10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、そういえば自衛隊ど韓国軍がもめていたようだが、またアベのクズがアホな行為をしたのか、

  まあアベはアホだからクズなのだけど、この馬鹿は戦争屋であって自衛隊を内部から変えて、軍事色を強めようとしている、


  その影響でかなり自衛隊も、戦争的な性質が強くなってしまい、以前のような平和主義の組織ではなくなっている、

  実質戦前の軍部に戻ってしまっているため、何かあったら国民を殺しにくる可能性も高いのだが、


  今回のアベ自衛隊と韓国のトラブルでは、韓国側がレーダーを使ったのが問題だといわれる、

  聞いた話だと、北朝鮮の船が韓国に近い所で救難信号を出して、それに対して韓国軍が救援に向かった、


  ただ北朝鮮に関係する船だから、北朝鮮の軍隊が来る可能性を心配していたらしい、

  その救難活動中になぜか自衛隊機が上空に来ていて、それがよく確認できなかったので、特殊なカメラで見てみたようだ、


  韓国軍が救助に使ったのは船なのかな?、そういう乗り物を利用して北朝鮮の船に近づいて、上空によく分からない飛行機が来たので、特殊なカメラで確認をしてみたら、軍事用のカメラだったので当時にレーダーも作動した、


  韓国軍によると、カメラで見た対象に対しては、自動でレーダーで監視するシステムがあって、それが動作した結果自衛隊に対して、ロックオンに近い状態になったといわれる、


  ロックオンというのは、ミサイルを打つために対象を把握する行為で、ロックオンをしたあとでミサイルを打つと、事前に得られた情報を元に誘導ミサイルが相手を狙い、攻撃するようになっている、


  ただ韓国は別に日本には興味がないし、自衛隊と戦う必要もないため、軍事目的で行動したわけではない、

  アベ信者の基地外は騒いでいるが、本質的には大きな問題ではなく、騒ぐよう話でもない、


  しかし日本のマスコミはアベの犬なので、韓国が悪魔だと連日報道する、連中にとっては事実などどうでもよく、外国を悪くいえばアベから金がもらえるので、それを目的にインチキ報道をする、


  ほんとマスコミは社会のゴミでしかないが、今回の件に関しては事実確認をした上で、再発防止をするのが妥当な判断だろう、

  とはいえそうなれば実際に何が起きたのか、事実をマスコミを通じで伝えなければいけないため、アベ自民党はできるだけ避けようとする、


  本質的には、北朝鮮の船の問題を助けにいっただけで、その上空に自衛隊の飛行機があったのが原因だ、

  韓国側が救難活動中をしているならば、迷惑にならないように自衛隊がしていれば、多分問題にはならなかっただろう、


  もしかするとこの件は、自衛隊の連中が北朝鮮の問題を知っていて、挑発をした可能性もあるな、

  連中にとっては外国が敵でないと、収入が減ってしまうわけだから、戦前の軍部に戻ってきている自衛隊ならば、そのような悪意をしていても不思議ではない、


  国家権力は長期的なマッチポンプを行い、何十年も欠けて社会正義を作っては、それを利用した独裁の形を目指す、

  検察や司法の正義は長年国民に宣伝してきたが、それは結局司法が独裁的な権限を得るための、インチキでしかなかったわけだ、


  戦前は司法としては拷問をかけて、国民を殺していたのだから戦後直後は信頼がなかった、

  それを時間を書けて信頼できる形に戻したが、それを利用した独裁システムにして、また弾圧司法制度に変えようとする、


  自衛隊も一緒で、コイツラは戦前国民を殺す以外能がなかったが、その批判をかわすために平和などといって嘘をついていた、

  実際は戦争バンザイの組織でしかないくせに、国民から信頼を得てまた国民を殺せるほど影響力を持ったら、全然のような行為をする予定だろう、


  国家権力などというのは、腐ったゴミみたいなものだからいつかは必ず、人を不幸にするような行為をする、

  だから基本的に信じてはいけないし、信じたら連中は国民を攻撃するか、不幸にするような行為をしてくる、


  今だってそうでしょ?、戦後の高度経済成長期は企業が正しく、それが絶対的に素晴らしいという話ができたら、企業は国民を搾取する道具に変わって、多くの人を苦しめるものになってしまった、


  権力は常にマッチポンプであって、信頼を得たらそれを必ず悪用する、そのような性質が連中にはあるのだ、

 
  という話をなぜか書いてしまったが、何だっけか?、韓国の話は相手のいう話が正しいならば、ただの事故であって韓国側は悪くない、
 
  どちらかというと、事故に過ぎない問題を騒ぎ立てている日本の責任で、アベや自衛隊が犯罪行為をしている可能性が高い、


  それが本質なのだろうが、残念なことに日本人はマスコミを神のように信じているので、韓国は悪魔だというメディアの報道を鵜呑みにして、真実を理解することはほぼないでしょう、


  次に、日本を分ける3つの政治勢力、という話を書いてみると、大した内容ではないのですが、今の政治は戦後のような与野党の対立ではなく、3つの勢力に分裂している、

  一つは自民党と公明党の与党で、もう一つは民主党系や共産党などの野党、最後は無党派でこの3つの勢力によって、日本の政治が決まるケースが多い、


  比率でいえば、与党系が大体3~4割程度、野党系が2~3割程度、無党派が4~5割程度になりやすい、

  選挙の状況や地域によってある程度は変わるが、3つに別れた形になりやすい特徴がある、


  この基礎的な政治の知識は重要だが、実際は理解している人は殆どいない、

  大半の人は55年体制のような、与党と野党が政党で別れているイメージを持ち、一番影響力を持つ無党派の存在を認めていない、


  日本は3つの勢力によって政治ができていて、その最大勢力は無党派であって与党ではない、

  この点を間違うと政治論を組むことができず、現実的にどのようになっているか判断できなくなる、


  3つに別れた勢力の意味が強く出やすいのが、マスコミのやる世論調査である、

  メディアの世論調査はプロパガンダに過ぎないが、この調査を見ると自民党が大きく出ていて、野党側が少ないように見える、


  では実際の選挙がどうなるか見てみると、実は野党の方が得票は多くなりやすい、

  世論調査だと与野党の差があるのに、実際は与党のほうが得票が少ないのは、無党派が野党を中心に投票するからだ、


  無党派の概念ははっきりしないのだが、野党寄りで与党を評価しない特徴がある、

  そして日本は小沢氏がやった小選挙区制の反動か、政党政治に対して懐疑的に見る人が少なくない、


  小沢さんのやった小選挙区制は、民主主義というよりは君主主義に近く、いわゆる賢人政治のような形がある、

  民主主義には国民にすべてを委ねるべきという考えと、民主主義だが優秀な人材が国民を導くべきだというものがある、


  小選挙区制は二大政党しか認めないため、実は国民が政治に関われる所が少ない、

  アメリカを見ればわかるが、共和党と民主党は存在しているが、それ以外の政党を作るのは事実上不可能になっている、


  いわば、サッカーの試合を見ている観客のような立場が、アメリカの政治システムであって、国民が直接プレイヤーとして参加できない仕組みがある、

  それと似ているのが日本の小選挙区制で、小沢さんは優れた政治家が国民を率いるべきだという、国家主義の人なので制度もそうなっている、


  小選挙区制は君主主義に近い制度で、君主主義という言葉があるか分からないが、国民は政治に直接関与するのではなく、政治家の行うゲームを評価しろという意味がある、


  そのため直接関与できる他の制度に比べると、国民にとって参加する意義を感じづらく、それが低投票化の原因になっている、

  アメリカも投票率は低いといわれるが、それも多分の同じような理由だろう、自分が関与できない民主主義では、損をしているように感じてしまい、興味も弱くなってしまう、


  無党派層は民主党の失敗が原因で増えたといわれるが、私はそうは思っていない、そもそも小選挙区制は国民が政治に関与できる部分が少なく、政治に対する無関心を増大させやすい特徴がある、


  これだけ低投票化が進んでいるのだから、同時に政党に対する無関心も広がって当然だ、

  権力者が国民の頭上で行うゲームに熱心になる人はおらず、それを民主主義だと考える人は多くはない、


  しかしそういう人でも条件が整えば投票はするし、基本的には権力に不満があるだろうから、野党に入れる可能性が高い、

  ただ無党派そのものは減る可能性は低く、多分小選挙区制が続く限りは低投票化と、無党派の増大は止まらないと考えて良い、


  そのような状況があるため、マスコミの世論調査では無党派が大きく出て、それが固定されてしまい減らない状況がある、

  与党は組織票なので明確になるが、野党は固定された無党派の影響があるため、勢力が大きくはならない、


  こういう構図が見えていれば、全体的な形が分かってくるのだけど、無党派の増大は確定的に存在しているもので、その圧力は組織票の弱い野党に強く出る、

  しかし実際は無党派の大半は政府批判をするため、無党派+野党の組織票が野党側の得票になりやすい、


  政治を考えるときは無党派も野党であると、理解しておけば良いが問題点も存在している、

  それは地方政治では無党派そのものが、無所属候補として強い影響力を持っていて、野党側が当選しづら問題だ、


  これが与野党の批判でいわれるが、自民党は多くの地方議員がいるのに、野党は数が少ないから弱いという、

  しかし野党の地方議員は無所属の厚みに押されやすいため、大きく勝つのは難しくなっている、


  最近の選挙でも立憲民主党は勝っているが、その分野党が負けやすくなっているのは、自民党の影響というよりは無所属議員が多くいて、野党側が割り込める所が少ないのが原因だ、


  このような複雑な3つに分かれた日本の政治勢力、小選挙区制による民主主義の形骸化問題など、欠点を理解しながら方策を考えれば、どうすれば野党が上手く行けるのか判断できるでしょう、
  
   
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社









 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR