれるけれど、同時にその基準は常に間違いを含むことにもなり、絶対的な正当性を持つことがない、


  だから何々より何々がと言われると人は大きな印象を受け、そうだと考えてしまうが、

  今回のことに関しては、具体的な判断というものはあいまいになると思う、
 
  権力としてはそこに付け込んで、自分にとって都合の良いスケール(定規)を持ち込んでくるだろうが、国民は国民で自分にとって都合の良いスケールを持つ必要がある、


  なぜなら明確な答えがないものであるからで、互いに何らかの基準を作ってそれをぶつけ合わないと、非常におかしな問題になる、

  だから今国民がすべきことは、国民の安全を守る基準を国民が造ることだと思う、

  今の政府の言っていることは政府にとって都合にいい話に過ぎず、今回のことについて学術的には明確な基準は作れませんから、権力側は自分にとって都合の良い基準を作ろうとする、
  


  チェルノブイリよりはという見せ方もそうで、そういうものを信じると国民は不利益を得てしまう、

  だからマスコミがチェルノブイリよりはといったら、国民はではチェルノブイリとの違いはどうするのかと、今度は別の定規を持ち出して彼らの考え方を再定義しなおさないといけない、


  政府の考えは完全に間違っている、いきなりレベル7にしたり、今まで放出していた放射性物質の量を数十倍するようでは、彼らの基準は完全に狂っていると見るしかない、



  だから彼らに合わせるのではなく、こちらも基準を作って自己防衛をする必要がある、政府の言っている基準は間違いであるから守っても意味がない、

  まあましにはなると思うけど、それで安全が確保できるわけではないのだから、信じることはできない、


  今回のことは明確な基準を作れるものではない、専門家でも今回のこと理解することはできないだろう、

  だからどうとでもいえるわけで、それを利用して政府は嘘をついている、自分にとって都合の良いスケールを持ち出して、安全基準そのものがすべて崩壊しつつある、


  そこで問われるべきは国民が決めた安全基準のようなものになるだろうが、そんな制度やシステムもなくできるかどうか、

  安全は国民が決めるべき状態にはあるのだが、今までそんな事をしたこともないのに出来るのかどうか、今回の福島原発の問題はあちこちに難しい問題を投げかけているような気がします、



  次に、まあ大きなことなのでまた福島原発について書いてみましょうか、

  福島原発は私の見たところ人類の原発事故では最悪のものが起きていると思います、


  何故かというと、チェルノブイリにしてもスリーマイルにしても、あれって事故ではないんですね、

  機械が故障していたとか、設計がおかしかったというのではなく、ただ単に操作ミスをしただけであるので、事故といえば事故なんですけど原発自体がおかしかったから起きた問題ではない、



  それに比べると今回のことは完全に事故であって、操作ミスもなく完璧に壊れたのは今回が初めてでしょう、

  世界的に見ても原発の事故というのはあまりなく、壊れたのもチェルノブイリとスリーマイルくらいだから、

  その二つは操作ミスだからね、今回の福島のように普通に使ってて壊れたということはないはず、



  そういうと地震があったからではないかという意見もあるだろうけど、地震はあるわけだからその対策をしておくべきであるし、

  それに福島の地震は震度6くらいだから、それくらいならば最近は毎日起きているくらいで、別に珍しいわけではない、


  じゃあ津波があったからではないかというが、福島の辺りに来たものは高さら15メートルくらいで、これくらいならば防ぐことは簡単にできる、

  どうするかというと高台に建てれば良いわけで、今回のことでも福島原発の5~6号炉は少し高いところにあったのでダメージを受けていない、

  津波対策といってもちょっと高いところに建てればよかっただけなのだから、それをしなかったのは完全に設計ミスである、



  つまり車に例えるならば、チェルノブイリやスリーマイル事故は、運転者の運転ミスによる事故であって、車が悪いわけではない、

  しかし今回の福島の問題については、車の設計ミスや整備不良があったために起きたものであり、完全に製造者責任の問題になる、


  だから誰かが悪いというものではなく、これに関わったすべての連中が悪であるという、総合的な問題があるわけで、これを矮小化してはいけないということ、

  

  今回のことがチェルノブイリやスリーマイルと違うのは、日本の原子力設計が根本から狂っていて、まともな事をしていなかったのがばれたということであり、けっして地震のせいで起きたことではない、
  

  どちらかというと、地震のせいで不正がばれたという感じの話であり、デタラメな製品を作っていたメーカーが、たまたま事故にあって日ごろの不正がばれてしまったという意味が強くある、



  だからこうも大騒ぎなわけで、ばれてしまったからごまかすことに必死なわけよ、実は他の原発も殆どが不良品だから、それがばれるのを恐れているわけで、


  そこら辺が今回のことの違いであり、チェルノブイリやスリーマイルのように、原発に問題がなかったのに事故がおきたものと、

  原発に問題があったものを隠蔽していたのが、地震によってばれてしまったという点で、天と地ほどの開きがある、


  今回の福島原発の本質的問題は不正であり、不良品を国民に売りつけていた電力会社、そして政府の責任問題であるといえる、

  
  だからそれを回避するために政府は、安全でない安全基準とか言い始めているわけで、日本の原発の不正を隠蔽するために、でたらめなことを言っているのが本質である、



  本来原発というものは、推進派が言うように安全なものであり、そうそ壊れるものではない、

  だがこいつらの本心は、原発による利益というものを第一に考え、安全性を全く考えていなかったので、本来かなり安全になるようになっていた原発でさえ、ここまで派手に壊れてしまったというのが真相であるといえよう、


  原発は安全でそうそう壊れるものではない、それは事実、
 
  つまりは、それでも壊れるということはそれだけひどい作りを持っていて、ろくでもない運営をしていたからだといえるわけで、その関係者は厳罰をもって処すべき問題になる、
 

  これが一番の問題であり、福島の問題が今までの原子力問題の中で最大の問題を持っているのは、あまりにデタラメな設計と運営によって、初めて安全な原発のシステムを超える問題を生じたことによる、


  つまりは原発の安全性を人災が上回った問題であり、人の災いが原発よりも恐ろしいという指摘でもある、


  
  そしてここでどうするかが人災対策なわけで、今回の原発は人災であり、日本の原発は殆どが不良品である、
  
  だからそれで利益を得ている連中を一掃しないといけない、

  それが日本の原子力における最大の問題点であり、日本の原子力の一番の問題は人であるといえ、そういう事故というか事件がおきてしまったのが、今回のことであるといえましょう、
   



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR