12 月<< 2011年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 
    どうもこんにちは、



  昨日もサッカーがあったらしいですね、私は夜は寝てしまう人間なので、サッカーとはあまり見れないのですが、今回も白熱した戦いだったようです、



  さてと、それで何か起きていますかね、、実は今日は検察審査会についての話を、長々と書こうと思っていたのだけど、色々な事が起きているので別のことを書いてみると、



  まずは、エジプトで暴動が起きているといわれますね、ムバラクという大統領が反宗教的ない体制を作り、それがだんだんと独裁化していって、

  それに反する暴動が起きて体制の崩壊が起きつつあるようだ、



  これはそういうことに詳しい人によると、中東では革命が起きやすい因子があったらしく、

  一つが欧米各国の金融緩和によるインフレ、それと中東の人口の急激な増加による、若者の増加、

  なんだかそういうことが潜在的にあって、あとはネットの情報の自由化によって連携ができ、それが体制の崩壊につながりつつあるようです、



  別の見方からすると、アメリカの弱体化というのもあるだろう、

  現状でいえばアメリカと付き合う必要性は、世界的にも低下しているし、アメリカの後ろ盾を持った国家体制の崩壊というのが進みつつあるのだと思う、



  そもそも中東というのは、王政か王政に近い独裁が普通で、民主主義的なものはなく、いわゆる資源国家的な独裁というかな、独裁で実は問題があるのだけど、資源国なので経済が何とかなってしまうので、独裁が終わらない国というか、そういうところが多いのですけど、


  そういう体制は実はアメリカが石油支配をしたいので、そういう資源国家的な独裁、それとイスラム国家的な王族による独裁と、アメリカの都合のいい独裁が合わさって、殆ど変わることがなかった、



  それが変わるというのは時代の転換ですな、

  ただし裏の面もあると思う、

  
  それは何かというと、戦争の誘発というものがアメリカの狙いにはあり、アジアに中国がいて戦争がしづらいので、戦略が変わったともいえる、

  中東の混乱が中東のためになるかだが、今は金融恐慌なので戦争に対する需要が大きい、

  金融の混乱は戦争によって止めるというのが、まあいい手ですからね、

  戦争をすれば消費だけをどんどんできるから、経済効果が大きい、特に金融の問題のような底なし沼から脱するには、戦争のようなカンフル剤が欲しいと欧米諸国は考えているだろうし、


  それに中東の混乱に乗じてイスラエルか拡張をし、それが慢性的な中東問題に発展するという可能性もある、


  運命のサイコロを振るのはいいのだけど、このエジプトの問題は悪い目の出る可能性も高い、あとはエジプトの人々の運のよさと、判断の正しさがどの程度現れるかどうかですが、わたしの見た感じうまく行く確率は半々ぐらいかなと思います、



  次に、菅氏が国債の問題に疎いといったらしいね、

  まあここで菅氏が国債の問題饒舌に語りだしたら、誰もが疑るところなので、その発言は素直でよろしいが、

  ともかく財政の問題ね、聞いたところではアメリカの格付け機関が、日本の国債の基準を下げてそれが消費税を上げるという圧力ではないかということだが、


  確かそれは前IMFからもそんなのが来ていたね、ただそれはIMFに天下りか上がりしている、財務省官僚が言っただけなので、財務省がIMFを通していったということなのだけど、


  今回も似たようなものじゃないかな、その格付け機関というのは、ワイロを貰えば何でもするところらしく、

  今のアメリカの金融恐慌の原因になっている、土地バブルの原因もその格付け機関が、クズの債権を非常にいいものだと宣伝したことが原因にあるわけだし、そういう連中の言い分をそのまま信じるわけには行くまい、



  まあ確かに日本の財政問題はあるのだけど、私の知る限り日本にはまともな財政政権計画はなく、理論上こうであるという意見はあるのだが、その現実のシュミレーションは行われていないので、具体案はない、


  それはそういうことをいっている専門家も認めていて、財政再建の方法論は経済学にはあるのだけど、日本の借金はその規格を大きく外れているので、その理論ではどうこうできない、


  今の日本の借金の問題を解決するには、100年単位の計画が必要で、そこまで計算できないと財政再建案にならない、



  だから今、その格付け機関とかIMFが財政再建というけど、彼らだってその案は持っておらず、日本政府にもそんな案はない、

  それでなんでこうも財政再建というのかがよく分からないので、だから菅氏が疎いというのも間違いではないのだけど、


  この世のどこを探しても財政再建案は存在しないので、いろんな人が財政再建というけど、誰一人としてそんな案はもっていない、
 
  そこら辺がいつも不思議なんですけどね、財政再建というけど、財政再建を本当に考えている人はいない、この矛盾が一体なんなのかが気になります、



  後は、なにやら噴火とかが起きているようですね、宮崎と鹿児島のあたりとか、

  他でも鳥インフルエンザがはやっているらしいね、これが長野のほうまで来ているというが、


  う~ん、これはちょっと私が思っただけなのだけど、どうもそのまんま東が原因じゃないかという気がする、

  なぜかあいつが東のほうに来ると病原菌がバーっと広がるんだよね、

  噴火も宮崎だし、牛の病気も宮崎だったよね、ちょっと不自然な感じがする、


  まあこういう考えは誹謗中傷にしかならないのだけど、それに理論的に、もしくは科学的に見れば間違った考えなのは分かるのだが、

  歴史的に見ると、こいつがいるから問題になったとか、こいつがいるからああなったというのが多くて、どうもこのそのまんま東という人物は、そういうものが憑いて回っているんじゃないかという気がする、



  オカルトっぽくはなるけど、私が思うのはそういう人間が東京都知事になろうとしているのは、問題じゃないかという気がする、

  運不運の問題で、それはその本人の問題ではないとはいえるが、さすがに不吉すぎるんでね、


  まあ東京都と知事選にはろくな人間は出ないようだけど、このそのまんま東というのは何か危険な感じがしますね、

  この人はタレントでいいんじゃないか?、何か天分を間違えたことが神の怒りをかっているというのは、妙な考え方になるけど、どうもこの人物にはそういうところがあるように思います、







関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR