02 月<< 2021年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>04 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治的な話は社会的であり、歴史的な意味も持っている、短期的に見れば人々の今日の生活であり、長期的に見れば歴史的なうねりの一部である、

  どっちで見るかによって見え方は変わりますが、根本的にいえるのは過去にこだわると失敗する、それが政治論の基礎のような気がします


  今年はオリンピックが行われるが、正直楽しみにしている人はほぼいないだろう、なぜかといえば感染拡大が起きてしまうと、スポーツ競技どころではなくなるからだ、


  以前も書いたけどオリンピックは今の日本にとって、大きなリスクになっている、

  なぜかといえば日本の場合コロナ対策が緊急事態宣言しかなく、それ以外の方法が存在していないからだ、


  じゃあ緊急事態宣言はどのようなときにできるか、それは他の政策とぶつからない場合に限られる、

  1月に緊急事態宣言を出したけど、本来ならば去年の11月あたりが妥当だったといえる、もっと早く10月もでよかっただろう、


  早めに感染対策をすれば被害を減らせたのに、それができなかったのはGOTOトラベルが原因だ、

  一度GOTOトラベルをすると緊急事態宣言は出せなくなる、なぜならGOTOトラベルを中止する準備と、緊急事態宣言を出す作業を両方しなければいけないからだ、


  スガのアホは経済と感染の両立というが、実際はこの2つを簡単に両立させる方法はない、両立させるならば優先順位を決めるべきだが、スガはアホなのにで全く分かっていない、

  
  日本の問題は判断がおかしい点で、緊急事態宣言が一番重要で、それ以外が二番目という形にして、

  緊急事態宣言を出すために他のプランを、すぐに引っ込める手段を用意しておけば、ある意味両方の対策ができる、


  実際オーストラリアでは、日本と同じような旅行の支援をしていたが、感染が増えたらすぐに中止してロックダウンを行った、

  ほんの数日ですぐに決断をしたため、感染者の増加を抑えられて被害を最小にできた、

  日本は多分この海外の仕組を真似ているのだが、無能すぎて全くできていない、猿のモノマネレベルの話で、知能のかけらもない


  仕組みを作るならば目的を明確にする、どの程度の目標にするかなど決めておいて、それにあった対策を複数用意して、それぞれの優先順位を考えておく、

  で、実際に起こりうる問題を想定しておいて、トラブルに合わせた対策の組み合わせがしやすくなるように、事前に制度などを準備しておく、


  こう書くと難しい話に思えますが、いわゆる機械作りと基本は同じで、目的に合わせて機能をもたせて、問題が起きたときの安全策も作っておくと、そうすれが機能する製品を作れるが、政治的にそれをやればよいだけである、


  やり方はそれほど難しくないし、実際オーストラリアでもできていたが、日本政府はバカしかいないから無理だろう、


  今回のオリンピックがリスクになるのは、このような緊急事態宣言との共存関係を築けない点だ、

  例えばオリンピック期間に感染者が増えたとして、じゃあどうするのと考えているだろうか、当然日本政府は全く対策をしていないだろう、


  嘘みたいな話だけど、日本政府はスガや自民党の奴隷組織でしかないから、全く機能しない状況になっているため、適切な判断をする能力が残っていない、

  オリンピックと感染のリスクのバランスの取り方、普通なら政府が考えていると思うだろうけど、何もしていないだろうから最悪の結果になる恐れがある、


  数万人の死者が出ているのにオリンピックをするとか、昔のナチスがやったオリンピックみたいになるかもしれない、

  政治は本来高度で知的な判断を求められるものだ、しかし民主主義は人気取りでもあるから、バカなアホがテレビに映っただけで権力を得ることもある、


  そしてバカなアホは権力を得るために政治家になるから、自分のための国の形に作り変えようとしてしまい、国家そのものの機能性が失われてしまう、

  ある意味国家が死んでしまう形を作るので、そのタイミングで大きな問題が起これば、なすすべもなく終わる、


  運がよければなんとかなるけど、日本にとってオリンピックは大きなリスクだ、感染拡大時期と重なれば大量の死者が出ても、なんの対策もできなくなる、

  死体の山の上にあるオリンピック、残酷なようだけど日本の進んでいる道、そして今まで進んできた道がそうなのだから、もう避けられないのでしょう、後は運しだいです、


  次に少し前に野党が問題があると、インテリ風の人が批判をしているのを見て、まだわかっていない人がいるんだなと思いました、

  日本は劣化した社会であって理想を追えるほど、まともな国ではなく悪化をどう削るかが、主たるテーマになっている、


  毒を殺す政治、そういう表現もできるのだけど、日本でするべきはどう毒を殺すか、毒とは権力者であり政治家だが、強い毒を持ったものを効率よく殺せば、社会が改善する環境にあると思う、


  殺すという表現は良くないけど、実際に物理的になにかするわけではないが、毒の強い権力者は害が大きすぎるので、殺すような圧力を加えなければいけない、

  刑法でいえば死刑にするのではなく、無期懲役にするような感じかな、害が大きい権力者追い詰めて二度と何もできない状況にする、そういう意味で殺すという表現を使っています、


  別の言葉があればよいのだけど、ちょと思いつかないのでこうなっていますが、インテリ風のジャーナリストがいっていたのは、立憲民主党が理想的ではないから、このような組織を評価するべきではないといっていた、


  ほんと世の中を甘く見ているのだろう、基本的な政治論が分かっていないといえる

  今の時代は毒を殺す政治が重要だ、権力者はすべて毒であって害でしかない、実際そういう社会になっている、昭和の頃の世の中はどこにもない、権力者=犯罪者なのが普通だ、


  では権力者が毒だとしてどう分類するか、例えば100%死ぬ毒、75%死ぬ毒、50%死ぬ毒、30%くらい死ぬ毒、10%くらい死ぬ毒、このような分類をして政治家が、どこに入っているか考えてみるべきだ、


  気味の悪い考え方になるけど、こいつが政治家だったら多くの人が苦しむ、倫理観がないから社会的害が大きい、そのような権力者は100%死ぬ毒の分類に入るだろう、

  例えば死んだアベとか詐欺師の小泉は、生かしておけば多くの人の人生を破壊して、沢山の人を殺してしまう、つまりコイツラは100%死ぬ毒のカテゴリーに入る、


  そうやって被害を発生させやすい権力者を分類し、どこの程度まで認めるべきかと考えてみる、

  常識的にいえば30%~40%くらい死ぬ毒、その程度の範囲が我慢できる上限だろう、つまりそれ以上社会に毒を撒きそうなやつは、基本的に生かしておいてはいけない、


  今の政治論は強い毒になりそうなところを、切って殺していくのが基本になる、実際詐欺師の小泉やアホのアベを切るのが、政治的に非常に重要だった、

  理想の政治よりも最悪の政治を切るのが、今の世の中の理論としては結果を残せている、つまりこの方向性が正しいのだ、

 
  本来なら理想の政治を論じて、どのような社会がよいか議論をすべきだろう、しかし日本は急激に劣化し最悪の状況に進んでいる、

  じゃあ何が最悪の状況に進ませているのか、それは社会に強い毒を撒き散らす権力者であり、そいつらを始末しないと世の中が良くならないのだ、


  今の時代に問われているのは、毒を殺す政治であってよい世の中にする、方法論は残念ならが現実的な意味は持っていない、

  害を殺すという社会が下降しつつある状況で、最悪になりやすいものを潰すのが最良の判断であって、理想をいえる環境は日本にはない、


  権力者をすべてマイナスで計算してみよう、立憲民主党の政治家はどの程度マイナスか、自民党はどの程度マイナスか、プラスであることは考えなくてよい、まずはマイナスの度合いを考えて被害が大きいものを削っていく、


  ある意味日本の状況は病気の人と似ている、なにか特別なことをして成功するのではなく、自分の異常性をよく考えて減らすのが、一番の目的になっている、

  日本は害の国である、毒の国といってもよいけど、負の要素が非常に強い状況があるため、それを削らないと社会はよくならない、


  社会をよくする方法は選択肢には入らない、今問われているのは今の時代で最悪とは何か、それをする権力者をどう終身刑のような状況に追い込むか、

  政治論もジェンダー云々も重要だし、脱原発も議論をするべきだろう、しかしそれを重視しても社会が良くなる可能性はない、


  なぜならそれ以上の毒が社会に蔓延しているからだ、これを取り除かないと理想などをいう機会もない、

  日本をだめにしている毒権力者をまず殺すべきだ、命を奪うわけではないけど社会的な価値をすべて奪い、生存以外を認めない状況に追い込む、


  そうして大きな害を減らしていくのが、今の状況では問われている、

  しかし野党支持者やインテリ風の人間は、理想の政治が重要だと考えて野党批判をして、結局社会を破壊してしまう、


  状況にあった目的が正しいのであって、理想が正しいわけではない、それとこれは違う、

  今はあまりいい状況に日本はいない、だからこの底なし沼から抜け出す方法をまず考えよう、そのためには毒になっている権力者を潰し、被害を減らすのが最良の方法である


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR