11 月<< 2005年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 
    どうもこんにちは


  最近は、円高、円安と揺れてますね、私の聞いた話では二月ぐらいに円高になると聞いた事があるのですが、どうなんでしょうか、今の内にあれこれしておいた方が良いのかどうかと考えています。 さて、では今日は、タイトルにあるように、構造の改革とは本来どうあるべきか(準備編)、ということでも書いてみようかと、なぜこんな形にしようかと思ったのかというと、実は他の方のブログを見て、3部構成とか、そういうことをなさっている方がおられたので、私もやってみようと、ちょっと野心を出してみたのですが、、、何となく失敗している感じがします。 本当は、構造の改革はこうあるべきなのに政府はこうである、これは間違いではないか?、という風に書こうと思っていたのですが、政府のやっている事は、批判できるレベルでも無いようで、最初のビジョン編以外は失敗している感じがします。


  しかし止めるわけにも行きませんので、では、準備編というものでも書いて見ようと思います。 

  構造の改革をするための準備ですね、まあ、準備といっても色々ありますが、国家の構造の改革の準備、それはやはり、国家の大事ですから、失敗が出来ないという事や、変えた事の影響も大きいですよね、ですのでそれを補正したり、調整しなければならないわけですよ、国家のレベルで何かを変えよというわけですから、何かあったら大変ですよね。 ですから何をするにしろ、それが上手く行かなかった時のために、第二、第三の手をうっておいて、備えておく、やはり、大きな事をする以上は、それなりの準備、備えが必要で、何も考えずただやれば良いわけではないと思います。


  今、政府のやっている事は、大規模な改革でなく、小刻みな小さい改革なので、私のイメージしている、時代の変化に対応する、国を変えるような大胆な改革とはイメージが違うので、ちょっと話がずれてしまうのですが、まあ言ってみれば、いま政府がやっている改革は、戦略的というよりは戦術的な、局地的な改革に感じますね、ですのであまり全体的意味は感じではないようですが、、では、まあ、その小さな局地的な改革の準備でも考えてみると、局地的で単体でうっている手ですので、相互関係が少ないですから、その改革の成り立ちやすくするための準備と、改革の意味が最大化するような準備をすべきだと思います。


  それで、いままで政府のやってきた改革を思い浮かべてみるのですが、どうも上手くイメージがつかめませんね、どうも今やっている改革は目的自体がはっきりしていないので、それを成立させるための準備の必要性というものが考えづらいです、最終的にどうするか?、というのがしっかりしてない状態では準備についても考えづらいというか、、、。


  やはり、いまの政府のやっている改革は小規模ですが、改革である以上は、小規模なりのビジョンが必要だと思うのです、その改革をした結果、どう良くなるかという像といいますか、青写真のようなものがいると思うのですが、、、今までの改革でそういうものってありましたっけ?、なんか、官から民へとか、無理や無駄があるからとか、そういう話はあっても、ビジョンは無かったような、スローガン的な、国民に訴えかける所はあったように思いますが、そもそもどう改革するかというビジョンのようなものは、無かった様な気がしますね、よく考えてみると。
  

  どうやら、私のこのブログで書く予定だった、改革は本来こうあるべきで、いまの政府のやり方、やってきた事はこういう風に間違っているんですよ、という風に書いて今の政府に疑問を投げかける方法は失敗したようです、何故かって、よく考えてみたら、批判できるレベルでもないということがよく分かってしまって、こんな低次元な事ばかりやっていたんだなあということが良く分かってしまって、批判のしようがないというか、よくよく考えてみると、今までやってきた改革って、何が目的だったんでしょうか?、後々になって冷静に考えてみると、改革の目的が何もなかったように見えるのは、気のせいでしょうか、私には何か誤魔化すための、ただのショーだったようにも思えます。



  では長くなってしまいましたが、今日は金曜ですので、次回は月曜ですね、では、良い週末を。




//


  これは構造の改革をするためにはどうするべきかという話ですね、前回の二回分で前提になる考えを書いておいて、それが具体的にどうなっているかの検証をしてみたら、何もなかったという話です、

  小泉構造改革とはいうけど、ビジョンも目的も計画もないそんな改革があるわけがないですよね、

  だからその事について考えてみたけど何もなかったということで、当時の私も書いていますがこの三部作作戦は失敗してしまったようです、


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR