09 月<< 2006年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

    どうもこんにちは


  最近、ネット用に使っている古いパソコンがだんだん壊れてきまして、すごい音がします、ブログのアップくらいは何とかなりそうですが、十年位前のものですからそろそろだめなのかなあと思っています。 さて、それはいいとして今日は、国家は人間ではないということでも、少し前にちょっと見たサイトでこんなことが書いてあったのですが、日本が中国に対して弱腰なのは何故か?、というような内容のことが書いてあったのですが、それをみていて思ったのが、国家というものはただの制度にすぎず人としての意味はもっていない、なのになぜ国家の弱腰という人間的な意味で国家というものを考えているのか?、ということが疑問になったのでちょっと書いてみようかと。


  それで国家は人間ではないというのは、国家制度は制度にすぎず、別に生き物ではなく、また生き物ではない以上人間でもないのだが、そういうものに対し何故か人格のようなもの、もしくは人のような考えを与える事が結構あるということ、それもけっこうな確率で起き、かなり高い確率で 国家=人 のような意味を含めようという動きが起こる、しかし、そもそも国家というものは制度の集合体にすぎず、意味合い的には物理的に積み上げられた建造物に近いものであり、国家を人というのはピラミッドを人と呼ぶ事に近いことでもある、国家は人間ではないが、なぜか人間のように見せようという動きがよく起こる、これは何故か?。


  私がこのことを考えていて気づいたのが、国家が国民を操ろうとしたときに嘘の顔を見せているのではないかなと思いました、つまり国家というものの真実ははただの物ですが、しかしただの物では国民をひきつけ利用することはできませんよね、それならどうするか?、それをどうにかするために、国家は人間のふりをしているのではないかと思います、国家が人間であるように見せて国民をひきつけようとしている、むかしの軍事政権もそうでしたが、国家が人のように見えれば見えるほど、国家制度は国民を操りやすくなる。


  たぶんこのことが国家制度が国民を操るときの、基本的な方法なのでしょう、むかしから国家というとだいたいこのような方法をとっていましたから、たぶん国家制度側からみると色々とこの方面の方法があるのでしょう。 まあむかしの場合は国家成立の段階だったので、国をまとめるための方策として仕方がないにしろ、近代においては国家制度が人間のふりをして、まともな結果が起きていないというのは考えねばならないことだと思います。


  国家が人間のふりをする、そのことによって国民に近い物であると錯覚させ、その結果国民を操りやすくするという方法は、近代のおいては非常に強力になった情報伝達能力、そして軍事能力、その二つと合わさって、非常に凶暴な、そして破滅的な結果を生んでいる考え方です。 過去の例を挙げれば一次対戦、二次大戦ともその考え方国家の擬人化と、軍事力と情報能力が合わさって、国家全体が狂ったように突き進んだ結果ともいえるものだと思います。 原始的な国家状態においては、国家の擬人化というものは、国家のまとまりがまだできていない状況ですから、国民の気をひきつけるためとしてそれほどは間違ったものではないのですが、近代においては人類の力、国家の力があまりにも強くなりすぎたがゆえ、擬人化した国家というものがまとまりのない狂ったものにしかならなくなってきていると思えます。


  全体的に国家は人間ではないというのは、国家自体は制度にすぎず人のような意味は一切持たないが、それでは人の気がひきつけれないので、むかしから国家は人のふりをして、国民の気を引きそして国民を操ろうとしていたわけです、それは古代においては国家成立上不可欠な要素であり、それほど間違いではなかったと思います。 しかし近代においては、軍事技術の向上、そして情報伝達の向上により、過剰なまでの国家権力というものの成立が可能になっています、そういう状況においての国家の擬人化というものは、過去の世界大戦のように破滅的な状況しか生まない、非常に危険なものになってきていると思います。 ですからもし今の日本で、国家制度の擬人化的な考えに出会ったら、できるだけ無視をし、今のような近代国家においては国家は合理的道具でなければならず、国家自らが自分自身の過剰な力で狂うような、国家というものの擬人化という考えを無視し、国家は人間ではないと、冷静に考えるのがよいのではないかと思います。




    それでは、今日は木曜ですので、次回は来週の火曜になります、ではよい週末を。
  




関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR