10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、民進党と希望の党が一つになるようだ、ずいぶん急に決まった感じがする、

  実はもう少し時間がかかるのでは、と考えていたのだがすぐに決まった、この件に対しては左翼とマスコミが批判しているが、連中は頭がオカシイのでいつものことだが



  ではどのような意味があるか考えると、私が必要性を感じていたのは、希望の党の人材が流出して、野党の体制が崩壊する可能性だ、

  この問題は小沢さんが民主党を割ったときにも起きて、それが日本の野党が弱くなった原因になっている、


  政治家を生み出すのは時間がかかり、数十年かけてやっと人材が生まれる、そのような手間を何度もするのは難しく、もし希望の党の人材がいなくなれば、日本の政治は大きく後退しただろう、


  希望党の党には、民進党から選ばれた人材が出ていて、残念ながら落ちた人も少なくない、

  落選すれば収入はなくなるため、放って置くと候補者はみんなやめてしまう、そうなったら元には戻せない、


  希望の党は党首が借金をして、経済的な支援を行ったのだけど、当然その程度では対応ができず、十分な支援ができるとは考えづらい、

  民進党は資金はあるから、それを使って支援ができれば、次の選挙のための人材を確保できる、


  党の統合は他の点も良い所があって、それは地方団体の問題を、解決できることだ、

  民進党が分裂したことは、地方団体の分裂を生んでいて、修正が難しくなっている、


  党が一つになれば問題は起こらず、政治活動をするのも楽に行える、地方組織の統合は重要で、これができないと政治活動自体が不可能になる、

  一つの党になれば地方団体の、問題も減らせるので選挙対策はしやすくなる、


  他にあるのは、共産党との関係もあるだろう、希望の党は共産党が嫌いな人が、大きな顔をしてきた所だ、

  しかし中身は別に保守政党ではなく、左翼的な人材も少なくはない、そもそも民進党の人が、そのまま移ったのだから単純に右翼といえるわけではない、

  
  本来ならばそうなのだが、党首や最初に希望の党を作った人が、反共産党的なスタンスをもったため、共産党が過剰な反応をしていた、

  支持者も希望の党へのアレルギーが強く、実際は立憲民主党と変わらないのに、どういうわけか批判的だった、


  実は希望の党は、安保法案には反対だし、アベの憲法改正にも反対している、多少考えの違いはあるが、実態は民進党や立憲民主党と、同じような考えを持っていて、大きな違いは存在していない、


  それが左翼は単純だから、一部を見て全体を判断する習慣があるので、希望の党は反共産主義者だから、弾圧すべきだと行動をしていた、


  このような考えがあったが、党が統合される過程で共産党を批判していた人は、参加しなかったので、マイルドな形になっている、

  以前の形だと、希望の党は多分選挙協力ができず、共産党の候補者が選挙区に来ていたはず、そうなれば無駄な消耗になっていた、


  それが統合されることによって、共産党も話しやすくはなっただろうし、以前ほど拒否反応はないといえる、

  支持者は基本的に頭がおかしいから、今でも悪口ばかりをいっているが、共産党のトップは頭がいいから、常識的な判断をするでしょう、


  こうすることによって、野党共闘がしやすい形に変わり、党が統合したのは別に悪くはない、

  しかしマスコミは批判をしていて、いつもながらのアベ犬マスコミぶりを、発揮している、


  昔からマスコミは、野党を叩いて金をもらっているクズで、嘘や捏造話を何度もやっていた、

  少し前は小沢さんの話があったし、コイズミ政権のときの野党叩きも、事実に基づかない誇張が多く、平気で連中は嘘をついていた、


  マスコミにとっては野党、特に民主党は攻撃対象らしく、連中がまともに報道したことはない、

  アベ辺りから金をもらっているのだろうけど、マスコミのいうことを聞いても、社会は良くならないので無視をするしかないが、


  ふーむ、この点に関しては以前考えた話があって、それはマスコミのプロパガンダプランに、民主党が含まれているのではという話だ、

  前から奇妙だったのは、ネトウヨが反中国、反韓国といって、なぜか反民主党もいう点が変だった、


  連中の民主党を批判する姿勢は異常で、完全に気が狂っているレベルで、悪く言っていた、

  しかし民主党は別に左翼ではなく、共産党のようなイデオロギー的な、対立が存在する組織ではない、


  つまり、右翼に対する民主党は対立軸にならないはずで、それなのに組織的に批判をするのは、不自然な所がある、


  なんでこうなったかというと、マスコミのプロパガンダ戦略で、反中国などの外国批判と、反民主党がセットが行われている可能性だ、

  以前から中国を悪くいう報道が多く、どうでもいいことでも中国を批判する、テレビや新聞の報道がたくさんあった、


  なぜそれが中国でなければいけないのか、分からない話を中国や韓国を悪くいうために、わざわざそういう対象を見つけて、大げさに騒ぐのがマスコミの仕事だった、

  反民主党の報道は、このような形とセットになっていて、パッケージとして既得権に売っているような、そんな感じがする、


  ネトウヨは自生しているわけじゃないから、誰かがそういう考えを植え付けたわけだ、

  そしてプロパガンダは計画的な対応がいるので、どのようにするかルールがあるはず、


  マスコミがルールを決め、それを誰かに売って利益を得ていたとすると、反中国と反民主党は、セット販売になっていた可能性がある


  そういうプロパガンダによって、ネトウヨが生まれたわけだが、

  マスコミのいう民主党の批判は、とにかく事実を元にせずに、悪くいえばあとはどうでもいい、という形で行うのが普通だ、


  例えば党内部の事情があって、手続きをしていたとしても、その手続きのことを調べないか、知っていても国民は伝えないで悪い印象になるように、偏った形で報道する、


  こういう事を繰り返していたから、ネトウヨはなぜか反民主党になったらしく、連中が基地外になったのは、マスコミが原因だろう


  今回の党の統合には意味があるし、そういう視点を合わせて報道するならば、どういうものか理解できるが、

  マスコミは、最初から悪くいう考えしかもっておらず、どう批判するかという形で、情報の形を作っている、


  これが昔からあるマスコミの弊害で、マスコミはアベマンセー報道はするのだけど、野党の情報を正確に伝えたことがない、

  それは良くも悪くもで、例えば維新の党は色々な不正をしているが、問題を報道したメディアはない、


  本来であれば維新の党は、とうの昔に潰れているべき組織だが、マスコミが事実を伝えないから、生き残ってしまう、

  レイシスト小池も同じで、コイツが人種差別主義者だと伝えるか、もしくは極右政治家だと報道すれば、都知事にはなれていないだろう、


  こういう政府にとって都合の良い政党に対しては、歪んだ報道をする一方で、民主党に対しては、どんなことでも悪くしか伝えない、

  そして日本人はマスコミ信者だから、プロパガンダを真に受けて、間違った判断を繰り返して、自分の生活が破壊される、


  民進党と希望の党の統合は、その意味を考えて情報を提供すればいい、そうすれば国民は政治を理解できる、

  しかしマスコミは、民主党に関する話は必ず悪く言う契約をしているのか、どう悪くいうかという形でしか、報道をしない、


  必ずそうなる、色々な意見があったものでも必ず悪くいう、

  民主党以外も昔からそうで、なぜか連中は自民党以外は悪口をいって、報道という形で情報を伝えない、


  あくまで社会の良し悪しは、国民が判断すべきであって、マスコミはそのサポートのために、情報を提供すればいい、

  しかし実際にはそんなことはせず、マスコミにとって金になる相手は良い形に、ならないならば悪くいう、


  マスコミが中国や韓国を悪くいい、北朝鮮批判をして、民主党に対しても誹謗中傷をする、

  この構図は自然に起きている感じがせず、裏で取引をしていて、国民を騙しているように見える、


  民主主義においては、あくまで判断は国民がするべきで、マスコミが社会の判断をしてはいけない、

  しかし現状は、マスコミが社会の良し悪しを判断し、どこかから金をもらったかのような、報道を繰り替えすのが普通だ、

  
  所詮日本のマスコミは、その程度のゴミでしかないのかもしれないが、ネトウヨというプロパガンダで作られた人格があれば、それを形成した金型をマスコミはもっているはず、


  今回の統合を見ていて、マスコミはどう悪くいえるか、それだけを重視していて、政治的な意味は伝えていないし、

  ものの良し悪しは国民が決めるべきという、民主主義の基本的なルールも守っていない、


  こういう昔からやる、マスコミの野党たたきの報道と、ネトウヨの過剰な民主党批判、

  民主党はリベラルじゃないのだから、本来保守と対立するものではないのに、過剰に批判するのは、そういう洗脳を受けているからだ、


  この国の人間の思考は、マスコミのプロパガンダによって成立している、自分が正しいと考えているようで、実際は毎日見るテレビや新聞によって、刷り込みを受けているだけである、


  その形成の極致である、ネトウヨが民主党批判をするのは、マスコミにそういうプログラムがあるからでは、と感じました、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社






 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR