01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  長く政治の話を書いていて思うのは、人間はアタマが悪いのだなということです、

  他人の悪口になってしまうのだけど、ツイッターなどを見ていてまともな判断力を持っている人を見たことがありません


  部分部分ではそれなりにしっかりしているのに、ちょっとしたことで狂った人間が変わってしまい、支離滅裂な行動をするのがほぼ全員なんですね、

  知性というのは自分の欠点を知って、落ち着いて考えるためにあるものだが、日本人は根本的にそれが欠如しているのではないか、そんな気がします、


  今日の政治のネタとしては、そんな話を思った原因になった話題で、蓮舫氏が少し前に高校生と話し合いをして、受験に関する議論をしている時がありました、

  私はその会話はいいことだともったのだけど、なぜか基地外ツイッター連中は我先に、因縁をつけていてやっぱツイッター異常者の集まりやと思いました、


  蓮舫氏が言っていたのは、いわゆるボランティアなどをした経験を、受験の評価に含めるべきだというもので、

  それ以外でもAO受験と呼ばれるものを拡大して、大学受験の形を変えるべきだといっていた、


  普通に考えれば別に変な話ではないが、やっぱりツイッターは基地外の巣なので、ゴミムシみたいな人間がひたすら叩いていて気味が悪かった、

  ほんと日頃は普通に政治の話を書いているアカウントが、急に基地外に変わるのだから不気味でした、人間はろくなものではないなと思いましたけど、


  ツイッターは現代の2ちゃんねるみたいなものだから、便所の落書きレベルの中身しかないので、そんなものなのだろうが、


  私が蓮舫氏の意見がいいなと思ったのは、海外ではボランティアなどをする行為を、受験としての評価に含めているところが多いからで、

  例えばアメリカとかオーストラリアでは、蓮舫氏がいっていた受験制度を行っていて、別に大きな問題は起きていない、


  批判している人は金持ちじゃないとボランティアができないから、貧乏な人は大学にいけなくなると答えていたが、

  それがよく分からない話なんだよね、日本は少子化進みすぎてしまっていて、大学の多くは定員割れしている、


  その影響で受験システムが機能しなくなって、一部の学部以外はそれほど受験勉強をしなくても入れるようになっている、

  実際大手予備校が何年か前に潰れたが、その原因が受験生が少なくって入学しやすくなったから、受験の支援をする予備校の価値がなくなって潰れたわけだ、


  最近、受験で女性の人だけ点数が低いというのがあったが、その殆どは医学部であって今でも受験が厳しい学部だから、そのような差がついだだけで文系の学部の大学ならば、ある程度勉強していれば誰でも入れるのではないか、


  このロジックの最大の問題点としてあるのは、日本は少子化が進みすぎてしまって、受験のシステムが機能しなくなっている点がある、

  生徒が少なくなって潰れる大学も出ているし、受験競争で大学の制度を維持するのは難しくなっている、


  そもそも日本の受験は入学したい人がたくさんいるから、それを間引くためにやっていただけで、優秀な人材を選ぶような意味はもっていない、

  テクニックを知っているかどうかが重要なのが、日本の受験制度で頭の良さを調べていたわけではないので、受験制度そのものに根本的な意味はない、


  批判していた人が間違っていたのは、受験が人災を選ぶための制度だと、考えていた点で実際はそういう意味はない、

  いまだと想像できないかもしれないが、昔はものすごい数の若い人がいたから、大量の応募者がいったので、それを減らすために受験制度があった、


  学力を見る意味もあったのかもしれないが、昔の状況から見るとそうではなくて、単純に入学する人を減らすのが目的だったと考えるべきだろう、

  もし昔から受験が学力を見るためのものならば、少子化が進んで予備校が潰れるのはおかしいわけで、


  人を減らすために特殊な試験をして、受験テクニックを学んでいるか調べて、その差を使って人を選んでいたわけだ、


  よくわからないのが受験制度なら安く済むのに、ボランティアができるのは裕福そうだという話だ、

  昔の感覚だと受験のためには大金を支払って予備校に行く必要があったし、ボランティアで入学できるならばそのほうが安くなるのではないか、


  現在は予備校行かなくても、入学希望者が少ない大学ならば、それなりに入りやすくなっているから、予備校に行くという行為自体が特殊なのかもしれないが、

  そうだとしてもなんでボランティアは金がかかるのか、ボランティアをするために金がかかるならば、誰もボランティアなんてしないんじゃないか、


  どうも謎の世界が私の知らないところで広がっているらしく、金持ちじゃないとボランティアができないらしいが、駅前で募金をやっている若い人は、ああいうのするたびに何十万円とか払っているのかね、


  ボランティア業界の闇を見た気分だが、海外では受験みたいのは基本的はしないらしく、韓国は受験が盛んだと聞いているし、ブラジルでも日本みたいな受験をしていると聞いた覚えはある、


  しかしアメリカでは日本でいう、中間期末試験みたいのが受験の代わりになっていて、ああいう短期の試験を何度か繰り返し受けて、成績が良ければ大学に入れるらしい、


  受験をするときは学力だけではなく、日頃のスポーツ活動に対する評価や、ボランティア活動に対する実績も問われるし、

  そうやって人間性をもった人材を生み出し、学力があるだけではなく本当に評価できる人を育てるために、大学などの制度も機能している、


  日本は多分それを真似ているだけだから、蓮舫氏を批判する連中の意見はよく分からない、

  ボランティアをするのに金がいるとか、どういう世界に生きているのか謎だが、


  あるとすれば昔からある古典的な、自民党と民主党の違いを知らない可能性か、

  これはちょっと癖の強い話なので、昔から政治に興味を持っていないとわからないのだが、


  う~んと、まず昔の話になってしまうが、以前の詐欺師の小泉の頃は政治は全てデタラメだったが、言っていることは正しかった、

  すべてが間違っていたら詐欺はできないわけで、人を騙すには真実を混ぜるべきだという話があるが、詐欺師の小泉がやっていたのはそれだった、


  ではどのような形でこのアホはインチキをしたのか、実は民主党の政策をそのままパクっていたのだ、

  自民党は元々政策を考える能力はなく、実力としては完全にゴミの組織なので、日本にとって必要なプランを考えることはできない、


  だから詐欺師の小泉は民主党の政策を真似て、それによって表面的に正しいように見せていて、実際は間違った形で政治を行っていた、

  つまり自民党はいっていることは正しいが、やっていることは間違っている組織であった、


  今回の件も蓮舫氏に対して批判していたのは、自民党の受験改革に対して批判していた勢力だが、

  この状況からすると元々受験制度改革を考えたのは、民主党かそれに近い勢力である可能性が高い、


  自民党や官僚はバカのクズしかいないから、民主党かどこかの学者の意見でも参考にして、表面的に正しいロジックを出したのだろう、

  ここで問題になるのは何百回もいっているのだけど、民主党はいっていることもやっていることも正しいのだ、だから民主党の意見は信頼できる、


  しかし自民党はやっていることが間違っていて、それでいながら民主党と政策の方向性がよく似ている、

  結果として自民党が間違ったことをしていて、民主党がそれを真似ているように見えてしまうときがある、

 
  これ昔からある話なのだけど、だれも知らないのかな?、政治論をいう人の世代が変わってしまったのだろうな、こんな話を知っているのは私くらいだろう、もう残っているのは、


  ともかく、大学の受験改革自体は歴史的に正しく、本来受験生が多かったから行っていた受験競争が、人口減少で必要がなくなったのだから、別の形にするという点までは正しいといえる、


  しかし自民党はその改革を金儲けの手段と考えて、意味不明な受験制度をやろうとした、この辺りはいわゆる公共事業利権と同じで、ダムなどの使いみちのないものを作るために、無理やり正当性を作って利権をあさっていたのと同じ方法論を行っている、


  だから自民党がやる受験改革は最悪の結果になるだろう、しかし受験改革自体が間違っているわけではない、この2つの点を正しく見なければいけない、


  戦前でいえば軍事作戦を考えてそれをするときに、意味不明な行動をした指揮官も多くいたと聞いている、

  もともと軍事作戦自体が間違っていたことが多かったが、より被害を拡大させたのがまともな判断力がない司令官の問題だった、


  自民党はインパール作戦をした司令官と一緒で、まともな判断力は連中にはないので、それが正しい戦略だったとしても最悪の結果しか生まない、

  だから昔詐欺師の小泉やっていのは、いっている話はたしかに正しいところはあったが、やっていることは完全に間違って実質日本を崩壊させてしまった、


  蓮舫氏のいう受験の制度の変化は、海外では普通に行われている仕組みであるし、それが間違っているというのはさすがに無理がある、

  つまり批判をしていた連中は、自民党と民主党が似たような意見を持つが、行動に関しては真逆であるという日本の政治の基礎がわかっていなかったといえる、


  自民党は害悪であって社会を崩壊する病原菌のようなものだ、権力掌握をする実力はあるにしろ、まともな判断力はなく人の金を盗むしか能がないので、高度経済成長が終わった現在では、ただの犯罪組織でしかない、


  民主党は社会の問題を考えているため、より正しく改善できるように工夫し、具体的にもそういう行動をしている、

  実際民主党政権で世の中を悪化させるような行動をした覚えはない、小沢氏への仕打ちは許せるものではないが、社会的に悪だったかというとそうでもない、


  自民党と民主党は似たところがあるから勘違いしやすい、そのような複雑なところが日本の政治が変わらなかった理由ではあるが、

  社会的に必要な行為を使用するならばそれは評価すべきだし、よく分からないツイッターの異常者の意見は無視して、するべきことはするべきでしょう
  

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社








 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR