10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も何か書いてみると、最近の話題としてあるのは憲法問題があるが、憲法改正論については、あまりパッとしていないようだ、

  アベの基地外は、憲法改正をして戦前のような、軍国主義体制に戻そうとしている、


  しかしアベは基地外でしかないので、まともな法案を作ることができなかった、

  そのためアベの基地外憲法案で議論をすることになり、野党は協力をする気がないらしい、


  一応憲法に関する議論をしてはいるのだが、一様に今の自民党の憲法案の異常性を指摘していて、

  そのような問題があるので議論をすることができないと、民進党でも意見が出ている、


  民進党の細野すら自民党の憲法案は否定的で、なんでこんな異常な案を出したのかと言い、アベに対して批判的な意見をいっていた、

  
  以前も書いたけど、今の自民党の憲法案は狂ったものであり、婚姻維持の義務ということが書いてある、

  婚姻維持の義務と憲法にあるのだから、当然離婚をすれば処刑されると考えていい、


  離婚をしてはいけないと憲法に書くくらいだから、それ以外も同レベルの支離滅裂な基地外憲法であり、

  アベの基地外さがよく現れているのが、今の自民党の基地外憲法案である、
   

  もっともこのような異常な憲法案については、マスコミは一切の報道をしていないため、たぶん多くの人は知らないだろう、

  常識的に考えて、憲法改正をする国会という話があるのならば、テレビは難しくても新聞は、自民党の憲法案について詳しく説明をするべきだ、


  そうすれば自民党がどれだけ気が狂った、頭のおかしい組織かがわかるのだけど、

  当然そんなことがわかれば既得権の自民党は困るので、そういうことをすることはない、


  このような形でアベの基地外憲法論が、国会で話し合われているのだけど、基地外憲法なのでまともな議論にはならず、

  そういうことについてマスコミはほとんど報道していない、


  これがどうなるかだが、公明党は一応野党が参加しなければ、憲法改正については協力をしないといっている、

  また公明党は憲法への追加には興味があるが、アベノ基地外憲法では参加がしづらいと思う、


  正直なところ、自民党はもう一つ憲法案を作り直すか、それともいまある憲法案を大幅に改正して、出し直すかと思っていたのだが、

  どういうわけが基地外憲法のまま提出しており、それが大きな問題になっている、


  今回の国会のテーマは憲法改正だけど、この基地外憲法ではまともな議論はできないし、

  議論をしたことをメディアに流せば、当然それは自民党への批判につながるだろう、


  となると議論をするめることが難しくなり、憲法改正をする場合はだまし討にするか、

  かなり強引な方法を繰り返さない限りは、できない可能性が高い、


  とまあそんなところにいるようだけど、今の状態では憲法改正をするのは、かなり条件が厳しいだろう、

  アベの出している基地外憲法案では議論ができないし、議論をしたとしても基地外すぎてテレビや新聞は報道できない、


  となればそれを国民が知ることができないので、興味を持たれないということになる、


  ただ多少、可能性が存在する事としてあるのは、来月の1月が衆議院の解散総選挙といわれいるので、それを利用した憲法改正はあるかもしれない、


  ただ今のところ野党共闘は進んでいて、ある程度は共闘ができる形になっている、

  実際にどの程度の効果があるかは分からないが、蓮舫も共闘はするといっているので、することになっているのだろう、


  となれば自民党が解散をしたところで、三分の二を取るのはかなり難しいし、

  前の参議院選挙のように、東北や北海道で壊滅的打撃を受ければ、大幅な議席の低下も十分ありうる、


  関西は維新の党の影響があるから、なんとかなるのかもしれないけど、自民党はだんだん選挙に勝てなくなってきているので、以前ほどの勢いはなくなりつつある、

  となると解散をした場合は、三分の二は取ることは不可能に近いと思うから、解散をしてというのも難しい、


  先の事なので、どうなるかについては分からないけど、憲法改正は現状だとかなり厳しいが、

  強引な方法によって何らかの対策ができる可能性はある、


  ただ解散をしたら場合は、自民党は野党共闘の影響で負けるので、三分の二を維持するのは無理だろう、

  そもそも三分の二も勝つのは、よほど条件が整った場合だけで、普通はそこまで勝つことはできない、


  その条件である野党が分裂しているという、状態が崩れてしまっている以上、解散をすれば憲法改正は不可能になる、


  根本的にいえば、アベの基地外憲法案が原因で、それはすべての問題になっている、

  アベは基地外だから、基地外なので、基地外なことをする、それはある意味においては正しいのだけど、


  その結果作られた基地外憲法案は、あまりに劇薬なので普通の方法では成立しない、

  特殊な方法も条件が厳しいので、楽にはうまくいかないでしょう、


  次に、そういえば新潟の知事選があるようだが、民進党は協力をあまりしないようだ、

  新潟の知事はマスコミの執拗な攻撃に嫌気が差して、次の知事選では出ないように決めたらしい、


  マスコミといっても中身はチンピラやヤクザなので、社会のゴミが嘘を書いているだけですから、ヤクザの恫喝のようなことをして、飯を食っている人間の屑は少なくない、


  ただその知事の件については、マスコミの捏造であることがはっきりしていたので、新潟の知事が辞める必要はなかったのだけど、マスコミのクズによる嫌がらせが酷かったのか、その影響で立候補をすることはなかった、


  でそれがどうなるかだったのだが、自民党の候補者が立候補をして、民進党は原発行政に関わっているところと、政治的な関係が深いので自主投票になった、

  その時に民進党の関係者を候補者にする考えが出てきて、それに対して民進党は拒否をした、


  それでどうなるかということだったのだが、結局その人は民進党を離党して、他の野党勢力の推薦を受けて立候補をすることになった、

  その人物は反原発的な考えを持っており、そういう方面の人物らしい、

 
  そうじゃないという情報も見たことがあるので、どっちなのかちょっと良く分からないところがあるのだが、

  立候補してからの会見では、原発の問題に対して発言をすることが多い、


  この件については民進党が裏切ったのでは、という意見も出ている、

  ただその人物の離党をすんなり認めているわけだから、それほど否定的だったわけではないのだろう、


  それに民進党の議員が応援の支援をしていたりするから、間接的な応援や支援はする考えらしい、


  この選挙がどうなるかだけど、本来の知事は筋金入りの反原発派だったが、今立候補している人物は、そういうことをいっているが怪しいところもある、

  私もすべての情報を知っているわけではないが、反原発の人間ではないという意見も、以前見たことがある、


  ただし立候補してからの会見では、原発や被爆の問題などについて意見をいっているので、そういう考えそのものは持っているだろう、


  この選挙の結果についてだが、以前の知事は非常に高い人気を得ていたので、その影響力をうまく吸収することができれば、野党の候補者が勝つことも可能だろう、


  自民党の候補者は組織票と、低投票率を期待するだけだろうから、何らかの形で選挙を盛り上げることができ、

  野党候補者が以前の知事の影響力を吸収できれば、勝つことは可能だ、


  そこで重要になるのは、前知事に応援を頼めるかどうかだけど、それができれば変わるかもしれない、

  そのあたりが鍵になりそうです、


  後は、沖縄の基地建設が問題になっていて、キチガイアベの手下の機動隊が、また暴力を奮ったようだ、

  このクズどもは人間としての価値のない、ただの犯罪者なのだろうが、


  そういう犯罪者の機動隊が、沖縄でまた殴る蹴るの暴行を加えて、それが大きな問題になっている、

  このクソどもはただの基地外犯罪者なのだか、メディアが報道することはないらしい、


  ほんとまあ日本の司法は腐っているし、関係者は頭のおかしい犯罪者でしかない、

  そういうことが起こっているのだが、アベみたいな基地外をバンザイといっている日本人では、まともな判断はできないだろう、


  ただ沖縄のメディアでは毎日報道されているので、多分沖縄で自民党が影響力を増すことはあるまい、

  そうして時間を稼いでいる間に、何とかそれ以外で自民党を潰せれば改善できるが、


  アベマンセー、自民党バンザイといっている、頭のおかしい人が多い日本では、まともな結果になるかはわかりません、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社







 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR