04 月<< 2006年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
    どうもこんにちは

  
  最近は暑いですね、なんというか夏真っ盛りで、むかしだったら、八月末ぐらいの気温といいますか、それぐらい暑いです、しかし、ほんの十年ぐらい前は、そんなに気候もおかしくなかったのに、何でそんなにおかしくなったのか、やっぱり中国あたりが原因なのかな、他には考えられないので。 さて、それはいいとして、今日は、破壊と創造、ということでも、破壊と創造、今の日本のすべき事ですね、戦後という時代が終わり、次を作らなければならない、そのためには破壊と創造がいる、しかし破壊と創造は相反する概念であり、両立には微細なものを見抜くような洞察力がいる、なぜなら破壊と創造をそのままぶつけてしまえば、何も残らないからだ、だからその二つを微妙にずらして、すれ違うようにし、破壊と創造の循環を作るようにする、のが理想形ですが、まあそこまでできる人はあまりいないので、実際は破壊時期と、創造時期に分けて、時間をずらすのが普通だと思います。 今の日本は、破壊の終わり、つまり、破壊時期の終了に近づき、そろそろ創造的時期に入らなければいけなくなってきていますが、その折り返しなどについて考えてみたので、書いてみようかと。


  破壊と創造、シンプルなタイトルだと、目的が絞りづらいので書きづらいのですが、まあ、日本の事について考えてみると、今の状況は、破壊の終わりですね、これ以上は破壊をしないほうがいい、これ以上は破壊というよりは、破滅に近いものになる、破滅してしまったらもう創造も難しいので、さすがにそこまでいってしまってはいけないでしょう、そろそろ今の動きをとめなければいけない、これ以上の破壊はもう意味がないと思います。 ですから、今まずすべき事は、破壊を止めていくこと、破壊の必要性が下がっていると認識し、破壊の全部をなくす必要はないにしろ、全体的に減らしていく傾向に持っていく方法を探っていって、ひとまず破壊を止めねばならない、なぜなら、上で書いたように、破壊と創造は、同時にやっても意味がないから、破壊と創造の時期をずらさないといけない、そのためには破壊を止めないと、創造ができない。


  破壊と創造とはいいますが、まず破壊と創造は両立の難しいものだと認識しないといけない、微妙微細は違いを見抜き、破壊と創造をずらしてやるなら、両立もできますが、一つの同じものを破壊し創造するというのは、なかなかそう上手くいくものでもないので、実際は、破壊と創造を分けたほうがいいと思います。 まあ、それで日本の場合、その点は上手くいっていると思います、ただし日本政府以外はですが、日本政府は根本を壊していないので、破壊というよりは、破壊のふりをして実際は壊れていないものが多いので、日本政府にかんしては、破滅に進んでいるようにも感じますが。 やっぱり壊すという事も、考えがあって壊さないと、あんまり意味がないのではないかと思います、今の政権は、映像的破壊なんですね、例えば映画の破壊シーンとか、そういう次元で、壊れているのはセットだけなので、実際は何も壊れていなく、実際はまだ壊す前のものが多く、今の政府の中身は、破壊というよりは崩壊に近く、これについてはある程度諦めたほうが良いかもしれませんが。


  まあ、とにかく、日本国内、日本政府を除いた部分の破壊は進んでおり、日本政府以外は、そろそろ創造の段階に入るべきで、破壊活動も抑えていくべきでしょう、ただし、日本政府は馬鹿なので、自分の身を切る事は一切せず、破壊映像シーンのために、まだ国民の色々な事を壊し、何かをしたふりをするでしょう、それが破壊を止めるということの最大の障害となるでしょうが、まずそれを考えないといけない。 そのためには、国民に対しての破壊はもう不要、政府自身の破壊についてのみ、政府は考えるべきだと、強く政府にいうべきだと思います、まずそのあたりが問題になるとは思いますが。 そのあたり、国民の社会の破壊と、政府の制度の破壊のスピードのずれ、そのあたりが問題になるかもしれません。


  全体でいえるのは、今この国は破壊と創造に必要性に立っている、そして、国民の努力により、国内の破壊は終わり、国民の生活の世界については、創造の段階に入るべき状況にある、しかし、政府にかんしては、破壊というものをしっかりしておらず、中途半端な破壊が、崩壊を招いており、これはまだ破壊する必要性がある、しかし、政府は自分自身の痛みを避け、自分自身への破壊を避け、それを国民に振り向ける恐れがある、つまり、政府は自分自身の破滅の道ずれに国民を引き込もうとする恐れがある。 だからひとまずこれに反発しつつ、国民の側では破壊を止め創造的に動き、政府に対しては、政府自身の破壊、つまり身を切らせる事を強要し、自分勝手な動きを抑えねばならない、そもそも政府自身の崩壊は、政府自身に対する破壊の甘さによる、だから、政府自身は、崩壊を防ぐため自身の破壊をさせ、国民については、もう破壊はいいので、段階的に破壊を減らし、創造段階へ移行する、その二つを上手く分けれるかどうかが鍵のように感じます。





関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR