06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、少し前に話題になったものとして、財産税という話があります、

  まあネットで話題になっただけで、マスコミはほとんど取り上げていなかったが、


  今の自民党は財産税の導入を考えており、数年後にはやってみたいと考えているようだ、

  そもそもマイナンバー制自体が、財産税を行うための制度であり、

  自民党がマイナンバー制度を重視したのは、将来の財産性を行うためである、


  (もっといえば、住基カードもそういう意図があって、このカードがうまく行っていたら、もっと早く行われていただろうけど、)


  そんな所があるので、今自民党は財産税をする予定らしいが、この財産税というのは一種の破産処理である、

  財産税というのは、銀行に預けている資金から税金を取ることで、例えば年5%資産を没収する、という形で行われる、


  実は戦争の直後にも似たようなことは行われていて、当時国民の資産の殆どを政府が没収し、

  それを軍部の借金返済に当てていて、預金封鎖が行われ、新しい通貨の発行をして、国民の資産はこの世から消えてしまった、


  今回も似たような感覚なのだろうけど、マイナス金利と財産税をすれば、国民の資産で政府の借金を相殺することができる、

  このような問題は財産権の侵害だと思えるけど、実はこういうことは合法である、


  戦後直後に預金封鎖され、国民の資産の殆どを没収され、その資産で国の借金を返した時に行われたのは、徴税だった、

  明らかに国民の資産を没収しているのだけど、それを税的な手続きで行ったので、国家の徴税権で資産を回収したことになっており、財産権の問題は守られている、


  そして、こういうことが起きたのは戦前ではなく、戦後なので、今でも徴税権を使って、国民の資産を没収することは可能だ、

  なぜなら今と同じような国家体制で、そういうことが行われたことがあるからだ、


  自民党がマイナンバー制度を行い、それから財産権の検討をしているのは、破産処理の考えが強くあるだろう、

  今の日本には大量の借金が存在するが、実はこの借金をどうするかは全く考えられていない、


  政府のいうプライマリーバランスとは、支出と収入の関係を考えているだけであり、借金の返済を考えているものではない、

  そのためプライマリーバランスで財政再建と、自民党はいっているが、実はプライマリーバランスへの対応だけでは、借金はまったく減らない、

   
  そういう所があるので、明らかに日本政府は借金を国民の押し付ける予定で、

  そのためのマイナス金利であり、財産税のプランを考えていると見るのが妥当だろう、


  このような動きが強く出てきた理由として、国内資産よりも借金のほうが大きくなってきたことが原因にある、

  今の日本の資産と、国の借金はだいたい同じくらいで、将来的には借金の方が上回るだろう、

  もし借金が国民の資産よりも大きくなれば、借金の相殺ができなくなるので、早めに国民への責任転嫁をしようとしている、


  そう考えると財産税の導入はそう遠くはなく、自民党の体制が続くならば、1~2年後にはこのような税金を支払うことになるでしょう、

  多分最初は少額だろうけど、段々金額が上がってくるはず、


  そして自民党は金持ちのための政党なので、貧困層に重く、金持ちにゆるい税にして、偏った形にするはず、

  戦後直後の財産没収でも、あまりお金がない人が集中的に狙われたらしいので、今回も同じ手で来るかもしれません、


  次に、相場のことでも書いてみると、この文章は少し前に書いているので、今起きていることとはズレがありますが、

  私のいま見ているタイミングだと、円高株安になっています、


  日銀がマイナス金利をしたタイミングでは、金融株以外が上昇し、円も大きく円安になりました、

  しかしその勢いはあまり強くはなく、段々円高に戻りつつあるようです、


  そもそもいまの円高は外的要因が強く、日銀の政策によって変化が起こせる範囲は狭い、

  たとえばアメリカの金利引き上げ、中国経済の悪化、石油の下落などは、円高の原因になるけど、それを止める方法は日銀にはない、


  そのため、日銀がアピールをしたタイミングでは、大きく市場は反応をしたけど、その後はすぐに戻っている、

  更に少しずつ円高傾向が出てきており、それを考えると日銀のやったことは、不発だったのかもしれない、


  そして円高になれば株安になるので、また株安の傾向が出始めている、

  いまの株価は通貨と連動していて、それ以外のこととはあまり関係がないので、円高になると強制的に下がることになる、


  そういうところがありますから、日銀としてはマイナス金利で円安株高にする予定だったのだが、

  実際は、マイナス金利を無視して円高傾向がでており、それによる株安の動きもある、  
  
  まあこの話は私が見ているタイミングでのことなので、いまどうなっているかは分からないけど、

  やはり全体的に見ると円高の傾向は強く、それを日銀の政策で変えるのは難しい気がします、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社







 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR