11 月<< 2018年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は急に寒くなってきましたね、以前は暑い日があったというのに、中間がまったくないのが不思議なところです、


  それはともかく書いてみると、うーんと、アベ移民法は通ったのか、政府の犬のマスコミは大して批判していなかったし、どういう問題か気づいていなかった人も多いのだろう、


  昔だったらマスコミが連日騒いだろうけど、今のメディアはアベの下僕でしかないから、社会の役に立つ要素がないな、

  未だに政治や社会の理論は、マスコミを元にすればできると考えている人もいるが、そういう時代はすでに終わっている、


  マスコミが社会の役に立たなくなった世の中なのだから、ものを考えるときは基本をどのようにするか、自分なりに思考しなければいけなくなっているようです、


  で、何を書くかなのだが、一つはゴーン氏の問題があるか、アベがやったかもしれないインチキ話だね、

  日本の特捜は正義のための組織といわれるが、今までの経緯を見ると犯罪組織に近い所がある、


  超法規的な対応で相手を逮捕できるようだが、実際に行われているのは特定の勢力にとって邪魔な人間の逮捕だけだ、

  強い権限がありながら検証は行われず、犯罪まがいの行為をしても処罰されない特捜は社会にとって害でしかない、


  特捜というが実際は戦前の特高に近い、インチキ組織であって社会正義をいいつつ、国民を騙すのが本来の目的だろう、

  そうでなければ誰かにとって都合のいい逮捕をせず、どのような理由で逮捕したのかも、もっと客観的な意見をいえるはずだからだ、


  今まで見てきたが、特捜の取り調べは客観性がなく、なぜ問題があるのか証明できた例は殆どない、

  小沢氏の件も理由が意味不明だし、ゴーン氏に関しても何が悪いのか分からない、

 
  結局特捜は国民を騙すための詐欺団体で、マスコミを使って社会正義を演出しつつ、ここという時に国民に不利益になるか、犯罪まがいの行為をして特定の勢力の利益になる行為をする、司法の犯罪組織だと考えるべきだろう、


  今回のゴーン氏の件は、退職した時にもらえるお金を記載していなかったという、よく分けのわからない内容の話だった、

  特捜や司法を信じている人は、最初の頃にゴーン氏の問題は重大だ、いずれ脱税などの問題が分かるとよくいっていた、


  しかし現状記載の問題しか出ていないため、厳密に犯罪といえる要素は存在していない、

  そもそも記載をしなかったからといって、大きな問題になるわけではなく、退職時にもらえるお金なのだから、現状はゴーン氏は利益を得ていない、


  犯罪とは何らかの被害が発生するから問題になるのであって、現状誰も困っていないならば犯罪とはいえない、

  もちろん何らかの重要な問題があるならば、それは罪になるだろうがゴーン氏の場合は、その条件が存在しない、


  退職金として数十億もらう予定だったとして、それを記載しなかったから特捜は逮捕したが、もらう予定だったというだけでは記載するべきかはっきりしない、

  そももそお金をもらうこと自体は問題ではなく、記載をしなければいけないほど強い義務があるわけでもない、


  実際にお金をもらうのならば分かるが、将来どの程度お金をもらうのかを、書類に書かなければいけないのは変だ、

  例えばベンチャー企業に就職して、未公開株を得られる状況が来たとしても、まだもらっていないならば記載する必要はないはず、


  なぜなら本当にもらえるか分からないのだから、下手に記載をして後でもらえなかったとしたら、書類の訂正をする負担がある、


  ゴーン氏の件は退職金を多くもらう話であって、それを記載しなければいけない義務はないだろう、

  今回の件で日産に被害を与えているのだから、その数十億のお金はもらえなくなる可能性が高い、


  つまり、特捜がいう数十億のお金を記載していない問題は、特捜が逮捕した時点で無効になっている可能性が高いわけだ、

  これからゴーン氏が数十億をもらえるとは限らず、もしもらえないのならば記載しなかった、ゴーン氏が正しかった証明になる、


  将来もらうお金まで記載しろというが、いつまで働くかわからない立場の人の、収入を明確にするのは難しい、

  サラリーマンならば定年まで働けるだろうが、組織のトップはちょっとした問題で辞任するのだし、いつまで働けるかはっきりしない、


  そういう立場の人の将来もらえるお金を、明確にしろというのは特捜の異常な考え方だ、

  どう考えてもゴーン氏はアベあたりの、クズ連中が無理やり逮捕させたようにしか見えない、


  日本の司法は腐敗が激しいといわれていて、裁判官もインチキや不正をするので有名だ、

  内部の人間関係で判決内容が決まるなど、検察と裁判官がグルになって国民を騙しているときもある、


  そういう話は元裁判官もよくいっていて、日本の司法制度は腐りきっていて、人の役に立たないといわれる、

  日本人にまともな判断があるならば、人間が行う司法制度だって腐敗するし、インチキは当然行われると考えられる、

  
  しかし日本人は社会を神と考え、司法やマスコミを宗教的に信じているため、現実を理解せずゴーン氏のような問題が起きた時に、何がおかしいのか理解できない、

  日本人の物事への理解のなさは異常だが、結局そういう所が日本が三流の国である理由であって、それは権力を安易に信じる民族性が、日本を低次元にしているわけです、


  次に、高齢者に対する社会保障制度を減らすといっている、まあそうなるだろうとは考えていたが、こうなってもアベバンザイ、自民党マンセーというのだから、戦後世代はもう現実を理解できないのかね、


  問題になっているのは、低所得の高齢者の社会保障費を減らして、病気の治療が必要になった時に受けられなくするという、

  今は高齢者だと病院に行ったときの治療費が減るが、それが殆ど減らなくなてしまい、月々の支払いが増えるようだ、


  大きな問題だがマスコミはあまり騒がず、相変わらずアベ犬マスコミでしかなかったが、一番の顧客の高齢者さえ助けようとしないあたりが、ほんと日本のマスコミは人間のクズである、


  まあマスコミなんてのは信じるほうが悪いのだが、今の日本はアベ自民のせいで社会保障が崩壊し、実際は社会保障制度ではなくなっている、

  今回の例もそうだけど、実際は皆保険制度も機能しておらず、金持ちのための制度に変わってきている、


  例えば、今は保険制度に入れない高齢者は少なくなく、支払いができず利用できなくなっている人は多い、

  高齢者は年金をもらえるが、保険制度の支払いは年々高くなっているため、保険に入っていない人はかなりいる、


  そういう高齢者は病気になっても治療を受けられず、検査に行けないで亡くなっている人も多い、

  どの程度いるのかは調査したわけではないのでわからないけど、年々社会保険料が高くなっているのだから、支払いができなくなっている高齢者は多いだろう、


  若い人でも収入が少なければ支払いはできず、保険に入っていない人は結構いると思う、

  本来あれば皆保険制度というのだから、低所得者は少ない負担で利用できるようにすべきだが、実際は低所得者ほど社会保険料の負担が大きい、

  
  日本の制度では高所得者への税負担は大きくなるが、社会保険料は収入が多くても増加しない傾向がある、

  そのため収入における社会保険料の比率は、低所得者ほど大きくなってしまい、支払えなくなっている人が多くいる、


  私は行政機関ではないので、どの程度いるのか調査はできないが、ここ数年の急激なインフレと、年金や賃金の問題を考えると保険に入れていない人は多く、十分な治療ができない人は増えているはず、


  本来は社会保険制度などは、低所得者向けの仕組みでなければいけないが、現状は高所得者向けの制度に変わっている、

  低所得者は制度自体が使えなくなっていて、そういう人達を切り捨てる政策を自民党は行っている、


  今回の件は大きく見ると今まで通りの対応で、実は自民党が長くやっていた政策の一つに過ぎない、

  自民党は社会保障制度を高所得者向けのものに変えていって、低所得者に対する支援制度としての意味を失わせようとしている、


  社会保険料を高くするならば、本来であれば高所得者に対しては、累進課税のように高くするべきだろう、

  そうすることによって低所得者の負担を減らさなければ、過剰な負担が低所得者にかかってしまうからだ、


  しかし現状は、高所得者への負担増加は殆ど行われておらず、それが低所得者が制度を利用しづらい原因になっている、

  日本の社会保障は以前は人の生活に役立っていたが、現状は低所得者への圧力としての意味が強い、


  一般的なイメージとは違って、普通に暮らすための社会保障ではなく、高所得者の生活支援のための社会保障、そういう形に段々変わってきている、

  日本人は思い込みが強いから、皆保険制度のある素晴らしい日本と考えているが、実際は大幅に制度が変わっていて、意味が違うものになっている、


  介護保険料や年金の負担、保険制度に入るときの費用などは年々増加していて、低所得者では支払えなくなってきている、

  そういう本質的な問題が出ているけど、日本人は戦後マンセーというか、以前の豊かだった時代でものを見てしまう所が強い、


  だから今の社会保障制度が、低所得者の生活を悪化させる意味が強いものに変わっていて、

  そのような性質が強い制度になっていても、日本の皆保険制度が素晴らしいとか、そう考えてしまうわけです、


  実際は、詳しいデータを見ないとわからない所があるけど、日本の社会保障制度は高所得者向けで、低所得者だと制度自体を利用できなくなっているはず、

  戦後世界観的な思い込みがあるから、大半の人は気づかないだろうが、今回のような低所得者たたきは、潜在的にはずっと行われてきたわけです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR