01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治の話を書いていて困るのは、ネタが全くない時期でどうすれば良いのか分かりません、

  特に国会が開かれていないと書くことがなく、現在がそうなのですがどうしますかね、


  というわけで抽象的な話を書いてみると、1つ目は国民の信頼を失った日本のマスコミ、というネタでメディアと国民の乖離が起きている感じがします、


  以前からマスコミの世論調査と、実際の国民の意見にずれが起きていて、前回の選挙でもマスコミは与党有利と書いていたが、実際は野党が側が有利になる展開だった、

  接戦だったところも全勝しているし、長野あたりは与野党が五分といわれていたのに、実際は野党が圧勝していた、


  つまり野党有利の流れがあったのだが、マスコミの世論調査ではそういう傾向見えず、選挙の予想でも全く情報が出ていなかった、

  それはマスコミがアベから金をもらって、選挙予想などでインチキをしたのもあるだろう、連中は社会のゴミだから金のためならどんな不正でもする、


  インチキ情報で国民を騙していた可能性もあるが、もう一つがあるのが国民がマスコミを信じておらず、世論調査で正直に話した人が少なかった、そういう可能性もあるように思う、


  これは以前の選挙でも出ていたのだが、マスコミの予想だと当時の希望の党は支持率が低く、得票は殆どできないといわれていた、

  しかし蓋を開けて見ると、立憲民主党とほとんど違いがなく、マスコミの予想は完全に外れていた、


  NHKですら希望の党は得票が低く、支持もされていないと情報を流していたのに、実際はそうではなかった、

  それは希望の党が評価されていたからというよりは、マスコミが希望の党バッシングをしたので、国民が調査に対して忖度をした可能性がある、


  つまり、この考えがあっているとすると、国民はマスコミを害のある存在としてしか考えておらず、世論調査もプロパガンダとしてしか見ていないことになる、

  だから、プロパガンダ調査が来たので、そう答えないと問題になるのではと考えて、実際の意見をマスコミに伝えていない、


  マスコミは信じてはいけないものだが、国家権力とつながっていて危険であるので、連中の意見は表面的に従ったほうが良い、

  しかし、信頼ができるような組織ではなく、マスコミの世論調査では自分の意見を伝えないけど、投票になるとその人なりの行動をする、


  うーん、実際にこうなっているかはわからないのだけど、マスコミの世論調査には不自然な所が多く、

  選挙のときの国民の行動とも関係が薄くて、マスコミの選挙予想もかなりズレが大きく、国民の考えを調べる効果がマスコミの調査にはない、


  以前もマスコミの内閣支持率が、媒体によって大きく変わる問題を指摘したが、それはメディアが自分の新聞などを取っている対象に、調査をしたので偏ったのではと、当時は私は書いていたが、


  もしかすると、国民はマスコミを最初から一切信じておらず、相手が権力者なので日頃のメディアの言動から、どう合わせてばよいかと考えて調査に対応しているだけで、国民の素直な声は伝えていない感じがする、


  実際世論調査の結果と、選挙の傾向はほとんど関係がなく、プロパガンダ効果としてあるのだけど、国民の意見と世論調査はだいたい一致しておらず、マスコミの調査は何を調べているか分からないところがある、


  最近も国民民主党の支持率が低く出ていたが、前回の選挙を考えると共産党に近いくらいの支持はあるはず、

  比例で共産党が4くらいとっていて、国民民主党が3取っていたのだから、得票自体は差が小さかったはずだ、


  比例は自由に投票ができるのだから、国民民主党の支持は共産党に近いくらいはあるはず、

  しかし世論調査だとほぼゼロになるわけで、このような結果になるということは、マスコミの調査は国民の意見ではないと見るべきだ、


  もしくは素直な意見ではないわけで、そうなる可能性としてあるのは、マスコミは国民民主党を批判する傾向が強く、党としていずれだめになると常にいっていた、

  それを国民が見てマスコミが世論調査で聞いたときに、国民民主党がダメだといわないとマスコミが怒るんじゃないか、と考えて発言を控えているかのかもしれない、


  一つ二つの問題ならば、たまたまという可能性もあるのだけど、よく考えてみるとマスコミの世論調査と、実際の国民の投票行動のギャップはかなり高く、特にここ数年はズレが大きくなっている、


  以前から書いているけど、世論調査で使われる統計学は、本来石ころを数えるとかそういう目的のもので、

  人間がどう思っているか調べられるか、はっきりしない学問である、石ころは意志がないけど、人間にはあるわけで世論調査自体を否定する可能性があるわけだ、


  この考えが正しいとすれば、国民は日本をメディアが支配している独裁国家、それに近い視点で見ているように思う、

  いわば北朝鮮とか中国のような、独裁国家と付随するプロパガンダメディア、そういう国だとしか考えていないのでは、


  例えば中国が北朝鮮で、国営放送が地域の人にインタビューをしたら、答える側の人は警戒して素直な意見をいわないはず、

  メディアそのものには接する機会が多いので、相手のメディアに合わせた発言をするだろうが、自分の意見は伝えないだろう、


  日本はある意味独裁国家に近づいているから、メディアも報道ではなく国民を騙すプロパガンダ媒体としての意味が強くなっている、

  そうなることによってマスコミと国民の関係が乖離して、国民はテレビや新聞を危険な存在だと認識するようになる、


  プロパガンダ媒体であるテレビや新聞は、国民にとって害がある存在でしかないので、できるだけ距離を取ろうとするだろうし、そういう連中に対しては自分の意見を伝えると、リスクが発生すると考えるはずだ、


  マスコミの世論調査で自分の意見を伝えるのは、危険な行為としての意味もすでにあると考えていて、できるだけ伝えないほうが自分にとって利益になる、いわばマスコミは国民の敵だとしか思われていない、


  実際の所マスコミは政治に深く関与して、民主主義システムを破壊する道具になっている、

  詐欺師の小泉も国民を苦しめたが、その実情をメディアは一切伝えず、小泉マンセーとしか報道していなかった、

  
  アベのクズもそうだが、コイツだって犯罪行為を繰り返しているけど、メディアは一切批判していないわけで、そうやって権力に取り入って国民を騙す情報を流し、プロパガンダ媒体としての仕事しかマスコミはしていない、


  これはもしかするという話で、実際どうなっているか分からないのだが、マスコミの世論調査は国民の意見とは関係が薄くなっている、

  しかしマスコミがプロパガンダで国民を扇動させる方向性は、世論調査の結果は非常に似ている、


  それはもしかすると国民がマスコミを誰も信じておらず、メディアの作った独裁体制に対して忖度して、話をあわせているだけかもしれない、

  少なくともマスコミの世論調査は正確とはいえず、多分精度は50%~70%しかないように思います、


  次に、書くスペースがなくなってしまったが、では短めに問題の多い消費税アップを書いてみると、

  アベのやつは基本アホなので社会のことを考える知能はなく、低能なので経済的にも失敗している、


  よくアベ犬マスコミは、経済的に成功したといっていたけど、詳しく調べてみると全て統計データの不正で、景気が良かったという傾向は殆どない、

  統計データの不正はかなり深刻で、4重に行われているくらいが普通で、複数の方法でデータの嵩上げをしていた、


  だからアベのやつになって景気が回復したというのは、全くの嘘で事実ではない、

  アベのアホが自分の成果で景気が回復したとか、こういう経済的な結果を得るために努力しているというと、その通りに統計データが捏造される、


  全部、アベの発言に合わせて統計データが改竄されていて、そういう実情があるのでこのアホの経済的な成果というのは、多分一切ないと思う、

  あれだけマスコミは連日、経済成功だ!バブル並みの好景気だといっていたのに、全て統計データの不正だったわけで、好景気というのは日本には起きていない、


  今は統計不正が批判を浴びてできなくなったので、不景気になるとそのままデータが出やすくなっている、

  多分統計不正問題がなかったら、現在はバブル超えの好景気となっていただろうが、バレたのでインチキができづらくなった、

 
  今でもアベの統計不正はやっているようだが、大規模で行うと国会などで指摘を受けるため、あまりばれない所でインチキをしているようだが、

  それで今回消費税が上がるわけだけど、経済的な数値は全て落ち込んでいる、

  多少良いところもあるようだが、消費税前の駆け込み需要も全く無く、経済的にも落ち込んた状況にある、


  本来消費税を上げるためには、経済状況が良くないといけないので、今までも消費税を上げる時は、何らかの対策をするのが普通だったが、

  今回に関しては軽減税率とか、クレジットカードの割引などをしているが、十分な効果があるとはいえない、


  そもそも今までは他の減税をするとか、大規模公共事業をして経済損失を補填するとか、そういう対応をしていたのだけど、

  今回は軽減税率は多くの問題があるといわれているし、クレジットカードの割引は金持ち以外だとメリットがないらしい、


  少なくとも現在のように、全体的な経済が沈み込んでいるタイミングで、効果的な対応をしているとはいえない、

  そのため消費税を上げると不景気になる恐れが高く、何らかの問題が起こる可能性がある、


  ただ株価は日銀が買っているので下がらないだろうが、それ以外はガタガタになるのではと思います、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社








 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR