10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

不在者投票のやり方

期日前投票のやり方



    どうもこんにちは、


  今回の参議院選挙はどんな感じですかね、マスコミが報道を一切しないで、アベマンセーというだけの下らない形に、なるかもしれませんが、

  日本て民主主義といいながら、実際はマスコミ主義の国家だから、自立した国民のいない社会では限界があるのでしょう


  選挙で話題になっているのは山本太郎氏で、ポピュリズムといわれているが個人的には嫌いではない、

  ポピュリズムは国民の興味を引くし、投票率が高くなる可能性もあるので、野党にとっては悪い話ではないが、


  ただどうも今回は山本太郎氏は当選をするのではなく、党の候補者が勝つのを狙っている感じがする、

  結果としてどうなるかは分からないけど、少しでも目立ってくれれば他の党もやりやすくなるでしょう


  それで今日は選挙も近いということで、過去の話を振り返ってみよう的なものを書いてみます、

  日本の政治を歪ませてしまったのは、ある種の嘘であって事実ではない話が広がって、それによって政治がおかしくなってしまったのが原因です、


  特に民主党政権時のマスコミは詐欺師に等しく、マトモな報道をしていない連中だった、

  現在もマスコミはマトモな報道をしておらず、アベマンセーとしか言わなくなっているわけで、元々クズだったのだろうけど、


  ともかく過去の話でポイントになるのは、普天間基地の移設問題である、この話は鳩山政権を潰したものだったが、実は鳩山氏自身は悪くない、

  役人が嘘をついて鳩山氏を騙したのが原因で、更にいえば基地移設問題に対して、総理が関与できないという異常な所があった、

  
  当時のマスコミは全てを鳩山氏のせいにしていたが、実際はマスコミの責任がかなり重かった、

  この話が頓挫したのは、移設先が特定の施設か場所から一定の距離でないといけない、そういう話があったのが原因だった、


  マスコミも当時そう報道していたのだけど、それが実は嘘で特に制限は存在せず、マスコミと役人がデマ情報を流して、鳩山氏が悪いとレッテルと貼って、その情報を信じた鳩山氏が断念した話だった、


  テレビや新聞を見ていると、こういう事実が分からないだろうけど、本質的な問題を起こしたのはメディアと役人で、鳩山氏自身が移設問題で失敗したわけではない、

  既得権のマスコミがデマ情報を流したから、それによって上手く行かなかったわけだ、


  頭のおかしいサヨク連中は、よくマスコミを信じないのはデマ信者だというが、以前鳩山政権のときに、マスコミが堂々とデマを流していた点については、一切批判をしない、


  連中はマスコミは神であって、神に逆らう連中はデマで、マスコミが流すデマ情報は神からの信託なのだろう、

  実際普天間基地問題は役人とマスコミが、新しい基地を作るときのルールが有ると情報を流し、それがでたらめだったから失敗したわけだ、


  どう考えても連中が悪いわけだが、この件については検証も行われておらず、問題があったという点も殆どの人は知らない、

  マスコミが平気で嘘をつくなんて、普通は考えないのだろうけれど、客観的にみれば鳩山氏に嘘をついて、騙しそれを事実と報じたマスコミの責任が大きい、


  当時のテレビや新聞は、デマしか流さないクソ連中だったわけだが、もう一つポイントとしてあるのは、鳩山氏が交渉に関与できなかった所だ、


  鳩山氏としてはアメリカと交渉するなどして、基地問題の前進を考えていたのだが、結局一度もアメリカと交渉できなかったんじゃなかったかな、

  なぜか鳩山氏抜きで役人が勝手にアメリカと交渉をして、普天間基地をどうするか話をまとめていた、


  この時点で私は日本は民主主義国家じゃないんだなと嘆いたが、この話はすごい驚いたけど、多分知っている日本人はほぼいないはず、

  何故かといえばメディアが一切報じなかったからで、普天間基地問題は外交問題であるが、その交渉の立場に総理がつけなかった、


  だとするならば、本質的には鳩山氏に責任があったわけではなく、主体が役人にあるならば役人の責任にすべきだった、

  そう国民が考えられればよかったのだが、嘘をつかれて間違った情報を知った鳩山氏と、総理を完全に無視してアメリカと交渉して基地問題の結論を出す役人、


  それでいながら全責任は鳩山氏が悪いとなったわけだが、これを見て日本は民主主義国家じゃないんだと思ったよ、

  だって国民が選んだ総理に何の権限もなく、嘘をつかれてマスコミがデマ情報を流してレッテルを貼って、それで民主主義の成果が崩壊するのだからマトモじゃない、


  不思議と普天間基地問題に意見をいう人は少なく、本質的な問題を知っている人は少ない、

  それはまずマスコミが平気でデマを流していて、新しい基地を作るルールという嘘情報を放送して、基地建設ができな嫌がらせをしていたわけだ、


  本質的な問題としてあるのは、基地問題に対して総理が何の権利もなく、外交交渉をする手続き自体がなかった点だ、

  当時不思議に思ったものだが、なんぜ役人が普天間基地問題の議論をアメリカとして、勝手に結論まで出すのだろうと、


  この点を指摘する意見は見たことがないが、本質的な意味で日本は終わっている国なのだけど、不思議とそういうところは見る人がいない、


  今にしてみれば、アベのクズが役所に不正をやらせているけど、その潜在的なものがあったような気がする、

  もしかすると嘘情報を流せとアベか、その周囲がやっていたのかもしれない、

  アメリカとの交渉にしても、役人が単独というのも考えづらいので、自民党が役所に指示を出して、民主党政権を無視して外交交渉して結論を出す命令をしていた感じもする、


  鳩山氏の話はこの人物が悪いと考えて、深く調べてみる人が全くいないけど、本質的な問題はここに揃っている、

  役人が平気で不正をしてマスコミがそれに協力する、民主主義的に選ばれた政治家の権限が全く無く、役人が勝手に外交の結論を出してしまう、


  国家体制が本質的に歪んでいて、マスコミが嘘をつくからそれを知ることもできない、極めて重要な問題が起きていた、


  多分普通の国か、まっとうな所がある政府ならば、鳩山氏の普天間基地問題への対応は、大きな違いが起きていたと思う、

  しかし、日本の政治は権力機構とインチキをするシステムがあるだけで、国家運営をする仕組みがない、


  例えば総理が外交交渉をしようとしても、それをする権限を持っていない、基地問題に対して総理は一切関われず、関与すると責任だけを問われて、でっち上げのデマ情報をマスコミが一日中流してしまう、


  どれだけおかしい国なのかと思うが、アベの基地外が総理になってから、社会的に大きな問題が起きても、それを国民が知ることはなかった、

  小沢氏の問題もそうなんだけど、アベクズ体制の原因て実は、民主党政権の頃に強く現れている、


  普天間基地もそうで一般的なイメージだと、鳩山氏が外交的に失敗した感じがあるが、実際は鳩山氏にはなんの権限もなく、役人が嘘をついて鳩山氏を騙したのが原因で、移転問題の解決を断念したわけだ、


  マスコミはとにかく事実を伝えなかった、役人の言う新しい基地を作るルールという、嘘の情報を垂れ流して国民を騙していた、

  メディア連中は情報を得られるわけだから、ちょっと調べればそれが嘘だとわかるだろうに、多分知っていながら嘘をいっていた、


  普天間基地問題は一般的なイメージからすると、民主党政権のつまづきのような話だが、本質的には日本という国が狂っていて、マトモに機能しない政府になっている、それが現れた話だった、


  当時は正直いえば民主党政権が、役人を攻撃する姿勢も見せていたから、たまたまかなという感じもあったが、

  実際は継続して起こっている腐敗であって、その後のアベのクズの政権で起こった問題は、鳩山政権で起きた話とつながりがある、


  例えば役人が不正をしてまともに対応しない、これって国会でよくある話しで珍しくない、

  森友問題でも役所は平気で嘘をついていたし、マスコミもこの問題は強く批判をしていなかった、


  昔の鳩山政権の普天間基地問題に比べると、100分の一程度の報道でアベから金をもらったクズマスコミだから、強い批判はしなかった、


  役人が権力のために民主主義を否定するとか、平気で嘘をついて悪いと考えないとか、そういう問題が潜在的にあったのが鳩山政権だった、

  
  本質的にいえば、鳩山氏は役人に騙されただけだし、アメリカとの交渉も役人が勝手にやってしまったのだから、総理には何の権限もなかったわけでしょ?、

  じゃあ鳩山氏にはなんの責任もなく、制度上の歪みを修正するのが、当時としてはするべき判断ではあった、


  ただそれを知る人間がいなかった、私みたいに詳しく調べている人でないと、分からない話だったから、

  こういう異常な行為をする役人の体質を認めたから、結局その腐敗した役人の上にアベの狂った体制ができてしまったわけだ、


  アベの基地外政権は、何もかも終わっている感じが強くあるが、そういう要素は鳩山政権のときには現れていた、

  もし国民がマスコミのデマ情報を信じず、基地移転についてのルールは事実ではないと気づき、鳩山氏の権限がない点を分かれば、それがおかしいと判断できていただろう、


  ただ日本人はマスコミを神のように信じているから、100%こんな判断をすることはできない、

  そしてできなからまともな国になる可能性もない、日本がダメなのは日本人の判断力が低いからだ、権力の走狗に過ぎないマスコミを信じるなど、そんな無能な人間に明日など来ない、


  アベのクズの体制になってから多くの問題が起きて、信頼していた日本政府なのにとびっくりした人もいる、

  しかし本質的にいえば、そんな情報はとうに知っておかなければならず、分かっていないならば国民として無能である、


  民主主義国家だから無能な国民しかいなければ、そこに産まれるのは無能な国家のみだ、

  
  まあ昔の話ではあるけれど、よく考えてみると鳩山氏の普天間基地問題は、日本の国家制度が根本的に壊れている、ある意味死んでいるというレベルで、おかしな問題が起きていた話だった、


  ただそれに気づいた人間は殆どおらず、総理なのに外交に関与する権限がない、外交は役人が勝手に結論を出して海外と話し合ってしまう、

  役人は嘘の情報を総理に流して、基地問題の対応を挫折させてしまう、これはすごく大きな問題なのに、日本人は誰も知ることができない、


  このような根源的な日本の問題は、結局アベの基地外政権に引き継がれて、森友問題や統計不正などとして、現在現れている、

  年金の2000万円問題も同じで、国家の異常な歪みが現れたのが鳩山政権で、日本が民主主義国家ではないと分かった出来事でした、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR