07 月<< 2009年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
    どうもこんにちは、



  なぜだか知りませんが、まだ酒井法子さんのことをテレビは言っているようですね、火に油を注ぐというか、薪をくべるというか、どんどん燃やそうとしているように見えるのだけど、やはりこれは普通の話ではないのかね、

  人間は感情と理性では感情が上回り、理性というものは強い感情の前では消失しやすい、

  小泉政権がいつもやっていたのがこの手でね、感情的にあおって理性的判断を奪うというのが、この詐欺師のいつもの手だったのだが、今回も似たようなことが起きています、


  私が気にするのは、自民党といえば北朝鮮と関係が深く、自民党が不利になるとミサイルと撃ってくれたり、核開発をしてくれたりと、あうんの呼吸というか自民党が不利になると北朝鮮が動くことが多く、


  今回のことについては、北朝鮮が覚醒剤を大量に売りさばいているということと繋がりがあるように見えて、どうもそのあたりと関係があるのかなあという予感がある、


  例えばこう騒いでおいて、民主党にそういう問題をぶつけてくるとか、それぐらいしてきても不思議ではない、

  
  私が気にしているのはそのあたりなのですけど、ただの国民を選挙から目をはなさせるくらいの意味であればいいのですが、自民党ですから、疑っておいたほうがよいような気がします、



  次に、民主党が挙げた高速道路無料化でCO2の排出が増えるのではないか、ということが少し前に話題になったらしいですが、

  いっている事は、民主党の言うように無料化すれば車依存が高まり、それによって他の交通機関の利用が減ってCO2の排出が高まるといっているらしい、


  この点は阿呆も言っていたから、この意見はネガティブキャンペーンのような意味が強いのだろうけど、まあ一理はあると思いますね、

  確かに高速が無料になれば、利用者が増えるし車を使う人も増える、

  ただそれがどのくらいであるかというのは、推測の域を出ないので、こうなるであろうという考えをもとに考えるのは間違いであろう、


  また、別の見方からすると、一般道を走っている車が高速道路を走ることによって、効率よく走れるからCO2が減るという意見もあり、一方で増えるという意見もあれば減るという意見もある以上は、どうであるかはまだ分からないと見るのがいいでしょう、


  そもそも今の試算というものは、自民党のやっているETCが1000円であるのを基にしていて、それが無料化されるととは言ってはいるけど、

  ETCの場合は、高速道路のすべてのレーンで使えるわけではないのだから、料金所がすべてETCでない状態で、多くの車が集まったことを前提に、無料化するとこうなるというのはおかしいだろう、


  日本の高速道路の渋滞の原因の多くは、料金所であるのだから、無料化して料金所がなくなって渋滞がどうなるかということも考えなければならないし、

  また上で書いたように、一般道を走っている車が高速道路を走ることによる、交通の効率化によるメリットも合わせて考えるべきであり、現状の試算ではなにかの選挙対策のようにしか見えない、

  
  環境対策は考えるべきではあるが、本来無料である高速道路を有料化していることはおかしいのであって、高速道路を有料であるという前提で考えていることが、この試算の誤りではないだろうか、


  有料であること自体をおかしいと考えていないわけですから、考えが根本的におかしいわけで、無料化してCO2がというのならば、なぜ海外では有料ではないのかというところも考えるべきでしょうし、そしてそこまで言うのならば海外の高速道路を有料化するという意見もいってもいいだろうが、なぜか国内の話に終始している、


  外国では無料の上での削減を考えているのに、なぜ日本では無料化自体がいけないのか?、外国のように無料化した上で削減を考えればいいのではないだろうか、


  結局その無料化するとCO2が増えるといっている、どっかの教授もNPOにしても、回顧主義というか、今までが正しくてこれからが間違いであるというそういう意見で考えているわけで、そんな未来を否定しているような連中が、国の将来にものをいうべきかどうかという気がしますね、


  
  後は、ついでだから自民とのマニフェストの問題について書いてみましょうか、

  私は自民党のマニフェストをまったく信じてはいないんですけど、多くの人がそうですよね、だって言ったこと全くしていなからな、


  結局郵政解散というのは、実は軍事クーデターのようなもので、郵政解散の後にやったことといえば、全部軍事的な法の強行採決ばかりで、改革とはいうけど独裁を目指していただけというのが、4年前の郵政クーデターだったのでしょう、


  で、そういう連中がまたマニフェストを出して、ああだこうだというのだけど、これも書いてあるだけで全部嘘で、やることはたぶん軍事路線だけでしょう、後は公共事業利権あたりか、    


  自民党のマニフェストというのは借金の証文のようなもので、自民党に票を入れると、マニフェストに書いてある極端な軍事論を承認したことになって、それを世論だといい始める、


  自民党はこの4年共謀罪とか、そういう戦前の軍事独裁を目指すような非常に危険な独裁体制を目指していたが、その正当性が郵政解散での支持を基にしていて、郵政民営化のマニフェストにそういう軍事的な極端な論を書いておいて、それを支持したのだから民意だといっていた、


  しかし多くの人から見れば、郵政解散とは郵政民営化でしかなく、それが軍事独裁を容認したことだと思った人はいなかったでしょう、

  が、結果的にはそうなって、それを最大限に利用していたのが、ここ数年の政治であった、


  だから今回の自民党のマニフェストは、同じような意味があって、自民党を支持するということは、その極端な軍事路線を認めたという借金の証文に判子を押すことになるので、その点は気をつけたほうがいい、


  今の自民党のマニフェストはほとんど地雷というか、連帯保証人というか、そういうものになっているので、

  自民党を支持をするのならば、そういう危険性を負うことを覚悟したほうがいいでしょう、





  さて、それはいいとして今日は、存在しない日本、という事でも書いてみようかと、

  これも昔書いた覚えがありますが、今の日本という国は主体性がなく、日本のために何かをするとか、日本とってどうであるかという事を基本的には考える事ができません、

  例えば小泉政権を見ても、日本のためなんて一切してなかったわけで、日本という国の制度そのものが、実際は存在していないわけですよね、


  でまあ今回はそんなことを書こうと思っているのですが、


  それで存在しない日本という事で、全く存在しないという事ではないのですけど、日本という国は事実上存在していない、

  私の見る限り日本という国が、自立的な判断をしたことはなく、また日本人自身も自らの考えに則って行動したこともない、

  前も書いたのですけど、日本という国の希薄さ、何か現実でないものを現実だと思わされている感じ、そういうところが日本では強い、


  例えばこれがこうであってこう正しいという話は、日本では多いのだけど、

  ではそれが具体的に日本や日本人にとって意味があるのかというと、そういうわけではないんですよね、


  新自由主義といっても、それはアメリカの都合でやっていただけで、日本のためにやっていたわけではなく、日本のことなど全く考えずにやっていた、

  教育もそうだね、いい大学とはいうけど、それがなぜいい大学なのかという事は誰も考えていない、

  政治とかの制度もそうで、何々が正しいというがそれが具体的な意味を持っているかは誰も知らない、


  この国は完全に空洞化した国で、すべての物事の中身がない、何故それが必要であるのか何故それがそうであるのか、具体的に日本人にとってどうであるのかという考えが存在しない、


  主体に日本というものや日本人というものがいなく、システムと構造だけがあって、日本にある制度なのに日本のためにはない、そういう不思議なところがある、


  今まではそれは情緒であるとか、日本人の和の考えであるといっていたが、しかし情緒も和もあくまで日本人にとってどうであるかという意味のはずだから、日本人にとって意味のないものばかりが日本にあるというのは、情緒とか和とは関係のない話のような気がする、


  今の日本ではこれが正しいからこうすべきだという、話の先がないんですよね、たぶん日本の手詰まりの原因はここにあるのでしょう、

  それはつまり、日本ので行われることのほとんどが、実は日本人のために行われているのではなく、たぶんアメリカのために行なわれている事が原因になっているのだと思うのです、


  だからなにをしても意味がない、結局日本で起こる事のほとんどは日本のためにしているわけではないので、永久に日本はよくなれない、


  これを日本人は打ち破らないといけない、日本という国を見渡してみると、その多くが日本人のためにあるのか、もしくは日本人が考えたことであるのか、そういう日本にとってどうであるかという地に足をつけて作り出されているものがほとんどない、


  そしてそういうことを長年繰り返してきたから麻痺しているだろうけど、本質的に日本という国は狂っているし、ちゃんとした意味も持っていない、

  今の日本は無駄な徒労を繰り返しさせられている、哀れな奴隷みたいな状況にいて、しかもそれがなんであるのか分っていない、


  しかし世の中甘くはないので、日本の主体を日本に戻さなければ、多くの人が不幸になりまた死ぬことになる、

  それを避けるためにも、やはり民主主義的な国民の意見を強く出すという事、強く出すことによって日本人の意見を日本に対して出すという事、それが重要ではないだろうか、


  今の日本は空洞化した張子みたいな状態だから、人々が幸せになるのが非常に難しいところにいる、

  そしてそれを変えるためには日本人が日本人のことを考えれるように、この国の形を作り変えなければいけない、

  たぶんだが今はそういうことを要求しているのではないだろうか、それに対して国民が答えられるか、これが日本人の運命を分けるでしょう、





    それでは、今は週三回ですので次回は水曜日になります、では次回まで、








関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR